今年こそマラソンを完走したい! 記録を伸ばす2つのエクササイズ

走り続けるためには全身の筋肉をバランスよくきたえること

正しいフォームを保ち、腰痛やけがを防ぐために、関節の動きをよくし筋力をつける運動を紹介します

完走する達成感がたまらない

 空前のマラソンブームといわれるなか、10月5日、「東京マラソン2008」の出場者の抽選が行われました。当選者3万3千人に対して、なんと15万人を超える申し込みがあり、当選倍率4.7倍という盛況ぶり。東京マラソンだけでなく、全国各地で市民マラソンが盛り上がりをみせています。

 興味がなければ「どうしてあんな辛そうなスポーツを?」と思ってしまうマラソン。始めるきっかけは、ダイエット、美しくなるため、健康によさそうだからなど人それぞれでも、ジョギングから始めて走る楽しさに目覚めてしまう人が多いそうです。徐々に距離を伸ばし、タイムに挑戦し、そしてレースに参加。マラソンは、走りとげたときの達成感がたまらないといいます。

 ジョギングは、自分の足に合ったランニングシューズさえ用意すれば、いつでも気軽に始めることができます。まず、脂肪を燃やす有酸素運動のためダイエットに大きな効果があります。正しいフォームで継続すれば、姿勢がよくなり、体が引き締まって体力がつきます。また、走っているといやなことは忘れてリフレッシュでき、ストレス解消効果も絶大。

 マラソンまでいかなくても、ある程度長い距離を走るランニングは、脚だけでなく、腹筋、背筋をはじめとするさまざまな筋肉を総動員して行います。逆にいうと、筋力が不足していると、走っているうちにフォームがくずれるため疲れやすく、腰や脚が痛くなったり、けがにもつながります。楽しく走り続けるためには、正しいフォームを身につける必要があるのはもちろん、日ごろから全身の筋肉をバランスよくきたえておく必要があります。けが防止や疲労回復に、ランニング前後のストレッチも欠かさず行いましょう。

正しい姿勢を保ち、腰や脚の痛みを防ぐエクササイズ

 けがを防いで長く走り、記録も伸ばしたいという人のために、二つのエクササイズを紹介します。

●アーム&レッグレイズ

   正しい姿勢を保つために役立つエクササイズです。長く走っていると、疲れがたまって姿勢がくずれ、猫背になったり、腰が反ったりしやすくなります。お尻から太ももの筋肉や背筋をきたえ、正しい姿勢を保ち、腰痛予防に役立ちます。



●ウォーキングランジ

 股関節(こかんせつ)の動きをよくし、脚幅(ストライド)を伸ばすエクササイズです。ランニングでスムーズに脚を運ぶためには、股関節の動きをよくし可動域を広げること。ストライドも伸びてタイムのアップにつながります。足から腰までのさまざまな筋肉を使うため、脚力が強化され、腰痛、ひざの痛みを予防することができます。



【監修】
有賀誠司先生


東海大学スポーツ医科学研究所 准教授
筋力トレーニングの方法や指導に関する研究・教育に従事するとともに、学内運動部に所属するスポーツ選手に対するトレーニングやコンディショニングの指導・統括を担当。学外では、全日本柔道連盟強化委員として男女強化選手の体力トレーニングの統括を行う。国立スポーツ科学センター客員研究員、日本トレーニング指導者協会理事などを務める。競技選手としては、ボディビル競技にてアジア選手権準優勝の成績を収めている。近著に『ゼロからはじめる筋トレプログラムの作り方』(山海堂)、『筋トレバイブル・小中高校生編』(ベースボールマガジン社)など。

その他のフィットネス&リラックスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

ランニングの健康メリット-正しいフォームで楽しく走るコツ

ランニングブームもすっかり定着し、最近は街なかや公園でたくさんのランナーを見かけます。2007年に始まった東京マラソンをはじめ、全国各地の市民マラソン大会も盛況。自分も走ってみたい、レースに参加してみたいと思っている人も多いのではないでし... 続きを読む

マラソンのすすめ-走る習慣の身につけ方と自分へのご褒美のコツ

最近、「マラソン」がブームになっていますね。東京マラソンが大きく話題になっていますが、2007年に開催されて以降、参加希望者は毎年増加しているようです。調べてみると、実は私たちの周りにも、気軽に参加できる市民マラソン大会やチャリティーマラソ... 続きを読む

石鹸vs洗顔フォーム!ぴったりの洗顔アイテムを選ぶコツ

あなたは洗顔をするときに、石鹸を使っていますか?それとも洗顔フォーム?どちらにも一長一短ありますが、肌に合ったものを選びたいものです。そこで、石鹸と洗顔フォームの長所と短所、そしてどんな方にどちらが合うのかをご紹介します。石鹸vs洗顔フ... 続きを読む

あなたの筋力は大丈夫? 脚の筋力とバランス力を簡単チェック

仕事はデスクワークで運動習慣なし、階段よりもエレベーターやエスカレーターという人、多いのではないでしょうか。でもこんな生活を送っていると、脚力(脚の筋力)が低下して、ちょっとしたことで転びやすくなったり、転んだときの反応も鈍くなって危険な... 続きを読む

ヤセ乗りフォームで脂肪燃焼!

ただの移動手段をきちんとした有酸素運動にするためには、フォームが肝心。ルールを6つ覚えるだけで、今日から、サイクリングがダイエットTIMEに変わります。 ルール1
目線は、3~5m先をまっす... 続きを読む

大人のレースはこう使う♡春めく季節のレースコーデ

レディなスタイリングがトレンドを席巻中。今年らしいフェミニンなアイテムと言えば「フリル」「フレア」「レース」がイチオシ!その中でもフリルやフレアは大人の女性でも難なく着こなせますが、レースという甘いデザインは、取り入れ方次第で可愛過ぎて... 続きを読む

やっぱり元彼が好き!復縁に導く距離の縮め方

色々あって別れてしまったけれど…。やっぱり私は元彼が好き!でも、一度終わった恋を再燃させるってすごく難しい。どうやって連絡を取ればよいのか、友達に戻れるのか…。まずはどこから頑張れば良いのか悩みますよね。そこで今回は、復縁への一歩へ進む... 続きを読む

体の体幹を鍛える! 効率よく脂肪を燃やす15分コアトレーニング

キレイなプロポーションをつくるためには、全身の筋肉や神経を総動員する運動が不可欠です。とくに、脂肪を効率よく落とすためには、姿勢を維持したり、ジョギングなどの軽い運動を持続的に行う際に使われる赤筋(遅筋)と、じっとしているときにも脂肪を燃... 続きを読む

早めにチェックインしてリラックスタイムを満喫

ヘルシーディナーにフットバス
ダイエッターのお楽しみもぎっしり! ヨコハマ グランド インターコンチネンタルのチェックインは14:00。せっかくならこの時間にはホテルへ到着して、さっそくお部屋でくつろぎたい!
... 続きを読む

週に3回の運動が体にいい理由-ランニングはうつ予防になる

運動がダイエットや生活習慣病の予防・改善に効果があることはよく知られています。また、運動したらストレス解消になったという経験をもつ人も多いでしょう。適度の運動は、体だけでなく心の健康にもよい影響を及ぼします。
横浜労災病院勤労者メンタ... 続きを読む