里芋の煮ころがし

里芋の煮ころがし
ジャンル
和食
主な食材
野菜
料理種別
副菜

(1人分)
エネルギー:78kcal
たんぱく質:1.9g
塩分:1.3g

里芋の煮ころがしの効能

里芋はさつま芋やじゃが芋ほど炭水化物が多くはなく、エネルギーは低めです。特有のぬめりはムチンやガラクタンによるもので、ムチンには肝機能を高める効果があります。水溶性食物繊維ガラクタンは便秘や肥満の解消に効果があり、余分なコレルテロールを体外に排出します。また、里芋は尿をアルカリ化させ尿の酸性化を防ぐので、尿酸値が高い方におすすめ。豊富に含むカリウムはナトリウムの排出を促し、血圧を下げる効果もあります。

里芋の煮ころがしの材料

  • (2人分)
  • 里芋 160g
  • 水 1/2カップ
  • 砂糖・しょうゆ・酒 各大さじ1
  • ゆずの皮 少々
 

里芋の煮ころがしの作り方

  1. (1)里芋は皮をむき、一口大に切ります。
  2. (2)鍋に調味料、里芋を入れ、水をひたひたになるまで加えます。
  3. (3)(2)を中火で15~20分煮て、火が通ったら火からおろし、5分くらいおきます。
  4. (4)(3)を器に盛り、ゆずの皮のすりおろしを散らします。