貝柱と野菜のスープ煮

貝柱と野菜のスープ煮
ジャンル
中華
主な食材
魚介類
料理種別
副菜

(1人分)
エネルギー:84kcal
たんぱく質:2.3g
塩分:0.5g

貝柱と野菜のスープ煮の効能

ほたて貝は高たんぱく、低脂肪で消化がよく、干すと旨みが増します。大根は消化酵素アミラーゼを多く含んで胃腸の働きを活発にします。貝柱のタウリンには肝機能を助け、悪玉コレステロールを減らして血圧を下げる働きがあり、同時に腎臓機能の低下も防いでくれます。消化がよく体の芯から温まる、干し貝柱の旨みのきいた一品です。

貝柱と野菜のスープ煮の材料

  • (2人分)
  • 干し貝柱 5g
  • 大根 200g
  • にんじん 50g
  • しょうが 5g
  • サラダ油 大さじ1/2
  • スープの素 1.7g(1/3個)
  • しょうゆ・こしょう 各少々
  • 片栗粉 小さじ2
  • 水 小さじ2
  • 酒 大さじ1
  • 大根の葉 15g

貝柱と野菜のスープ煮の作り方

  1. (1)干し貝柱は湯(1カップ)で戻し、やわらかくなったらほぐします(もどし汁はとっておく)。
  2. (2)大根は1.5cmのさいの目切り、にんじんは大根よりやや小さめのさいの目切り、しょうがは千切り、大根の葉はゆでます。
  3. (3)しょうが、大根、にんじんを油で炒めます。
  4. (4)(3)にスープの素、酒、(1)を汁ごと加え、野菜がやわらかくなるまで煮ます。
  5. (5)(4)にこしょうをふり、水溶き片栗粉でとろみをつけ、細かく刻んだ大根の葉を散らします。