子宮筋腫の完治させることはできませんが、今のツライ症状を緩和したり、筋腫を小さくしたりするのが「対処療法」。主な方法をご紹介します。

子宮筋腫の対症療法

症状がひどくなければ 検診で様子を見る

子宮筋腫の対症療法について、広尾メディカルクリニック院長の斎藤敏祐先生にお話をお伺いしました。

子宮筋腫の診断で一般的なのが「経過観察」。筋腫があっても小さく、つらい症状がない場合、特別な治療を行わず、定期的な検診で“様子を見る”だけのことです。そのとき医療現場でよく言われるのが「様子を見ましょう」という言葉。閉経が近づいている場合も、この「経過観察」の場合があります。

この場合、放っておくのではなく定期検診は必要です。30〜40代前半なら半年に1回程度、閉経が近い場合は1年に1回程度。ただし、その間に生理の出血量が増える、生理痛、貧血などの異常を感じたら、すぐに受診することが大切です。

薬でできるのは症状緩和と筋腫の縮小

「薬物療法」
日常生活に支障をきたすほど、つらい症状がある場合、薬を使ってその症状を和らげる処置をします。それが「薬物療法」。筋腫そのものの治療を行うわけではなく、貧血改善には鉄剤の処方か増血剤の注射、生理痛がひどい時は鎮痛剤を服用します。また、副作用の少ない漢方薬でからだに現れた不快な症状を和らげる治療も増えています。

「ホルモン療法」
もうひとつが、筋腫を小さくするために、ホルモン剤でエストロゲンの分泌量を抑える「ホルモン療法」。排卵と生理を止めてしまうので、更年期障害に似た副作用が出ることがあります。さらに、ホルモン療法は6カ月間が限界で、その後は筋腫の成長がはじまるなどの問題も。そのため、手術をやりやすくするために筋腫を小さくする目的で行われることが一般的。ただ、人によっては、むくみ、気分が悪くなるといった、つらい副作用がでることも報告されています。また、ホルモン療法の一種ですが、低用量ピルを使うこともあります。

子宮筋腫は手術をしないかぎり完治はありません。たとえホルモン剤で筋腫を小さくできたとしても、それは病気を長期に引き延ばしているだけ。継続して検診を受けるのはもちろん、医師と相談しながら、治療を進める必要があります。