家事を頑張れば運動不足も解消できちゃう? 一石二鳥のダイエット

大掃除の季節、マメに動いて一石二鳥

スポーツだけじゃない。毎日の生活の中で、意識して体を動かすことを心がけましょう

家事だって立派なエクササイズ

 まもなく年末の大掃除(そうじ)の季節。普段からきれいにしている人には楽勝でも、忙しさにかまけて放っておいた人にとっては、考えるだけ気が重くなってしまいます。しかしこの大掃除、実は健康づくりにも役立つ「生活活動」なのです。

   厚生労働省が策定した「健康づくりのための運動指針2006」では、生活習慣病を予防するのために、1週間にどれぐらい体を動かせばよいのかの目安を示しています。この指針がこれまでと違うのは、ジョギングやテニス、水泳などの「運動」だけでなく、家事や通勤時の歩行などの「生活活動」も積極的に行えば病気の予防に役立つとしていることです。

   家事も一生懸命やれば立派なエクササイズということなのです。それなら、大掃除もちょっとやる気が出てきませんか? 運動不足が気になっているけど忙しくて時間がない、運動は苦手という人にとっても、これはいい話です。

メタボの予防に1週間23エクササイズ

 生活習慣病やその原因となるメタボリックシンドロームの予防に、バランスのよい食事とともに適度な運動がすすめられますが、「適度な運動」とは具体的にどれくらいの運動量をいうのでしょうか? 上記の指針では、健康づくりのための「身体活動量」(生活活動+運動)の目標を1週間に23エクササイズ以上とし、そのうち4エクササイズ以上は「運動」を行うことが望ましいとしています。

   ここでいう1エクササイズとは普通の歩行なら20分に相当し、23エクササイズは1週間毎日1万歩歩いたのと同じ身体活動量になります。毎日1万歩歩ける人はそれほど多くはないでしょうから、「運動」や日常生活の中で行っている「生活活動」をエクササイズの単位で示し、1週間であわせて23エクササイズ以上の活動量を確保しようというものなのです。
 23エクササイズのうち4エクササイズ以上は「運動」が望ましいというのは、運動には、血流をよくする、心肺機能を高める、代謝を高める、ストレスを解消するなど、「生活活動」だけでは得られない効果があるからです。



床掃除20分が1エクササイズ

 それでは具体的に、どんな身体活動を組み合わせれば23エクササイズになるのでしょうか?



 趣味でスポーツをしていたり、ジムに通っている人、仕事で歩くことが多い人などは別として、1週間に23エクササイズ以上の活動量を確保している人は多くはないでしょう。特に運動習慣がなく、仕事はデスクワーク、あまり歩かずエスカレーターがあれば必ず使うという人は、かなり不足しているかもしれません。

   運動だけで週に23エクササイズと考えると、軽いジョギングなら週に230分ですから、毎日走るとして1日約33分、水泳でも1日25分程度です。週に3日でもそれぞれ84分に61分と結構大変。

   でも、運動4エクササイズなら軽いジョギングで週に40分、水泳なら約30分ほど。これに、通勤時間や昼休みの歩行(20分で1エクササイズ)が1日合計40分の人は5日間で10エクササイズで計14エクササイズ。床掃除、洗車、風呂掃除をそれぞれ週1回で3エクササイズ(ここまで合計17エクササイズ)。ほかに、休日にテニス1時間かサイクリング1.5時間で6エクササイズ。これで週23エクササイズは一応クリアできる計算です。
 計算通りいかなくて不足しそうなときは、通勤時にもう一駅分歩くとか、エレベーターやエスカレーターを使わず階段を上り下りする、車で行っていた週末の買い物を自転車にかえるなどで補えばよいでしょう。

   このように、日常生活の中で意識して動くようにすれば、身体活動量を増やすことができます。まずは現在どの程度の身体活動量があるのか、チェックしてみましょう。足りない人は早めに大掃除をすませて、年末空いた時間はスポーツに挑戦してみるのもいいですね。

【監修】
稲次潤子先生


医療法人社団正潤会 パークサイドクリニック院長
1981年千葉大学医学部卒業後、同付属病院循環器内科入局。1983年米国クーパーエアロビクスセンターでエアロビクス理論に基づく予防医学を学ぶ。1984年より日本エアロビクスセンター エアロビクスクリニック、君津健康センター勤務を経て、2001年乃木坂いなじクリニック開業。2005年芝公園に移転し、パークサイドクリニック開業、現在に至る。医学博士、日本体育協会認定スポーツドクター、日本医師会認定健康スポーツ医、人間ドック学会認定指定医、日本医師会認定産業医など。

その他のフィットネス&リラックスコラム

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    顔のたるみを加速させる4つのNG習慣|顔のシワ・目のクマを予防
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 顔が…
  2. 2
    ダイエットにカロリー制限はいらない!? 食べて痩せるダイエットの新常識
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 食事…
  3. 3
    使うほどお尻にダメージが…ウォシュレットでお尻が悲鳴を上げている
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと トイ…
  4. 4 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  5. 5 美容や健康にいいオイルの見分け方-ノンオイルは時代遅れ?
    美容や健康にいいオイルの見分け方-ノンオイルは時代遅れ?
    カロリーを気にしてノンオイルにすると逆に老化を早める可能性が。いい油と…
  6. 6
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  7. 7
    1分で寝落ちしちゃう!? 気絶するように眠りにつける呼吸法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ベッ…
  8. 8
    知っておきたい女性の『アソコ』5つの真実|大事な場所の正しいケア方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと デリ…
  9. 9
    これができたら一流人間?嫌いな人の取り扱いが楽になる3つの思考法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 社会…
  10. 10
    【女性の病気】こんな症状がでたら婦人科へ!注意してほしい8つの症状
    (編集・制作 (株)法研) 信頼できる婦人科医が決まっていると、毎日…
  11. 11
    意外と知らない耳そうじの豆知識|耳そうじの頻度は?耳かきの使い方は?
    (編集・制作 (株)法研) 耳あかはドライ? それともウェット? 耳…
  12. 12
    おデブサラダになっていませんか?太るサラダと痩せるサラダの大きな違い
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 健康…
  13. 13
    【こころのお疲れ度チェック】20の質問でわかるあなたのストレス疲労度
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 「最…
  14. 14 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パー…
  15. 15 ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    下着売り場でブラジャーのサイズを測ってもらったのはいつ? 実はサイズが…
  16. 16
    ダイエット中に飲むべきミネラルウォーターとは?水の種類と選び方
    (編集・制作 (株)法研) ミネラルウォーターは、それぞれ性質や効能…
  17. 17 夏バテに焼肉やにんにくは効かない? 本当にスタミナのある食事とは
    夏バテに焼肉やにんにくは効かない? 本当にスタミナのある食事とは
    食材の効果を生かした組み合わせを知って夏バテを即効解消。焼肉、にんにく…
  18. 18
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  19. 19
    知りたくなかったかも…身の周りにあるトイレよりも不潔なものたち
    見た目では意外とわからない、トイレより不潔なもの。実は、自分の体の一部…
  20. 20
    体の中からキレイになる!顔のくすみ・たるみにはマッサージと食事で改善
    (編集・制作 (株)法研) マッサージと食事で体の内・外からきれいに…

一覧