女性たちがマラソンに夢中になる訳-皇居ランナーに女性が多い理由

みんながのめり込んでいくその魅力は、風になれるような感覚

女性が走り出したきっかけ、女性にとって走りやすいコースとは? ネットワークのつくり方を紹介します。

気軽に始めて、徐々にのめり込んでいく

 市民ランナー3万人が、都心を駆け抜けた東京マラソン。3万人のうち約2割は女性でした。颯爽と走る姿を見て、憧れを抱いた人も多いでしょう。気がつくと、公園や河川敷など、街のあちこちで女性ランナーの姿が見られます。女性が走り出したきっかけは何でしょうか? ダイエットが理由なのでしょうか。

 4年ほど前から走り始めたAさん。きっかけは、「公園にジョギングコースがあったから」。それまで運動はあまりしていなかったのですが、ふっと公園を走ってみようと思い立ったそうです。始めてみたら、おもしろくなり、ついに東京マラソンを完走するまでになりました。
 同じくフルマラソン経験者で、ランニング歴10年のMさんは「子育てが一段落して、主人が走り出したので、一緒に始めました」と言います。どちらもことさら気負うことなく、気軽に始めています。

 ランニングはシューズさえあれば、とりあえず始められる、参入ハードルの低いスポーツ。これは大きな利点でしょう。家事の手の空いたとき、あるいは通勤前などに、30分程度ならすぐに捻出できるでしょう。
 おしゃれなウエアも魅力の一つ。スカートやワンピースなど、シーズンごとに新作が発表され、ウエアを着て走る楽しみもあります。これも女性ランナーならでは。東京マラソンの影響も大です。走る楽しさが広く報道され、触発された人も多いでしょう。

 しかし、ブームに乗って始めたとしても、みなさん徐々にのめり込んでいきます。その魔力のような魅力をMさんはこう語ります。
 「風を切って外を走ると、季節の花が咲いたり、新緑が芽吹いたり、と四季の移ろいを実感できます。自然を自分の肌で感じられることが、一番の魅力です」。自然と触れ合え、自分が風になれるような感覚を体感できる点が、最大の醍醐味といえるのではないでしょうか。

皇居外周が女性に人気なわけ

 普段は近場の公園や河川敷で走るという人も、気分転換に違う場所で走ってみるのもよいものです。皇居外周はやはり一度は走ってみたいコース。最近は渋滞が起きると噂されるほど、多くのランナーが集まりますが、女性にとって走りやすいコースといわれています。その秘密を解いてみると……。

(1)1周5kmと計算しやすい距離
 100mごとに敷かれた都道府県花のプレートが、距離の目安になります。また、信号がないので、中断することなく走れることも魅力。
(2)防犯上、安心して走れる
 皇居警備の警察官が辻々に立ち、交番や詰所もあり、女性にとって安心感があります。
(3)着替えができるランナー用施設の充実
 稲荷湯など、銭湯の存在は知られていますが、ランナーをサポートする専用の施設も周辺には点在しています。シャワーやロッカーが完備していて、女性にとって利用しやすい環境が整っているといえるでしょう。
(4)変化に富んだ景観が楽しめる
 並木の中、千鳥ヶ淵公園や桜田門など観光名所が次々と現れ、東京のど真ん中を走る爽快感が味わえます。筆者も走ってみましたが、皇居というシンボリックな場所のため、レースでもないのに、「晴れ舞台」に立った気分になれました。

 東京・世田谷区の駒沢オリンピック公園も人気です。木陰を走り抜けるコースは全長2,148mで、初心者にも無理なく走れる距離。おしゃれなウエアで走っている人が多く、外国人がいるのも場所柄でしょう。着替えは園内のトレーニングルームを利用。

 走る時間帯は、早朝や夕方が多いと思われますが、夜しか時間のとれない人もいるでしょう。しかし、公園などを夜間、女性が走ることは防犯上避けたいもの。週末などにまとめて走ったほうがいいでしょう。

仲間と走るともっと楽しい

 ランニングは一人で始められますが、孤高を極めるより、一緒に走る仲間がいたほうがやはり長く続けられます。仲間づくりには、地域のサークルに参加するのもいいし、インターネットを活用する手もあります。ランニングサイト「RUNNET」では、仲間やサークル会員を募集するページがあります。自分に適したものがあったら、参加してみるといいでしょう。ソーシャルネットワーキングサイトのランニングコミュニティで同好の士を募ることもできます。

 スポーツメーカーや各地の競技場などが開催する講習会に参加して、仲間の輪を広げる人もいます。初心者から上級者までいろいろなレベルの人が集まるので、視野が広がります。仲間と走れば、楽しさも倍増。てっとり早く、パートナーと走るのもいいでしょう。

 さあ、戸外を走って、風を感じてみませんか。

●ランナー用施設
 ランナーズステーション http://runsta.jp/
 ランニングオアシス http://www.art-sports.jp/modules/hibiya/index.php/index.html

