今が旬のゴールデンベリーの食べ方と女性に嬉しい効能とは?

最近よく耳にするようになった、“スーパーフード”という言葉。アメリカの食事療法を研究する医師や専門家の間で、1980年頃から言われはじめたのだそう。一般的な食材よりも栄養価が高いものを指し、日本でもブームになっているチアシードやアサイーのほか、抹茶もスーパーフードのひとつと言われています。

そんなスーパーフードの中でも今、ハリウッドセレブの中で注目されているのが「ゴールデンベリー」。一般的には、ドライフルーツで出回っていることが多いのですが、実は今が旬。ロサンゼルスでは、スーパーでフレッシュのものが手に入ります。旬の時期は、さらに栄養価が高くなっているので、さっそく購入してみました!

ゴールデンベリーは、ほおずきの一種でインカベリーやピチュベリーとも呼ばれています。日本のほおずきと比べ、色が淡く、実は山吹色。南米では、何千年も前から健康食品として親しまれてきたのだそう。価格は、30粒ほど入って2.99ドル(約300円)と、リーズナブル。そのまま食べてみると、トマトとチェリーの間のような、さっぱりとした味でした。

ゴールデンベリーがスーパーフードの中でも注目されている理由は、その栄養価の高さ。小さな粒なのにも関わらず、フラボノイドやβカロチンといった高い抗酸化成分のほか、鉄、ビタミンA・C・Eと、健康と美容に欠かせない成分がこれでもかと詰まっています。栄養成分は、そのひとつだけで摂るより、相性のよい成分と一緒に摂ると、相乗効果で体への吸収率が高くなります。

今が旬のゴールデンベリーの食べ方と女性に嬉しい効能とは?

例えば、女性に欠乏しがちな鉄は、ビタミンCと一緒に摂ることで、吸収力が高まります。鉄は、貧血予防だけではなくコラーゲンの合成を通して皮膚、粘膜、骨の代謝を促進。肌のハリや、シワ、たるみを防いでくれる作用もあるんです。ゴールデンベリーは、両方の栄養素をすでに含んでいるので効率的に栄養の恩恵を受けることができます。

なんと2日で血液がサラサラに!?

日本のテレビ番組でもすでにゴールデンベリーの実力が証明されています。血液がドロドロの20代男性が、ゴールデンベリーのドライフルーツ20粒と、牛乳200ccをミキサーで混ぜたものを2日間飲んだだけで、血液がサラサラになったのだそう。ゴールデンベリーに含まれるビタミンEが血管を拡張し、血液を流れやすくしたと考えられています。

今が旬のゴールデンベリーの食べ方と女性に嬉しい効能とは?

このゴールデンベリー、日本ではドライフルーツのものインターネットで購入できます。正直、ドライフルーツというと、おやつに食べたり、ヨーグルトにのせたりするぐらいで、出番が少ないこともしばしば。ロサンゼルスでは、サラダにトッピングしたり、肉をソテーした時のソースに加えたりして、食べられています。甘みがかなり少なめなゴールデンベリーは、味の主張が少なく他の食材と馴染みやすいのでおすすめです。料理に取り入れて、メニューの栄養価を格段にアップさせちゃいましょう!

小山陽子 LA在住 健康&美容エディター)
(小山陽子 LA在住 健康&美容エディター)