生活のリズムに合わせたエクササイズで無理なくダイエットしよう

仕事や家事の合間や最中にも、体を動かそう

お天気に関係なく、まとまった時間がなくてもできる

正しい姿勢を意識するだけでも運動効果が

 雨の日は、やっと習慣になってきたウオーキングやジョギングも、おっくうになってしまいますね。でも、ここで体を動かす習慣が途切れてしまうのは残念です。かといって、わざわざスポーツジムに通う時間はないという人も多いでしょう。運動習慣を維持していくために、また、時間がなくて運動できないという人のために、お天気に関係なくどこでも簡単にできるエクササイズを紹介しましょう。

 運動のためにまとまった時間がとれなくても、日常の生活動作で正しい姿勢を意識したり、ちょっとした動きをプラスするだけでも運動効果はあります。例えば、(1)立つ・座る・歩くときは、背すじを伸ばしておなかを引っこめる、(2)仕事中いすに座ったままかかとの上げ下げをする、通勤電車なら立ったまま同様の動きをするなどです。これならわざわざ時間を作る必要はありません。

 これから紹介するエクササイズは、どれも呼吸を止めないようにして、両手両足、左右両方行います。強度や回数は、「痛みが出ない」「気持ちがいい」程度に。

1日の生活動作に合わせたエクササイズをとり入れよう

 朝起きてから夜寝るまでの生活動作に合わせて、ちょっとしたエクササイズをとり入れてみましょう。

【朝目覚めたら】
 寝たままの姿勢でできるストレッチで、1日を気持ちよくスタートさせましょう。

●ベッドの中で大きな伸びをしましょう。息を吸いながら手足を思いっきり伸ばし、吐きながら力を抜きます。上半身と下半身を引き離すようなイメージで。
→全身のストレッチ

●寝たままで、両腕は頭の上に伸ばしたまま両ひざを曲げ、上半身を左右に揺らしましょう。わきが伸びているのを意識して。
→わき、ウエストのストレッチ


【電車の中で】
 通勤電車で座れなくてもがっかりしないで、エクササイズの時間ができたと思いましょう。ゆれる電車の中でバランスをとることで、バランス感覚も身につきます。

●手すりやつり革を軽く持って立ち、つま先を少し開いてかかとを上げ下げします。かかとを上げたとき前傾しないようにおなかに力を入れて。
→ふくらはぎ、おなかに効く

●片足を少し前に出してつま先を上げましょう。
→ふくらはぎからアキレス腱のストレッチ

●座れたら、背すじを伸ばし、片足ずつ少しだけ浮かせて10数えましょう。
→おなかに効く

【デスクワーク中に】
 いすに座ったままの時間が長いと、血行が悪くなって肩こりや腰痛の原因に。できるだけ机から離れて歩くようにしたり、座ったままできるエクササイズで体をほぐしましょう。

●足を組み、組んだ足の方向へ上体をひねります。いすは回転させず、上体は背すじを伸ばしてお尻は動かさず、肩の高さは水平に。
→ウエストに効く 


●いすに浅く座ったら、片脚のひざを伸ばし、息を吐きながら背すじを伸ばしたまま上体を前傾させます。
→脚の裏側のストレッチ


【寝る前に】
 ストレッチでリラックス、ぐっすり眠って疲れをとりましょう。

●ソファやいすに座って、片足をもう片方のひざの上に乗せ、股関節が開くのを意識します。おふろ上りの関節が柔らかくなっているときに。
→股関節のストレッチ


●布団や床の上で猫のポーズをとりましょう。四つんばいになり、息を吐きながら背中を丸め、吸いながら元に戻り、また息を吐きながら背中をそらせます。
→背中とおなかのストレッチ、リラックス



(「健康のひろば」法研より)

【監修】
山岡 有美先生


Y.フィットネスコミュニティー主宰
幼少よりバレエを学び、モダンダンサー、体育教師を経て、フィットネス界へ。日本のエアロビックエクササイズ指導の先駆者として普及に活躍。医療、企業、高齢者などを対象に体と心の健康づくり、「フィットネスやダンスのもつ癒しの力」を実践。テレビ、雑誌、セミナー、講演などで活躍。(社)日本フィットネス協会、全日本アマチュアエアロビック連盟、日本ダンスセラピー協会などの理事を務める。中京女子大学客員教授、日本女子体育大学、法政大学、東都リハビリテーション学院などで講師。

