ここから本文です

夏ばてとは?夏バテの原因・症状

夏バテ完全攻略法
夏バテがおこるメカニズムを解明!
夏になって暑くなると、「なんとなくだるい」、「食欲が無くなる」、「無気力」と感じる人も多いのでは?
夏バテは、はっきりとした痛みや日常生活に差し障るような重大な症状を伴わないことが多いため、とくに対策をたてないまま、涼しくなるのをぼんやり待ってしまいがちですね。
でも毎日の生活をちょっと工夫するだけで、あのだるい夏バテは防げるものなのです。暑い夏を元気に過ごすために、夏バテの原因とメカニズムを知って、しっかり予防しましょう。


 夏バテの3大原因

イメージ 実は夏バテにははっきりした定義がなく、いくつかの特徴的な症状を総称して「夏バテ」とよんでいるのです。では、夏になるとどうして夏バテと呼ばれる症状がおこるのでしょうか? 主な3つの原因について紹介しましょう。


(1) 体内の水分とミネラルの不足
 人間の体温は36~37度のときが一番スムーズに活動すると言われています。夏になると気温が上昇して体温も上がるため、身体は汗をかいて体温を下げようとします。 しかし汗は、体内の水分と一緒にミネラル分も体外へ排出してしまうため、身体に必要なミネラル分も大量に失われてしまいます。すると身体は、脱水症状をおこすなど、体調に異常を発生させてしまいます。


(2) 暑さによる消化機能の低下、栄養不足
 真っ先に思い浮かぶ夏バテの症状は「食欲がなくなる」という人が多いのでは? 暑いと胃の消化機能が低下してしまい、栄養の吸収が悪くなり、食欲不振を起こしてしまいます。栄養の吸収が悪くなると、ビタミン、ミネラル、たんぱく質といった、身体に必要な栄養素が不足し、夏バテ特有の症状が出やすくなります。 また、暑いからといって冷たい飲み物をとりすぎると、胃腸が冷えてしまい、胃の働きが低下し、さらに食欲がなくなってしまいます。


(3) 暑さと冷房による冷えの繰り返し
 冷房が効いた室内から、暑い屋外へ一歩踏み出すと、めまいやたちくらみを感じたりすることはありませんか? これは体温を調節する自律神経が、気温の変化に対応しきれなくなっており、自律神経失調症をひきおこしている可能性が考えられます。 自律神経の働きをスムーズにし、上手に体温を調節するためには、室温と外気の温度差を5度以内にし、適度の水分補給を心がけることが必要です。


 予防は最大の防御

イメージ 夏バテがおこるメカニズムと3大原因がわかれば、今年の夏は夏バテもこわくないはず。「予防は最大の防御」です。
「あぁ、夏バテだ」なんていいながら、冷たい飲み物を片手に、冷房の効いた部屋でだらだら過ごしていると、ますます夏バテしやすい身体になってしまいますよ。


【取材協力】松本孝夫氏 東京臨海病院副院長
夏バテ完全攻略法トップへ
・夏バテって何?
・夏バテ解消テクニック
・タイプ別夏バテ対策
・夏の健康まめちしき
・夏のコンディションづくり
・夏の大敵!クーラー病