ランニングの健康メリット-正しいフォームで楽しく走るコツ

ダイエットや体力アップ、ストレス解消効果なども

腰やひざの痛み、けがを防いで楽しく走るには、正しいフォームを身につけることが大切

初心者はウオーキングから始めるのがベスト

 ランニングブームもすっかり定着し、最近は街なかや公園でたくさんのランナーを見かけます。2007年に始まった東京マラソンをはじめ、全国各地の市民マラソン大会も盛況。自分も走ってみたい、レースに参加してみたいと思っている人も多いのではないでしょうか。寒さも和らいで、ランニングを始めるのによい季節になりました。あなたも、思い切って始めてみませんか?

 とはいえ、ランニングはウオーキングに比べて体に負担がかかりやすいスポーツです。ランニングは両足が地面から離れる、つまりジャンプするスポーツなので、着地の際に足首やひざ、腰などに体重の負荷がかかり、傷めやすいのです。ふだん運動していない人がいきなり走り始めると、ケガをしやすいので気をつけなければいけません。
 初めてランニングをする人は、まずはウオーキングから始めて、次は歩くようにゆったりしたペースで走るジョギングへ、ジョギングに慣れたらランニングへと、足慣らししながらステップアップしていくのがよいでしょう。

 まずは「形から入る」という人は、ランニングウエアやシューズ探しから始めるのも楽しいですね! とくに女性向けのウエアは、ランニング用スカートやワンピースなど種類が豊富で、おしゃれを楽しみながらランニングしたい女性に人気です。
 シューズは機能性を第一に選びましょう。初心者には、クッション性や安定性の高い、足への衝撃を吸収するものがよいでしょう。必ず試着して歩いてみて、足先が窮屈でないことを確認してください。

ランニングには体にさまざまなメリットが

 足に合ったランニングシューズさえあれば、いつでもどこでも気軽に始められるのがランニングのよいところ。ほかにも、次のようにたくさんのメリットがあります。

ダイエット ウオーキングと同様、酸素を取り込んで行う有酸素運動なので、脂肪を消費し体脂肪を減らす効果がある。また、ランニングを続けると筋肉がついてくるので、基礎代謝がアップして太りにくい体になるなど、ダイエット効果が高い。

肩こり解消 有酸素運動を行うと毛細血管が活性化し、血流がよくなるので、血行不良による肩こりや冷え、むくみなどを予防・改善できる。正しいランニングフォームを身につけることで姿勢もよくなり、肩こり、腰痛の予防・改善にも。

体力アップ 有酸素運動によって心肺機能が高まり持久力がつく。また、脚、お尻、腹筋、背筋などさまざまな筋肉を使って行うため、筋肉がバランスよくつく。

ストレス解消 リズミカルに走るとセロトニン(精神を落ちつかせるとされる脳内物質)が活性化し、リラックスできる。新鮮な外気に触れ、街路樹や公園の緑の中を走ることで気分もリフレッシュ。

 さらに、記録に挑戦したりレースに参加するようになると、目標に向かって進むワクワク感、走り遂げたときの達成感はたまらないことでしょう!

正しいフォームで楽しく走ろう

 走るフォームが悪いと疲れやすく、足腰を傷めたり、けがにもつながります。長く走り続けるために、体に負担をかけない正しいフォームを身につけましょう。

 ランニングもウオーキングも、まっすぐに立つ姿勢が基本です。初心者はウオーキングから始めるのがよいと前述しましたが、まずウオーキングで正しい姿勢を身につけたら、ランニングでも姿勢はそのまま、重心を前へもっていけばいいのです。

 正しい姿勢とは、耳から肩、股関節、くるぶしが一直線上にくる状態です。背伸びをして元に戻ったときの姿勢をキープすると、簡単にこの姿勢がとれます。手を組んで頭の上へ伸ばしたら、重心はそのままにして腕だけを下ろします。この姿勢をくずさないように常に意識しましょう。
 顔は正面を向けて、腹筋にしっかり力を入れ、肩の力を抜いて肩甲骨を大きく動かしながら走ります。腕の振りは、薬指と小指だけを軽く握ってチョキの形にすると腕に力が入らず、上体をまっすぐに保ちやすく、フォームが自然に大きくなります。

