さんまのワインソースきのこ添え

さんまのワインソースきのこ添え
ジャンル
洋食
主な食材
魚・貝
料理種別
副菜

(1人分)
エネルギー:334kcal
たんぱく質:19.3g
脂質:25.7g

さんまのワインソースきのこ添えの効能

秋の味覚に欠かせないさんま。さんまには、肝細胞の再生を促す良質なたんぱく質と血液をサラサラにするEPAやDHAが豊富に含まれています。また、食物繊維が豊富なきのこは便秘を予防し、肝臓に負担がかかるのを防ぎます。

さんまのワインソースきのこ添えの材料

  • <2人分>
  • さんま 180g(小2尾)
  • 塩・粗挽きこしょう 各少々
  • 小麦粉 少々
  • オリーブ油 大さじ1/2
  • エリンギ(短冊切り) 1本
  • しいたけ(薄切り) 2枚
  • オリーブ油 少々
  • しょうゆ 小さじ2
  • 赤ワイン 大さじ2
  • パセリ(みじん切り)少々
  • A 【塩・こしょう 各少々、パルメザンチーズ 少々】

さんまのワインソースきのこ添えの作り方

  1. (1)さんまを筒切りにし、取り出した内臓に塩をふっておきます。
  2. (2)さんまに塩、粗挽きこしょうをし、小麦粉をまぶします。フライパンにオリーブ油(大さじ1/2)を入れて火にかけ、ソテーします。
  3. (3)フライパンにオリーブ油(少々)を熱し、きのこ類をソテーし、Aで味を調え、パセリをふります。
  4. (4)鍋で(1)の内臓を赤ワインでのばし、しょうゆを入れて軽く煮つめます。
  5. (5)(2)と(3)を器に盛り、(4)を(2)にかけます。