簡単おでん

簡単おでん
ジャンル
和食
主な食材
野菜
料理種別
主菜

(1人分)
エネルギー:350kcal
脂質:10.7g

簡単おでんの効能

魚のすり身からつくるさつま揚げ、つみれ、はんぺん、ちくわなどの練り物は、高たんぱく低エネルギーのヘルシーな食材です。多種類の練り物を組み合わせると、青背の魚と白身魚の両方の栄養をとることが可能。たとえば、ビタミンB群やD、カルシウム、鉄、タウリン、DHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサぺンタエン酸)などが、とても手軽にとれます。大根にはビタミンCやカリウム、食物繊維が含まれ、昆布はβカロテン、カルシウム、カリウム、ヨウ素、食物繊維などが豊富です。こんにゃくは低エネルギーで食物繊維が豊富、ダイエットの強い味方になります。

簡単おでんの材料

  • (2人分)
  • 大根 300g
  • 卵 120g(2個)
  • さつま揚げ 60g(2個)
  • こんにゃく 100g(1/2枚)
  • 昆布(戻し) 40g
  • つみれ 80g(2個)
  • ちくわ 50g(1/2本)
  • はんぺん 30g(1枚)
  • だし汁(かつお) 6カップ
  • A【しょうゆ・みりん 各小さじ2
  •  酒 大さじ1
  •  塩 小さじ1/4】
  • からし 少々

簡単おでんの作り方

  1. (1)昆布は細長く切り、水につけて戻してから結びます。
  2. (2)大根は皮をむいて3cm厚さに切り、竹串が通るまで下ゆでします。
  3. (3)卵はゆで卵にし、ちくわは半分に切り、こんにゃくとはんぺんは三角に切ります。
  4. (4)鍋にだし汁を入れ、A、(1)、(2)、(3)、さつま揚げ、つみれを入れてじっくりと煮込みます。
  5. (5)器に(4)を盛り、からしを添えます。

簡単おでんのここがポイント!

魚のすり身を入れてもOK
低脂肪、低エネルギーのうえ、たんぱく質が多く、魚の小骨も入っているのでカルシウムも豊富です