0219_300

私は敏感肌、乾燥肌で肌が荒れやすいです。そのため、少しでも刺激を軽減させたくて洗顔の正しいやり方について調べたのですが、サイトによって書いている事が違うので、どの方法が良いのかわかりません。
(質問者 hainf1103さん)

教えて!goo

湿度が低く空気が乾燥しているこの時期は、hainf1103さんのような乾燥肌・敏感肌の人にとってはつらい季節。そこで、肌へ刺激を与えない正しい洗顔方法について著書「365日のスキンケア」の中でも紹介している皮膚科専門医、銀座ケイスキンクリニック院長の慶田朋子先生に伺いました。

朝の洗顔にも、洗顔料を使うことが大切

冬になると、乾燥が怖くて朝はぬるま湯だけで洗顔をすませる人がいます。でも、これは間違い。
ぬるま湯だけだと、汗やほこりなどの汚れは取れますが、夜の間に出る皮脂や肌に塗った化粧品など油性の汚れを落とすことができません。油分は酸化して肌を刺激し、角層のバリアを乱すので、かえって肌を乾燥させる原因になってしまうんです。
朝の洗顔にも、必ず肌がつっぱらない洗顔料を良く泡立てて使いましょう。

クレンジング料は“肌を守りながら汚れを落とす”ものを

シートタイプや、ティッシュでふき取るタイプのクレンジング料は、摩擦によって肌に刺激を与えます。おすすめは、洗い流せるタイプ。ぬるま湯でさっと落ちるものが、肌への負担が少なくて安心です。
また、メイクを落とすものだからお金をかけたくないと、安いものを選んでいませんか? 選ぶポイントは“肌を守りながら汚れを落とす”もの。
肌にとっていいクレンジング料をたっぷり使い、充分にメイクと馴染ませたら、皮脂や角質細胞間脂質まで落とさないよう、1分以内に洗い流しましょう。

洗顔後の保湿は、肌状態に合わせて2種類から選んで

乾燥肌や敏感肌の人は、肌のバリア力が弱いため、そもそも刺激をうけやすい状態にあります。そのため、正しい洗顔で汚れを落としたら、角層を健やかに保つためしっかり保湿することが大切です。
保湿化粧品は、大きく2種類に分かれます。皮膚からの水分の蒸発を防いでやわらかく保つ「エモリエント」(おもにオイルやバームなどの油脂類)と、水分保持作用のある保湿成分を含む「モイスチャライザー」(セラミド、ヒアルロン酸、ヘパリン類似物質など)です。
保湿成分を角層に届けるお手入れが必要な、hainf1103さんのような方は「モイスチャライザー」がおすすめです。

いかがでしたか? 肌にダメージを与える、間違った洗顔方法を続けていませんでしたか? 肌トラブルが起こりやすい今の時期も、毎日の正しい洗顔と保湿で乗り切りましょう。