その他のフィットネス&リラックスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

カラーパワーを上手に取り入れよう! プレゼンには赤、接待には茶色

たとえば赤やピンク色のセーターを着ると気分が明るくなったり、ブルーのトーンで統一された部屋にいるとなんとなく落ち着いたりと、“色”は、日頃から私たちの心理にさまざまな影響を与えています。
それぞれの色によって、活気づいたりクールダウン... 続きを読む

余計な運動器具はいらない! タオル1枚で全身筋力アップ

そろそろコートが手放せなくなる季節。厚手のコートを着こんだり、寒さで縮こまると、血行が悪くなって肩こりの原因になります。また寒い冬は、ただでさえ体が脂肪をため込もうとするのに加え、暖房の効いた室内にばかりいると、消費エネルギーが減って確実... 続きを読む

あなたの爪は健康ですか? われやすい・もろい爪はSOSのサイン

昔から「爪は健康のバロメーター」といわれてきました。それは、なぜなのでしょう。
爪は皮膚の角質層が変化したもので、ケラチンというタンパク質でできています。爪の色は血液の状態を反映し、健康な爪は薄いピンク色で、表面も触るとなめらかです。 ... 続きを読む

性感染症の症状-クラミジア・淋病・性器ヘルペス・尖圭コンジローマ・エイズ

性感染症は90年代以降急速に広まり、とくに若い世代では、誰もが感染する可能性のある身近な病気になっています。しかし、多くの人は性感染症についてあまりよく知りません。どんな症状が現れる病気なのかを知っていれば、感染したときに気づくことができ... 続きを読む

インフルエンザを見極める3つの症状-ワクチンは受けるべき?

インフルエンザは潜伏期間が1~5日間と短く、普通のかぜに比べ急激に発症して、しかも症状が重いのが特徴です。インフルエンザが流行しているこの時期、次の症状がある場合は、インフルエンザの可能性を考え、早めに受診しましょう。 1. 突然、38... 続きを読む

ボディメンテナンス・ダイエット5 むくみ知らずのふくらはぎをGET

ボディメンテナンス・ダイエットは、手軽にできて元気な体をつくるダイエット方法です(「ボディメンテナンス・ダイエット
1」)。今回はふくらはぎの筋肉を鍛えるエクササイズを紹介します。長時間立っていたり、女性ではハイヒールで歩いたりすると、重... 続きを読む

ボディメンテナンス・ダイエット2 お尻の筋肉を鍛えてヒップアップ

ボディメンテナンス・ダイエットは、手軽にできて元気な体をつくるダイエット方法です(「ボディメンテナンス・ダイエット
1」)。今回はお尻(太ももを含む)の筋肉を鍛えるエクササイズを紹介します。お尻の筋肉はとても大きいので、エネルギー消費量が... 続きを読む

テンペで作るイソフラボンたっぷりメニュー ピザとピリ辛サンチュ包み

テンペは大豆を発酵させて作る加工食品です。発酵させて作ることから「インドネシアの納豆」などとも呼ばれますが、納豆とは別物。納豆は細菌の一種である納豆菌で大豆を発酵させますが、テンペはカビの仲間であるテンペ菌を使う点が、大きな違いです。納豆... 続きを読む

週末は30分ウォーキングでエクササイズ-痩せる歩き方のコツ

さわやかな季節、スポーツの秋ですね。とはいっても何をやったらいいのかわからない、忙しくて時間もない、という人におすすめなのがウオーキング。特別なウェアも道具もいらず、1人で気軽にできるので、いつでも始められて継続しやすいのが魅力です。 ... 続きを読む

やせるテクニック:ストレッチングも“ながら”で楽しむ

音楽を聴きながらなど、楽しく続けられるよう工夫して
基礎代謝をアップする筋力トレーニングとストレッチングとは切っても切り離せない関係。まずは筋トレの前に、筋肉をじっくり伸ばしてウォームアップを約5分。あぐらを... 続きを読む