0108_300

コレステロールの種類と役割をもう一度おさらい

コレステロールには、肝臓で作られるものと、卵などの食品から摂るものがあり、体を構成する細胞の組織や、性ホルモン、副腎皮質ホルモンといった各種ホルモンを作るための原料となります。
また、コレステロールには、血管壁についた余分なコレステロールを取り出して肝臓に運ぶ役割の善玉コレステロール(HDL)と、肝臓からコレステロールを取り出して全身の血管に運ぶ役割の悪玉コレステロール(LDL)があります。

検査結果を見る時は、善玉と悪玉のバランスに注目

善玉コレステロールが少なく、悪玉コレステロールが過剰になると、コレステロールが血管壁にたまり、血管の内腔を狭くしてしまうため、動脈硬化の原因になります。そのため、血液検査の結果を見る時など、つい、悪玉コレステロールの値にばかり目が行きますが、大切なのは悪玉コレステロールと善玉コレステロールのバランスと総コレステロールの値。総コレステロール値が高くても善玉コレステロールが多ければ、そこまで問題視する必要はありません。

0108_300b

総コレステロール値が低いとホルモン不足に

反対に、悪玉コレステロール値が低くても、総コレステロール値まで低くなってしまうのは問題。各種のホルモンがうまく作られなくなるからです。
例えば女性ホルモンが不足すると、生理不順や肌荒れといったトラブルにつながるだけではなく、不妊の原因になることも。また、副腎皮質ホルモン(コルチゾール)は、抗ストレスホルモンとも呼ばれ、肉体的にも身体的にもストレスに強くなるために欠かせないホルモンです。このホルモンが足りないと、疲れやすくなり、メンタル面でもダメージを受けやすくなってしまいます。
女性の場合は特に、総コレステロール値に注目しましょう。