うなぎときゅうりの酢の物

うなぎときゅうりの酢の物
ジャンル
和食
主な食材
魚・貝
料理種別
副菜

(1人分)
エネルギー:89kcal
たんぱく質:5.9g
カルシウム:70mg

うなぎときゅうりの酢の物の効能

「土用の丑の日」にうなぎを食べる習慣は、江戸時代にはじまったそうです。うなぎには、良質のたんぱく質やビタミン類が多く含まれており、代謝が促進されることで疲労回復に効果的だといわれています。この時期うなぎを食べるのは、夏バテ予防のための昔の人の知恵だったんですね。疲労回復に効果的なきゅうりと食物繊維たっぷりのわかめをあわせてさっぱりいただけば、夏の食卓にぴったりの一品です。

うなぎときゅうりの酢の物の材料

  • <2人分>
  • うなぎの蒲焼(市販) 40g
  • きゅうり 100g
  • カットわかめ(乾燥) 2g
  •   酢 大さじ2
  • A しょうゆ 大さじ1/2弱
  •   砂糖 小さじ1
  •   すりごま 小さじ1
 

うなぎときゅうりの酢の物の作り方

  1. (1)きゅうりは薄切りにして、わかめは戻す。うなぎは1cm幅に切る。
  2. (2)Aを混ぜたもので、(1)を和える。