1223_300

太い脚は老廃物でガチガチ。やわらか脚を目指せば細く

「私も以前、下半身太りに悩んでいたことがありました」と言うベリーダンサーの内藤未映さん。そのほっそりした脚線美からは想像がつきませんが……。
「高校を卒業して運動から遠ざかっていた頃、脚が丸太のように太くなってしまって。その時の脚は、一見、脂肪で柔らかそうですが、実は滞った老廃物でパンパンに固くなっていたんです。反対に、ほどよく筋肉がついた美しい脚は固そうに見えて、触ると柔らかい。そう気づいて“脚を柔らかくする”方法を追求した結果、脚ヤセすることができたんです」

寝ている間に滞った水分で朝の脚はむくんでいる

内藤未映さんの美脚エクササイズは、30秒以内でできる簡単なもの。朝と夜行い、それぞれ内容が異なるのも特徴です。
朝の脚ヤセエクサのポイントは、寝ている間に固まった関節をほぐすこと。寝ている間は股関節を動かさないので股関節がカチカチに固まり、水分が滞ってしまうため、脚にも老廃物がたまった状態です。朝起きたらすぐ股関節をほぐすことで脚の関節の可動域が広がり、1日中普通に過ごすだけでも脚ヤセしやすい状態に。脚のめぐりがよくなれば、寝起きの顔むくみもスッキリ解消できるというおまけつきです。

寝ている間に滞った水分を循環「朝イチすっきり体操」

以下に、朝におすすめのエクササイズをご紹介します。
寝ている間に滞った水分を循環させることで、血液やリンパのめぐりを促進してむくみを解消します。朝一番に行いましょう。

1 両足を上げてつま先を手前にそらす
あお向けに寝て両脚をまっすぐ上に伸ばし、つま先を手前に向けてできるだけそらす。脚の裏側を思いっきり引き伸ばすイメージで。
%3CatariName%3EIMG_0102.eps%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E0%3C/ajstAngle%3E

2 つま先を逆方向にそらす
両脚を上げたまま、つま先を逆の方向に向かってそらす。スネ全体に力がかかっているのを感じながら行って。1、2を5回繰り返す。

%3CatariName%3EIMG_0098.eps%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E0%3C/ajstAngle%3E

朝の身支度は「つま先」を意識しながら行う

エクササイズに加えて行いたいのが、「つま先」を意識すること。「ダンサーの脚が美しいのは、脚の内側の筋肉が鍛えられているから」と内藤さん。普段の生活では鍛えられないこの“美脚筋”を鍛えるには、つま先を床につけ、足の甲をぐっと伸ばすストレッチが効果的。歯を磨く時、ドライヤーを使う時、通勤時の信号の待ち時間など、ちょっとしたすきま時間に行いましょう。