効率よく脂肪を燃やす有酸素運動-効果倍増のウォーキング法とは

10分×3回でも30分と同じ効果が

生活習慣病の予防から疲労回復まで、守備範囲の広いウォーキングの新しいスタイルの提案。

脂肪を効率よく燃やす無理のない有酸素運動

 体にとって大切なエネルギーである脂質。しかし、その過剰摂取は高血圧や動脈硬化を促進し、心筋梗塞や脳梗塞をまねくことになります。体内に蓄積された脂肪を減らすために有効なのが有酸素運動です。運動を始めると、体はまず糖質を燃やしますが、その後、脂肪を燃やし始めます(図参照)。

 糖質は1g燃えると4kcalのエネルギーを出しますが、脂質は9kcalも出します。そのため、長時間運動を続けるほど、体は効率よくエネルギーを供給するために、脂質をより多く使おうとします。

 実験によると、激しい運動を長時間続けた場合、そのエネルギーはすべて糖質でまかなわれます。ところが低強度でウォーキングを継続すると、脂肪が最も燃えやすくなることが明らかになっています。つまり、生活習慣病の予防・改善のためには、ウォーキングなどの無理のない有酸素運動が効果的なのです。

短時間でも高率アップが可能

 これまでは、歩き始めて10分ほどすると脂肪が燃え始めるため、脂肪を効率よく燃焼させるためには、30分は続けて歩くのが効果的といわれてきました。ところがイギリスで、毎日30分続けて歩いた女性と、10分ずつ3回に分けて歩いた女性の脂肪の減少量を計測したところ、差異がなかったという研究結果が報告されたのです。そして、スポーツ医学の権威であるACSM(アメリカスポーツ医学協会)も、この結果を支持しています。なぜ、このような結果が出たのでしょうか。

 ウォーキングを終了したあとでも“何らかの動き”が加わると、ずっと運動を続けたのと同じ程度に脂肪の燃焼時間が継続します。この状態を“アフターエフェクト”といいます。10分ほど歩いて気分転換が図られ、もう少し動きたくなる。そこで、掃除や洗濯などの家事を行ったために、脂肪の燃焼が継続したものと考えられます。30分も歩く気にはならない人でも、アフターエフェクトを考慮して、朝昼晩に10分ずつ歩くことはできそうです。ちなみに、30分間続けて歩くと、約200kcalのエネルギーが消費されますが、これは日本人の成人が、日常的に過剰摂取している1日のエネルギー量とほぼ同じです。

プラスアルファの効果も期待できる

 ウォーキングには、脂肪燃焼のほかに脳を刺激する覚醒作用、ストレスの発散、気分転換など、さまざまな効果が期待できます。なかでも注目したいのが疲労回復効果です。運動量の少ない現代人の筋肉は、同じ姿勢を支える働きが中心で、多くの人が、眼、首、肩、腰などに局所疲労を抱えています。

 局所疲労の予防・改善には、全身の筋肉を使って全身疲労をさせることが最も効率的で、とくにウォーキングがお勧めです。歩いたあとにややぬるめのお風呂に入り、血行を促進すれば筋肉も弛緩し、夜はぐっすり眠れます。疲労感、肩や腰の痛みがつらいという人にこそ、短時間でもどんどん歩きましょう。あなたも自分の生活時間に合わせて、無理なく歩くことを習慣にしてみませんか。

(「へるすあっぷ21」、法研より)

【取材協力】
宮崎 義憲氏


東京学芸大学健康・スポーツ科学講座教授

効率よく脂肪を燃やす有酸素運動-効果倍増のウォーキング法とは 関連コラム

その他のフィットネス&リラックスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

脳の疲れには休むより「運動」が効果的!? おすすめの運動法

進学や就職、職場の異動などで環境が変わった人も、新しい環境に慣れたころでしょうか。それでもまだ緊張続きでストレスがたまっている人、あるいは環境は変わらないけれど、人間関係や仕事上の悩みで精神的に疲れているという人も少なくないでしょう。そし... 続きを読む

あなたのニキビ跡はどのタイプ?できちゃった後のアフターフォローが大切!

気をつけてはいるけれど、できてしまったニキビ…。潰さずになんとか治まったと思ったら、跡になってしまった!と嘆いていませんか?実はニキビ跡のケアには3種類あり、状態によってケアも異なるので、この機会に見直してみましょう!あなたのニキビ跡は... 続きを読む

1杯で200kcalだよ、アルコール

アルコールの量は200kcal以内が理想的
ダイエット中のアルコール量は、ビールなら中びん1本、日本酒は約1合、ウイスキーの場合はダブルで1杯をリミットと考えるのが、もっとも理想的です。カロリーでいうとだいたい2... 続きを読む

やせるメカニズム:摂るエネルギーより、消費するエネルギーを増やす

お湯をただあふれさせてムダに流してしまうなんて、お金はかかるし、ガス代はかかるしで、もったいない。体脂肪も同じこと
ヒトが普通の暮らしのなかでエネルギーを消費することを基礎代謝と呼びます。基礎代謝は家の中... 続きを読む

最も痩せやすいのは生理の前? 後?-生理周期で効率よくダイエット

女性の体にはダイエット効果が出やすい時期と出にくい時期があります。月経リズムに合わせて、痩せやすい時期を上手に利用すれば、無理なく負担の少ないダイエットが可能です。 月の満ち欠けのように、女性の体も28日周期で変動 月が28日の月齢の... 続きを読む

パーソナルトレーナーが教えるダイエットのコツ-運動前の食事は?

暖かくなりましたね。身も心も軽く、思い切り体を動かしてみたくなりませんか?
ダイエットや体力づくりのために、ジムに行こう、ランニングを始めようという方もいるでしょう。ふだんから運動している人も、これから始めようという人も、運動前後に何を食... 続きを読む

ダイエット効果が一番期待できる時間帯-運動するなら朝昼晩のいつ?

トレーニングは、行う時間帯によって身体への影響が変わります。ダイエットなど目的に合った時間に行って効率アップを図りましょう。 いつトレーニングするかで 運動&脂肪燃焼効果に差が せっかくトレーニングをするなら、一番効果的な時間で行いた... 続きを読む

急な便意も怖くない!「うんち10分前」を知らせるスマートデバイス

外出先や通勤中、突然やってくる激しい腹痛。「一刻も早くトイレに行きたい!」という状況を我慢するのは本当につらいもの。間に合わずに「あ~あ」となってしまうこともありますよね?
そんなことにならないよう、排便タイミングを事前にお知らせしてく... 続きを読む

電話で30分話すは地獄!

Q.14
電話で30分話すを選んだあなたには「地獄」が待っている~ その差は2920kcal!パソコンでチャットのほうが、電話で話すよりも1年間でごはん約18杯分、消費カロリーが多い... 続きを読む

座っておしゃべり30分vs立っておしゃべり30分 天国はどっち?

Q.10
気のおけない女同士が集まれば、30分なんてあっという間。では、この時間をどうダイエットに使えばいいのでしょう。座ってワイワイ楽しむか、立ったままおしゃべりに興じるか、あなたのチョイスはど... 続きを読む