かれいのおろし煮

 かれいのおろし煮
ジャンル
和食
主な食材
魚介類
料理種別
主菜

(1人分)
エネルギー:120kcal
糖質:4.9g
コレステロール:71g

かれいのおろし煮の効能

かれいはたんぱく質が豊富で脂肪は少なく、低エネルギー。生活習慣病が気になる人におすすめの食材です。白身魚の中ではビタミンB1やビタミンDが多いのが特徴で、マグネシウム、亜鉛などのミネラル類も豊富。血圧を正常にしてコレステロールを抑えるなど動脈硬化の予防に役立つタウリンも含んでいます。また、身が柔らかく消化もよいので離乳食や病人食にもむいています。大根はビタミンCが豊富で消化酵素ジアスターゼを含みます。どちらも熱に弱いので、温める程度で火を止めることが大切です。

かれいのおろし煮の材料

  • (2人分)
  • かれい(切り身) 200g(2切れ)
  • だし汁 1/3カップ
  • みりん・しょうゆ 各大さじ1/2
  • 大根おろし 100g
  • 万能ねぎ 少々

かれいのおろし煮の作り方

  1. (1)鍋にだし汁、みりん、しょうゆを入れて火にかけます。
  2. (2)煮立ったら、かれいを入れて落としぶたをし、ときどき煮汁をすくいかけながら7~8分煮ます。
  3. (3)(2)に大根おろしを加え、温める程度にサッと煮て火を止めます。煮汁ごと器に盛り、小口切りにした万能ねぎを散らします。

かれいのおろし煮のここがポイント!

青み魚にしてもOK!
いわしやさばなどに含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)は、動脈硬化を予防します。