れんこんのすり流し汁

れんこんのすり流し汁
ジャンル
汁物
主な食材
野菜
料理種別
副菜

(1人分)
エネルギー:111kcal
たんぱく質:7.3g
脂質:1.9g

れんこんのすり流し汁の効能

かには良質のたんぱく質、ビタミンB1、銅、亜鉛などを多く含み、脂質・糖質は少ない低エネルギー食品です。赤い色素成分アスタキサンチンやアミノ酸の一種タウリンも多く、生活習慣病の予防や美容効果などが期待されます。れんこんはビタミンC、カルシウム、鉄、食物繊維などを豊富に含みます。また粘り気の成分はムチンで、胃やのどの粘膜を保護する働きがあります。すりおろしたれんこんと手でつぶした豆腐でとろりとしたスープは消化がよく、体も温まります。

れんこんのすり流し汁の材料

  • (2人分)
  • れんこん 140g
  • かに(冷凍) 100g
  • 豆腐 100g(1/3丁)
  • だし 400ml(2カップ)
  • 三つ葉の茎 4本
  • 酒 大さじ2
  • 塩 小さじ2/5

れんこんのすり流し汁の作り方

  1. (1)かには解凍し、軟骨を取り除き、粗くほぐします。れんこんは皮をむき、酢水(分量外)に漬けた後すりおろします。豆腐は手で小さめにつぶします。三つ葉の茎は洗って、1cm長さに切ります。
  2. (2)だしを鍋に入れ、沸騰してきたら酒、塩、かにを加えてひと混ぜし、アクを取ります。
  3. (3)(2)にれんこん、豆腐を加え、泡立て器で数回かき混ぜます。沸騰してきたら、アクを取り、三つ葉を入れて、温めた器に盛りつけます。