子宮頸がんってどんな病気?

女性がはじめて出会うがんとも言われている「子宮頸がん」。30代の女性が一番かかりやすく、現在は20代にも急増しています。「子宮頸がん」がどんな病気なのかを知り、予防に役立てましょう。

日常生活で感染 初期症状はほとんどなし!

国立がん研究センターの調査によると、日本では毎年、約15,000人の女性が子宮頸がんにかかり、そのうち約3,500人が死亡しているのだそう。子宮頸がんとは、いったいどんながんなのでしょうか。自治医科大学附属さいたま医療センター産婦人科教授の今野良先生にお話を伺いました。

子宮頸がんは原因がはっきりと判っている珍しいがんです。その原因は「ヒトパピロマーウイルス(HPV)」と呼ばれるウイルス感染であることが解明されています。

HPVは主に性行為で感染しますが、特殊なウイルスではなく、風邪にかかるように日常的な生活の中でHPVに感染します。ほとんどは気づかないうちに消えてしまいますが、ごくまれに、持続感染といって、ウイルスが体内に長く住み着くことがあります。その結果、感染した細胞が子宮頸がんに進行する可能性が出てくるのです。遺伝や性活動の活発さなどは、子宮頸がんのかかりやすさにはほとんど関係がありません。

「早期発見」ではなく「予防」すべきがんといわれる理由

子宮頸がんは、がんになる前の状態(異形成)が存在しているために、早期がんよりももっと早い段階で見つけられるのが特徴です。治療も「高度異形成(がんの一歩手前)」や「上皮内がん(最も初期のがん)」の段階では子宮の入口をほんのわずか切除するだけ。術後も妊娠・出産が可能です。このことから子宮頸がんは、「早期発見」ではなく「予防」すべきがんといわれるのです。

ところが、進行してから発見されると、命の心配をしなければなりません。治療も子宮を全部取らなければならず、術後は排尿障害やリンパ浮腫などの症状や、転移の不安に悩まされることになります。

ただし、手術ができないほどがんが進行した人であっても、多くの場合、自覚症状がないのが子宮頸がんの特徴です。自分では気づきにくいがんのため、定期的な検診が必要なのです。