201504_17_300

「キンキン」の愛称でも有名な俳優の愛川欽也さんが肺がんを患って他界されました。80歳でした。つい先日、人気番組「アド街ック天国」の司会を降板したばかりで、健康状態が心配されていました。

昨年冬より体調の不安を訴え、検査いたしましたところ、肺癌であることが判明いたしました。
本人のたっての希望により、入院はせず在宅での懸命な治療を続けて参りましたが、容態(ようだい)が急変し自宅にて旅立ちました。
(株式会社 愛川企画室からのメッセージより抜粋)

先月他界された「電撃ネットワーク 」の三五十五さんも肺がんを患っていたとのこと。
最近よく耳にする「肺がん」とはどのような病気なのでしょうか?

増加する「肺がん」その実態は・・

高齢の男性では、がんのなかでも最も発生頻度が高く、日本では第1位です。 今後ますます高齢化社会が進むことによって増加する病気であることは間違いありません。
喫煙者は非喫煙者と比べて、男性では4.5倍、女性でも3倍のリスクがあります。もしタバコを吸わずにいたら、男性の肺がん患者さんのおよそ7割は、肺がんにならずに済んだかもしれないともいわれています。
肺がん

肺がんを予防するためにも、喫煙は今すぐやめる努力をはじめたいですね。
また、周りに喫煙する人が多い場合、吸わない人でも副流煙を吸っている可能性があるので注意が必要です。

肺がんかも? その症状は

肺がんは他の臓器への転移もよく見られます。中でも肋骨や神経に転移すると強い痛みが出ますし、食道に転移すると食事がのどを通らなくなります。声帯に転移すれば声がかすれてきますし、上半身にある太い静脈に転移すると上半身のむくみ・息切れ・めまい・頭痛などが起こります。
肺がん

肺がんが考えられる症状には、咳、体重減少、呼吸困難、胸痛、血痰、骨の痛み、といったものがあります。
胸が痛い 考えられる主な病気

このような症状が見られたり、おかしいな?と思ったら、早めに医療機関を受診しましょう。