ボイルポークのサルサソース

ボイルポークのサルサソース
ジャンル
エスニック
主な食材
料理種別
主菜

(1人分)
エネルギー:140kcal
たんぱく質:18.4g
脂質:3.6g

ボイルポークのサルサソースの効能

肝機能が低下したときには、消化吸収のよい良質のたんぱく質をとることが大切です。豚ひれ肉はやわらかくて消化率の高い良質のたんぱく源。そのうえ低脂質、低エネルギーでビタミンB1やミネラルも豊富です。ビタミンB1は糖質の代謝を助け、疲労回復効果があります。さらに、玉ねぎの辛味成分である硫化アリルには、ビタミンB1の吸収を助ける働きがあります。トマトの酸味を活かしたサルサソースで塩分も控えめです。

ボイルポークのサルサソースの材料

  • (2人分)
  • 豚ひれ肉 150g
  • 塩・こしょう 各少々
  • 長ねぎ・しょうが 各適宜
  • 酒 1/4カップ
  • トマト 200g(1個)
  • A【トマトピューレ 大さじ2、
  •  玉ねぎ(みじん切り) 50g(1/4個)、
  •  オリーブ油 小さじ1、
  •  塩・こしょう 各少々、
  •  砂糖 少々】
  • パセリ(みじん切り) 少々

ボイルポークのサルサソースの作り方

  1. (1)豚肉に塩、こしょうをすりこんで10分ほどおきます。
  2. (2)鍋にたっぷりの水を入れて長ねぎのぶつ切り、しょうがの薄切り、酒を加え、(1)を30分ほどゆでます。
  3. (3)(2)をゆで汁につけたまま冷まし、水気を切って薄切りにします。
  4. (4)トマトは湯むきしてさいの目に切ります。
  5. (5)(4)とAを混ぜ合わせてサルサソースをつくり、(3)にかけ、パセリをのせます。