魅力的な体は夜つくられる? ゆがみのないプロポーションの作り方

夜つくる魅力的なからだのためのエクササイズ

寝る前のストレッチでからだの緊張をほぐし、ニュートラルポジションに

夜は魅力的なからだづくりの絶好のチャンス

 からだのゆがみがなく、自然なバランスがとれた状態をニュートラルポジションといいますが、そもそも、日本人のからだは欧米人に比べとてもゆがみやすいのです。

 日本人は生まれつき、自分のからだの中へ中へと向かう身体感覚をもっているといわれています。そのため、からだが前かがみになりやすく、姿勢の悪い人が多いのです。さらに拍車をかけているのが現代のライフスタイル。パソコンを使うデスクワークで長時間動かないような生活をしていたら、ますます姿勢は内側に向かってしまいます。

 そんな人は夜うつ伏せで寝ていることが多いといわれます。これは、寝ている間に、昼間ずっと内側を向いていた関節を外側に戻そうという意識が働くからです。昼間かかっていた無理な力が取れ、夜、からだが自然とストレッチしているのです。

 夜は魅力的なからだづくりのための絶好の時間! というのは自律神経に秘密があります。自律神経は、興奮状態を司る交感神経とリラックス状態を司る副交感神経からなっています。夜は副交感神経が働きからだも脳もリラックス、からだの力を抜くことが簡単にできるため、ニュートラルポジションに戻りやすいのです。

 だから夜のエクササイズは、副交感神経の働きをよくすることが大切。それにはゆっくり深呼吸しながら行うこと。からだの緊張を解くエクササイズで、からだをニュートラルポジションに戻しましょう。

四つんばいエクササイズは生理痛や顔のゆがみに効果が

 しなやかなからだを手に入れるには、無理な力を抜くこと。無駄な負担をなくせばからだは自然にニュートラルな状態に戻ります。
 背中全体をゆるめる四つんばいエクササイズで、首から背中にかけての緊張を取り除きましょう。このエクササイズは、生理痛や顔のゆがみにも効果があります。また、血行とリンパの流れをよくし背中についたぜい肉も取ってくれます。

 からだを可動域が広い方向にゆっくり伸ばし、気持ちよく伸びきったら一気に脱力。これを繰り返すことで、一つひとつの骨が正しい位置に収まるようになります。

顔の緊張を取るエクササイズ

 人間は、寝ているとき以外、約4kgもの重さのある頭を支えています。その頭が本来あるべき位置からずれていたら、支えている首や肩には過剰な緊張が強いられ、顔までこわばらせてしまいます。
 エクササイズで顔の緊張を解きましょう。ポイントは耳の後ろのくぼみに。ここは首と頭の境目、つまり頭が乗っている場所です。ここの緊張をほぐすことで、顔に自然な凹凸が出て、表情まで明るくなります。このエクササイズは、血行とリンパの流れをよくし顔のくすみを解消する効果があります。

(「きれいになる ボディデザイン」平山昌弘監修、法研より)

【監修】
平山昌弘氏


フィジカル・ディレクター
1959年東京生まれ。日本体育大学大学院修士課程修了。ヨーロッパのナショナルスキーチーム専属フィジカルトレーナーとして貢献。帰国後、ゴルファーなどプロスポーツ選手の指導・育成を手がける。1998年に「Studio Pivot」を設立し、ファッション・ビューティー業界にも進出。女優・モデルなどのパーソナルフィジカルアドバイザーとして活躍するほか、フジテレビ「発掘!あるある大事典」をはじめ、テレビ・雑誌の監修なども務めている。

その他のフィットネス&リラックスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

魅力的な顔はゆがみがない? 鼻の穴の大きさを見ればゆがみが分かる?

顔もからだの一部ですから、からだがゆがんでいると顔にもゆがみが出ます。だから顔だけをケアしたのでは魅力的な顔にはならないのです。
たとえば姿勢が悪いと、からだは無意識にバランスをとろうとして、首から肩、背中などが緊張します。そうすると、... 続きを読む

体のゆがみをなくす骨盤体操-寝ながら骨格のバランスを整える

魅力的なからだとは、どんなからだのことでしょうか?手足がほっそりと長い、ウエストが細い、顔が小さいなど、生まれつきの容姿のことだと思っていませんか?
本当の意味での魅力的なからだは、骨と関節が「本来の位置=ニュートラルポジション」にあ... 続きを読む

バレエ・ダイエット 基本の姿勢と足の位置

1
正しい姿勢を身につけよう OK 脚をそろえて立ち、おなかと腰に手を当てるとわかりやすい。骨盤をまっすぐにして、おなかを引き上げて。 NG おなかが前... 続きを読む

下半身に最も効果的「デガジェ」

右脚を前にして3番ポジションで立ち、体の前で軽くひじを張ります。そのままプリエに。 腕を左右に広げながら、右脚を前に伸ばして床から離します。このとき軸脚も一緒に伸ばして。そのあと3番ポジショ... 続きを読む

ピラティスエクササイズ(1)(2)

エクササイズ1
体の芯である「脊柱」と「骨盤」を動かして柔軟性をアップ。腹筋も同時に使うので、コアの基礎固めにも!
まずは、背骨(脊椎)をなめらかに動かしていくエクササイズ。これによって骨格のバランスが整い、... 続きを読む

立って行うエクササイズの終わりに「シャンジュマン」

右脚を前にして3番ポジションでまっすぐ立ちます。腕は軽くひじを曲げて、指先を内側に向けましょう。 3番ポジションのまま、プリエの姿勢に。このとき、骨盤がかたむかないように注意して。 プリエ... 続きを読む

ピラティスエクササイズ(3)(4)

エクササイズ3
上体、骨盤を安定させて、足を長~く伸ばすイメージで。腹筋がしっかり鍛えられます
上体を起こしたまま、両足を交互に曲げ伸ばしするエクササイズ。上体、とくに骨盤をしっかり安定させることが大事だ。くれぐ... 続きを読む

これであなたも絶好“腸”!食事で腸を整える5つのポイント

Aloha~ウォーキングプロデューサーOK和男です♪腸内環境を整えて若返る5つのポイントを実践いただきましたか?今回はより具体的に解説します。知ることで今日からの選択が変わり、嬉しい効果を引き寄せられるように応援しています!豆腐・わかめ... 続きを読む

《やせて魅せる》カラーと全身のバランス

~ビューティー・ルネッサンスを迎えるために~ザビエル鈴木のやせて魅せるワザ 《やせて魅せる》色は明度と彩度の低い色
さていかがですか。様々な色の性質と効果がお分かりいただけたと思います。ここまでの... 続きを読む

ピラティス呼吸法をマスター

呼吸法
肝心なのは呼吸法。まずはこれをしっかりマスター!考えながら運動するのが今までにない感覚です
まずは、ピラティスの基本であるニュートラル・ポジション(基本の姿勢)を覚えることからスタート。背骨のS字カー... 続きを読む