女性ホルモンは45歳を過ぎると激減 さまざまな不調の原因に

女性ホルモンのうち、特に女性の美と健康に影響を与えるのはエストロゲン。ツヤツヤの肌や髪、女性らしい体型をつくり、骨の形成にも欠かせません。
50歳をはさんだ前後10年間を更年期と言いますが、この時期になるとエストロゲンは激減。エストロゲンはさまざまな不調の原因になります。
更年期の代表的な症状は、のぼせやほてり、イライラといわれますが、そのほかにも頭痛、肩こり、手指のこわばり、うつ症状なども現れることがあります。症状がつらくて日常生活に影響がある場合や、生理不順や生理痛などをともなう場合は婦人科を受診しましょう。

【図】 年齢によるエストロゲンの変化とその症状
年齢とともに女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が変化する

更年期をイキイキ過ごしたいなら自分でできる「ホルモンケア」を

この時期は休養や睡眠を十分にとって体を休めたり、適度な運動で体を動かしたり、リラックスする時間を持ったりすることも大切。そして積極的にとりたいのが「大豆イソフラボン」です。大豆イソフラボンは腸内細菌によって代謝されると「エクオール」という成分が産生されます。実はこのエクオールがホルモンケアのカギ。エストロゲンと似た働きをしてくれるのです。

もしかして「更年期障害」かもと思ったら… エクオールで「ホルモンケア」、始めませんか?【PR】

女性ホルモンを増やす生活を心掛ける「ホルモンケア」も大切

ただし、大豆製品を食べてエクオールを腸でつくることができるのは、日本人の約半分。あと半分の人は、大豆製品を食べてもエクオールになりません。また、エクオールがつくれる人も、腸内環境の変化によってエクオールが作れなくなることもあります。エクオールは体の外に排出されてしまうため、毎日とることが必要です。
そこで取り入れたいのが、エクオールのサプリメント。更年期の症状の改善には1日10mgが目安です。また、毎日とるものだから、大豆イソフラボンからどのようにエクオールを取り出したかもポイント。乳酸菌で発酵させた安全なエクオールがおすすめです。

ホルモンケア推進プロジェクト」には、エクオールのより詳しい情報がのっているので、ぜひチェックしてみて。

ホルモンケア推進プロジェクト