●ランニングサイト
 RUNNET http://runnet.jp/home.php

●おすすめランニングコースの例
 皇居外周(東京都千代田区) 1周約5km
 駒沢オリンピック公園(東京都世田谷区) 1周約2.1km
 葛西臨海公園(東京都江戸川区) 1周約2.7km
 大阪城公園(大阪府中央区) 1周約3.5km
 万博記念公園(大阪府吹田市) 1周約5km
 真駒内公園(北海道札幌市南区) 1周約3km
 千波湖(茨城県水戸市)1周約3km

(編集・制作 (株)法研)

【執筆】
鈴木 優子さん


医療ジャーナリスト
大学卒業後、JTB日本交通公社出版事業局(現・JTBパブリッシング)を経て、フリーに。「医療安全」「dancyu」「PRESIDENT」などの雑誌に寄稿。医療、健康、パン&スイーツ、旅などの取材執筆をする。2006年国際医療福祉大学大学院 医療福祉ジャーナリズム分野修士課程に入学し、08年修了。東京大学医療政策人材養成講座5期生。産業カウンセラー。健康管理士。最近走りはじめたひよこランナーで、ただ今ランニングブログ走行中。http://runrun50.exblog.jp/

その他のフィットネス&リラックスコラム

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1 無性に○○が食べたい! それは体からのSOS、栄養不足のサインかも?
    無性に○○が食べたい! それは体からのSOS、栄養不足のサインかも?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  2. 2 お酒を飲まない女性に増えている『非アルコール性脂肪肝炎』その3つの要因
    お酒を飲まない女性に増えている『非アルコール性脂肪肝炎』その3つの要因
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  3. 3 運動をしない女性の健康リスク8つ―運動習慣のある女性は3割以下!
    運動をしない女性の健康リスク8つ―運動習慣のある女性は3割以下!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 運動…
  4. 4
    年をとると睡眠時間がどんどん短くなるのはなぜ?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  5. 5 女性ホルモンを増やすには大豆より朝の●●がおすすめ!!
    女性ホルモンを増やすには大豆より『朝のピーナッツ』がおすすめ!!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  6. 6 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  7. 7
    食べ過ぎリセット! 食べ過ぎた翌日からできる太らない為の8つの対処法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと うっ…
  8. 8
    立ち上がると目の前がクラクラ…女性に多い起立性低血圧症、8つの改善方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 女性…
  9. 9 簡単にできる栄養バランスのいいお弁当-配分は3:2:1がベスト
    簡単にできる栄養バランスのいいお弁当-配分は3:2:1がベスト
    (編集・制作 (株)法研) 手早くできて健康によいお弁当づくりのコツ…
  10. 10
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    外見からはわからない障害を抱えている人がつけるマークを知っていますか?…
  11. 11
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  12. 12 女性に多い「まぶたのピクピク」に注意! 目の痙攣は体からのSOS
    女性に多い「まぶたのピクピク」に注意! 目の痙攣は体からのSOS
    ふとした時に起こるまぶたの痙攣。これは、体からのSOSサインです。顔に…
  13. 13 突然の腹痛・吐き気・お腹の張りは腸閉塞(イレウス)かも? 症状と対処法
    突然の腹痛・吐き気・お腹の張りは腸閉塞(イレウス)かも? 症状と対処法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  14. 14 【急性咽頭炎】を早く治したい時の4つのケア方法─喉の痛み・腫れ・渇き
    【急性咽頭炎】を早く治したい時の4つのケア方法─喉の痛み・腫れ・渇き
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  15. 15 『疲れがスッキリ』これをやったら相手に喜ばれる!脚のマッサージのやり方
    『疲れがスッキリ』これをやったら相手に喜ばれる!脚のマッサージのやり方
    (編集・制作 (株)法研) パートナーにやってあげて喜ばれる脚の側面…
  16. 16 ダイエットの近道は塩分を控えること! ストレスフリー減塩のコツ6つ
    ダイエットの近道は塩分を控えること! ストレスフリー減塩のコツ6つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  17. 17 いつの間にか眠ってた…これって『睡眠時無呼吸症候群』の危険信号かも
    いつの間にか眠ってた…これって『睡眠時無呼吸症候群』の危険信号かも
    (編集・制作 (株)法研) 単なる居眠りではすまされない、早期発見・…
  18. 18
    冷凍食品は体に悪いの? 食べていいもの悪いもの
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  19. 19 脳を活性化させるには手を動かす! 脳を刺激する手のかんたん体操
    脳を活性化させるには手を動かす! 脳を刺激する手のかんたん体操
    (編集・制作 (株)法研) 手から入った刺激は脳の多くの領域を活性化…
  20. 20 冬の『みかん』は女性に嬉しい栄養がたっぷり! 皮も再利用できるって?
    冬の『みかん』は女性に嬉しい栄養がたっぷり! 皮も再利用できるって?
    (編集・制作 (株)法研) おいしくて健康によい。しかも食べやす…

一覧