1年中冷え性で、脚がむくんでパンパン。春だというのに、脚出しファッションは自信がないから楽しめない……とお悩みの方、結構多いですよね? そこで今回は、中国伝統の生姜を用いた温療法で、冷え性やむくみを解消しスッキリ美脚を叶えてくれる「銀座 足庵」をご紹します。

日本で初めての“生姜温療法”サロン

「生姜には、血行促進、新陳代謝アップ、疲労回復、むくみ改善など、いろいろな作用があるんです」と教えてくれたのは、日本で初めて生姜温療法を紹介した「銀座 足庵」店長の陳さん。足庵では、生姜温療法と中国伝統の按摩手法を調和させた、日本人の体質に最も適したオリジナルの施術が特長だそう。

中国家具で統一された漢方の香りがほのかに漂う店内は、日本にいながら異国情緒を感じる安らぎ空間。ここで今回体験したのは、足庵で一番の人気メニュー「足裏生姜コース( 60分)」。

カウンセリングの後は、無料サービスの中国茶でしばしリラックス(ジャスミン茶や八宝茶など、4種類の中から選べます)。施術中も飲むことができます。ピンクの可愛い中国風のパジャマに着替えたら、いよいよ施術スタート。

漢方足湯と生姜オイルのマッサージで血行促進!

まず最初は、10数種類の漢方がブレンドされた約5分間の漢方足湯で、足の裏から温めていきます。

0317_300a

次に、足のむくみに効果的な足庵オリジナルの生姜オイル(オプション)で足裏から膝下にかけてハンドマッサージ。疲れをとりたい方は、漢方クリーム(オプション)がおすすめだそう。

第二の心臓ともいわれる足裏には、全身の各器官と関連性が高い「足つぼ」=「反射区」が数多く存在しており、その反射区をほぐしながら足の循環をよくすることで、内臓の働きを調整し自然治癒力を上げていくのだそう。

グイグイ痛気持ちいいな〜と思っていると、親指のつけ根から下に向かって激痛が…。
「首、胃、腸が疲れていますね」とマッサージ担当の荻島さん。臓器の異常や機能低下が起こっていると反射区が過敏になるそうで、自分の身体の不調を再確認することができるんです。確かに最近、首はバキバキ、胃の調子もよくないと思っていたんです……足裏は正直なんですね。

足裏の後は、足首から膝下をグイグイと揉みほぐしていきます。両脚合わせて約30分のマッサージが終わると、足の裏からポカポカに。

0317_300b

生姜桶蒸しと生姜パックでデトックス!

次に用意されたのは、膝まですっぽり入る深い桶。中には生姜汁と漢方を入れた熱湯がはってあり、桶の底には足の裏が熱湯に触れないよう網状の台が入っています。
台の上に両脚をのせたら膝からタオルをかけ、下から上がる蒸気で膝下全体を温めていきます。これが結構熱い……耐えられなかった私は、台の上にタオルを一枚敷いてもらいました。桶の中がサウナ状態になるので、脚の毛穴が一気に開き汗とともに毒素が出ていくのだそう。生姜エキスも血行循環を良くするため、定期的に受けると冷え性を撃退できるのだとか。

約10分の生姜桶蒸しが終わると、最後は生姜をまるまる1個分使った特製生姜ブレンドパック。細かく刻んだ生姜に、クコの実や菊の花など数種類の漢方を混ぜたものを蒸し、両脚のスネに1本ずつのせたら、ホットタオル、保温性の高いシート、最後にタオルと3重にラッピング。

0317_300c

0317_300d

足裏から膝はもちろん、身体の内側までじんわりじんわり温かくなってくるのを感じながら、待つこと約15分。うとうとしていると、あっという間にコース終了……。

脚のむくみも、心のむくみもスッキリ!

生姜パックが終わり、一枚一枚タオルを外して現れたのは……一回り細くなった? と、驚くほどむくみのとれたスッキリ脚。だるかった脚の重みもなくなっていました。冷え改善や体質改善効果もある、生姜温療法。全身がポカポカ温まると気持ちも和らぎ、溜まったストレスも一緒にデトックスできた気がします。生姜パワーって、スゴイですね!

生姜コースの他にも、アロマオイルコースや整体コースなど、気になる部位と症状に合わせて組み合わせが自由にオーダーできる足庵。初回は、キャンペーン価格でお得に試せるそうなので、興味のある方はぜひ足を運んでみては?

▽今回体験したのはココ!
足庵 銀座店
0317_300e

〒104-0061 東京都中央区銀座4-11-3 ウインド銀座ビル4階
営業時間:11:00〜23:00
年中無休:年末年始除く
TEL:03-3543-5166
URL:http://www.asian-jp.com