 走るときは、最初はウオーキングからジョギング、ウオーキングの順に、慣れてきたらジョギングからランニング、ジョギングというように、ウォーミングアップとクーリングダウンを行うことが大切です。運動前後のストレッチも欠かさず行いましょう。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
牧野 仁先生


ランニングコンサルタント
Japan マラソンクラブ代表として、歩き方、走り方を指導。トレーナーとしても一般の方からアスリート、芸能人などを指導。著書に『きれいになるランニング』(大修館)、『楽して走ろうフルマラソン』(ランナーズ社)など。

その他のフィットネス&リラックスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

今年こそマラソンを完走したい! 記録を伸ばす2つのエクササイズ

空前のマラソンブームといわれるなか、10月5日、「東京マラソン2008」の出場者の抽選が行われました。当選者3万3千人に対して、なんと15万人を超える申し込みがあり、当選倍率4.7倍という盛況ぶり。東京マラソンだけでなく、全国各地で市民マ... 続きを読む

ダイエットに弾みをつけるランニング

ランニング
ダイエットには不可欠である運動。なかでもランニングは、健康的に痩せるための方法として取り組む人が多いです。そんなランニングのダイエット効果は、いくつかのポイントに気をつけることでより高めることができるのです。
ランニングに... 続きを読む

石鹸vs洗顔フォーム!ぴったりの洗顔アイテムを選ぶコツ

あなたは洗顔をするときに、石鹸を使っていますか?それとも洗顔フォーム?どちらにも一長一短ありますが、肌に合ったものを選びたいものです。そこで、石鹸と洗顔フォームの長所と短所、そしてどんな方にどちらが合うのかをご紹介します。石鹸vs洗顔フ... 続きを読む

健康に痩せられるダイエットシューズ

シューズ
歩くだけで体重が減少していく、そのお手伝いをしてくれるのがダイエットシューズです。このシューズは、普通のシューズよりもウエイトがあるのが特徴です。運動する時の消費カロリーが高くなり、姿勢の矯正や美脚などの効果を生み出してくれま... 続きを読む

女性たちがマラソンに夢中になる訳-皇居ランナーに女性が多い理由

市民ランナー3万人が、都心を駆け抜けた東京マラソン。3万人のうち約2割は女性でした。颯爽と走る姿を見て、憧れを抱いた人も多いでしょう。気がつくと、公園や河川敷など、街のあちこちで女性ランナーの姿が見られます。女性が走り出したきっかけは何で... 続きを読む

知ってる?ランニングでお腹が痛くなる理由

ランニングでわき腹が痛い原因は?

大腸は溜まったガスや便がランニングの振動によって活発に刺激を受けて痛みを発するようになります。絞られるようなキューっとくる痛みが特徴です。
走るとわき腹が痛くなるメカニズムは - goo ニュー... 続きを読む

ヤセ乗りフォームで脂肪燃焼!

ただの移動手段をきちんとした有酸素運動にするためには、フォームが肝心。ルールを6つ覚えるだけで、今日から、サイクリングがダイエットTIMEに変わります。 ルール1
目線は、3~5m先をまっす... 続きを読む

週末は30分ウォーキングでエクササイズ-痩せる歩き方のコツ

さわやかな季節、スポーツの秋ですね。とはいっても何をやったらいいのかわからない、忙しくて時間もない、という人におすすめなのがウオーキング。特別なウェアも道具もいらず、1人で気軽にできるので、いつでも始められて継続しやすいのが魅力です。 ... 続きを読む

ウォーキングのコツは正しいフォームから-脂肪を燃やす歩き方

ウオーキングが健康によいのはわかっているけど、1日1万歩はとてもという人が多いのではないでしょうか。一口にウオーキングといっても、移動のための歩行と運動のためのものがあります。今回ご紹介する運動目的のフィットネスウオーキング(R)「3歩d... 続きを読む

マラソンのすすめ-走る習慣の身につけ方と自分へのご褒美のコツ

最近、「マラソン」がブームになっていますね。東京マラソンが大きく話題になっていますが、2007年に開催されて以降、参加希望者は毎年増加しているようです。調べてみると、実は私たちの周りにも、気軽に参加できる市民マラソン大会やチャリティーマラソ... 続きを読む