ウォーキングのコツは正しいフォームから-脂肪を燃やす歩き方

運動効果プラスのウオーキング

筋肉を意識し、「ひねる」「伸ばす」「上げる」動作をプラス。下半身はもちろん上半身の引き締め効果も

正しいフォームで筋肉に意識を集中すれば短時間でも効果が

 ウオーキングが健康によいのはわかっているけど、1日1万歩はとてもという人が多いのではないでしょうか。一口にウオーキングといっても、移動のための歩行と運動のためのものがあります。今回ご紹介する運動目的のフィットネスウオーキング(R)「3歩deウオーク」なら、5分でも運動効果が得られます。それには、鍛えたい筋肉に意識を集中して正しいフォームで歩くこと。

   まずは正しい直立姿勢をとります。おへそを中心に体を上下に引き伸ばすようなイメージでまっすぐに立ちましょう。肩を開き、首・腰・ひざを伸ばした状態をキープ。普段からこの姿勢を意識することで、筋力アップはもちろん、歩き方、立ち振る舞いまで美しく見えるはずです。

全身の血行を促すポンプ式ウオーキング

 「ポンプ式ウオーキング」は、呼吸、腕の振り、ひざの動きを意識し、足首で全身を持ち上げるように歩くことで足の裏から血管が刺激され、全身の血行がよくなります。呼吸は鼻から吸って口から吐きます。大事なのは息を吐ききること。しっかり息を吐ききれば次の呼吸で酸素をたくさん取り込むことができ、心肺機能を強化できます。腕は後ろへ振ること。ひじが体より前に出ないように注意してください。
 正しい直立姿勢をとり、視線をまっすぐ前に向けて歩き始めましょう。


ウエストを引き締めるスクイズウオーク

 「3歩deウオーク」の特徴は、普段あまり使わない筋肉を意識して歩くこと、「ひねる」「伸ばす」「上げる」動作を組み込み、1歩、2歩、3歩できびすを返してターンすることです。3歩分のスペースがあればできますので、お天気や時間に関係なく、お家のリビングでも、思い立ったとき行うことができます。

 ウオーキングには足腰の筋力アップの効果があります。下半身にはお尻、太もも、ふくらはぎと大きな筋肉があるので、正しいウオーキングを行うことで体重の負荷がかかり、筋力が強化されるのです。これに上半身の動きを組み込んだ「3歩deウオーク」には、上半身の引き締め効果もあります。ここでは、腰回りの筋肉を鍛え、ウエストを引き締める「スクイズウオーク」を紹介します。
 タオルを絞るように、上半身と下半身のねじれを意識しながら歩きましょう。顔は常に正面を向き、あごの下に肩を入れるように胸を回します。



(「ジャストヘルス」法研より)

【監修】
サルティス池田先生


株式会社アシックス ウオーキングマスター
1958年生まれ。株式会社アシックス勤務。TV・ラジオ・新聞へ多数登場、国内海外でのウオーキング講習会は800回以上。日本ウオーキング協会公認指導員、足と靴と健康協議会認定シューフィッター、兵庫県医師会脊椎ストレッチウォーキング認定シューアドバイザー、兵庫県・神戸市・阪神の各シニア大学講師。日本初のウオーキング専用CD「Walkig melodies」(東芝EMI)をプロデュース。

その他のフィットネス&リラックスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

筋肉トピックス サンバ de 美尻


“マツケン”で一躍メジャーになった“サンバ”。その独特なステップにヒップアップ効果があるとのことで、さっそくgooダイエット編集部がサンバレッスンを体験しました!
サンバの国ブラジル... 続きを読む

ボディメンテナンス・ダイエット7 効果大のあいばウオークとは

ボディメンテナンス・ダイエットは、手軽にできて元気な体をつくるダイエット方法です(「ボディメンテナンス・ダイエット
1」)。今回はダイエット効果が高いウオーキングエクササイズ「あいばウオーク」を紹介します。
2kgのダンベルを20cmの... 続きを読む

テレビを見ながらダイエット! CM中にできる3つの簡単体操

メタボリックシンドロームの予防やダイエットにはバランスのとれた食事と運動が大切。食生活を見直し、ウオーキングなどの有酸素運動を続ければ、確実に脂肪を減らすことができます。そして、これにぜひ加えてほしいのが筋力トレーニングです。
筋肉の... 続きを読む

石鹸vs洗顔フォーム!ぴったりの洗顔アイテムを選ぶコツ

あなたは洗顔をするときに、石鹸を使っていますか?それとも洗顔フォーム?どちらにも一長一短ありますが、肌に合ったものを選びたいものです。そこで、石鹸と洗顔フォームの長所と短所、そしてどんな方にどちらが合うのかをご紹介します。石鹸vs洗顔フ... 続きを読む

だらだら食いをストップ!無駄な一口を簡単に止める方法3つ

こんにちは、コラムニストの愛子です。もうお腹は十分満たされたはずなのに、あと一口食べたい、なんだか物足りない、つい食べちゃう、そんなことってありませんか?私は工夫しなければしょっちゅうそんな感じです(笑)。でも無駄な一口は積み重なると余... 続きを読む

ただ常識があるだけじゃダメ!彼から「親に紹介したい」と思ってもらえる女性の振る舞い

結婚までの第一関門とも言える、両親へのあいさつ。今現在、交際中である女性のなかには「早く彼の親に紹介してもらいたい!」と今か今かと待ちわびている人も多いのではないでしょうか。しかし、ただ待っているだけではいけません。紹介してもらうには、... 続きを読む

フィットネス感覚で痩せるヨガポールダイエット

ヨガポール
今話題沸騰のヨガポール、元々は病院のリハビリ用に使用されていたという太めの棒状クッションで、その上に横になるだけで身体の緊張をほぐし、インナーマッスルを鍛えることができます。とてもゆっくりとした動きでも脂肪燃?焼が期待できる... 続きを読む

ヤセ乗りフォームで脂肪燃焼!

ただの移動手段をきちんとした有酸素運動にするためには、フォームが肝心。ルールを6つ覚えるだけで、今日から、サイクリングがダイエットTIMEに変わります。 ルール1
目線は、3~5m先をまっす... 続きを読む

太ももやせには ポンプ体操

1.足を肩幅に広げてまっすぐ立ち、頭の後ろで手を組む。しゃがみきる手前までお尻を下げて、1秒間その姿勢をキープ 2.膝が完全に伸びる手前までゆっくり立ち上がり、1の体勢にゆっくりと戻る。立ち上がるときに息を吐き... 続きを読む

ランニングの健康メリット-正しいフォームで楽しく走るコツ

ランニングブームもすっかり定着し、最近は街なかや公園でたくさんのランナーを見かけます。2007年に始まった東京マラソンをはじめ、全国各地の市民マラソン大会も盛況。自分も走ってみたい、レースに参加してみたいと思っている人も多いのではないでし... 続きを読む