ツナとトマトのきんぴら風

ツナとトマトのきんぴら風
ジャンル
和食
主な食材
魚介類
料理種別
副菜

(1人分)
エネルギー:120kcal
糖質:6.8g
コレステロール:14g

ツナとトマトのきんぴら風の効能

悪玉コレステロールは、単に数値が高いというだけでなく、酸化されることによっても動脈硬化の原因となります。トマトやオクラに豊富なビタミンA(β-カロテン)、ビタミンCには抗酸化作用があり、悪玉コレステロールの酸化を防いで動脈硬化を予防するはたらきが期待されます。また、トマトの赤色成分であるリコピンの抗酸化作用は強力で、しかも加熱に強いという特徴があります。ツナ(まぐろ)に豊富なDHAやEPAにも、血液中のコレステロールの上昇を抑えるはたらきがあります。

ツナとトマトのきんぴら風の材料

  • (2人分)
  • ツナ水煮缶詰 小1缶
  • プチトマト 10個
  • ごま油 小さじ2
  • オクラ 2本
  • 白ごま 小さじ1
  • ごま油 小さじ1
  • しょうゆ 小さじ2

ツナとトマトのきんぴら風の作り方

  1. (1)フライパンにごま油(小さじ2)を熱し、プチトマトを強火で炒めたら、熱いうちに水にとり、へたと皮を取り除きます。
  2. (2)オクラはサッとゆで、へたを取り除いて小口切りにします。ツナの水煮缶詰は水気を切ります。
  3. (3)(1)と(2)に、ごま油としょうゆを加えて和え、器に盛って、白ごまをふります。