201504_29_300

花の女王と呼ばれるバラ。その種類は200種類以上もあり、さまざまな色とカタチで見る人をうっとりさせてくれます。しかし、バラは目の保養になるだけではなく、心や体も癒す、たくさんの力が秘められているのです。

バラの心への効果

バラの香りには癒し効果があるといわれています。実際に、ある研究機関がバラの香りを嗅がせた人と嗅がせなかった人のストレスホルモンの分泌量を比較したところ、嗅いだ人は圧倒的にストレスホルモンの分泌量が少なかったという結果が出ているのです。

バラはストレスから解放してくれると同時に、落ち込んだり、悲しい気分に支配されたときに、明るく穏やかな気持ちへと導いてくれます。

バラの体への効果

また、バラの香りには緊張やストレスをやわらげて幸福な気分をもたらすホルモン「ドーパミン」を増やす力があるといわれています。これによって、更年期障害やPMSなど、女性特有の月経に関する症状を緩和させて正常化してくれるのです。

バラの香りの力をしっかり体に取り込みたい方は、バラの香りを凝縮したエッセンシャルオイル(精油)を入手して、芳香浴やマッサージなどで使ってみるといいでしょう。

バラの美肌効果

アロマテラピーの世界では、美肌といえばバラの蒸留水〈ローズウォーター〉が有名です。お肌を引き締めたり、アレルギーや湿疹をやわらげ、お肌をしっとり柔らかく保ってくれるという優れものなのです。しかも、ハリやツヤまで期待できるため、エイジングケアにも利用できそう。

バラの消臭効果

近頃、口臭や体臭を消してバラの香りにしてくれるというサプリメントも出てきています。そのほかにも、バラにはまだまだ未知の力が秘められているようです。

バラの持つさまざまなパワーを理解したら、普段の生活にバラのエッセンシャルオイルやローズウォーターを取り入れてみてはいかがでしょうか。素敵な香りに包まれているだけで気分がいいものですし、そのうえ心にも体にもいい影響を与えてくれるのですから、一石二鳥です。

これからちょうどバラが咲き誇る季節です。開花時期の5月〜6月には生のバラの香りを胸いっぱいに吸い込んで、そのパワーを体に取り込んでくるといいでしょう。

(ライター・花守深雪)