手を動かすと脳は活性化する-脳を刺激する手のお手軽体操

手から入った刺激は脳の多くの領域を活性化する

脳神経細胞は減る一方でも脳力は成長する。手から刺激を加えてシナプスのネットワークを増やすとよい

脳神経細胞の減少を補うシナプスのネットワーク

 人間の脳神経細胞の数は子どものときがピークで、そのあとは減る一方だといわれます。だとすると、そこで知的な能力の成長もストップしてしまうのかというと、そういうわけでもありません。理解力、判断力などは成人になるまで発達することは誰しも経験的におわかりでしょう。記憶力は衰えても、さまざまな情報を整理して物事を総合的に判断する能力などは70歳くらいまで発達するともいわれます。

 脳神経細胞の数が減っていくのに知的能力が保たれるのは、神経伝達物質を介して細胞間の情報伝達を行うシナプスのおかげです。脳が刺激を受けるとそれに対処するためにシナプスが増え、細胞間をつなぐ複雑な情報ネットワークを形成するのです。この刺激は、脳のできるだけ多くの部分を働かせるものがよく、手を動かすことはその好例です。

「手は外部の脳である」と哲人カントは言った

 人間の手を“外部の脳”と言ったのは、18世紀のドイツの大哲学者・カントです。手と脳が密接な関係にあることを端的に表現したものです。現代の脳科学によると、手は脳の「運動野」(すべての筋肉に直結して運動をコントロールする部位)や「体性感覚野」(皮膚や体内の感覚受容器などからの情報にかかわる部位)と大きくつながっていることがわかっています。したがって、手を活発に動かすと、その刺激は脳の多くの部分に伝わります。細かい手仕事に熟練した職人や、脳の創造力と手の描写力を駆使する画家などに長生きの人が多いのは、手から脳への刺激が絶えず行われているからかもしれません。

 それでは、脳の刺激にもってこいの手の体操を2つご紹介しましょう。特別な道具も場所もいらず、時間も多くはとりません。アタマの働きが最近ちょっと気になる方はぜひお試しを。

脳をビンビン刺激する手の体操

 テレビを見ながらでも手軽にできる体操ですが、しっかり行えば軽く汗ばんでくるでしょう。エネルギー消費も期待できますし、肩こり・五十肩の予防にもなります。

●両手ぐるぐる体操
(1)両足を肩幅に開いて立ち、両腕を肩の高さで前に伸ばします。
(2)両手のひらを前に向けてピンと伸ばします。
(3)肩から回すように、両手のひらで10センチほどの円を描きます。
(4)右回し、左回しを10回ずつ、1日3セット行ってください。

 次に、以下のように両手を横に上げたり上に伸ばして、ぐるぐる回しましょう。
・両手を肩の高さで横に水平に上げ、手のひらを立てて回す。
・両手を真っすぐ上に伸ばし、手のひらまで一直線にして回す。

●羽ばたき体操
(1)いすに座り、頭の後ろで両手を組み、腕を左右いっぱいに開きます。
(2)次いで、耳の上あたりに手首がくるように両腕を閉じます。
(3)再び両腕をいっぱいに開きます。
(4)以上の動作を鳥が羽ばたくようにできるだけ速く、30回を目安に行いましょう。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
眞田 祥一先生


脳神経外科・眞田クリニック院長
1968年東京慈恵会医科大学、同大学院卒業。同大講師を経て、大森赤十字病院脳神経外科部長を18年務め、96年より現職。国際赤十字カンボジア難民救済活動に参加し、気象・気候と脳卒中の研究などを行う。医学博士、脳神経外科学会認定医。テレビ・ラジオ出演や講演・雑誌などの寄稿の他「大人のドリル」など高齢からの脳トレーニングなどについて示唆している。著書に、『あやつられる手足を治す本』(マキノ出版)、『自分で見つけて治す隠れ脳梗塞』(マキノ出版)、『ボケないための迷路トレ-ニング』(PHP研究所)など多数。

その他のフィットネス&リラックスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

脳の仕組みとはたらきとは? 各部位のはたらきと脳の病気について

血液を循環する、呼吸する、食べ物を消化する……これらを行うのはそれぞれを受け持つ器官ですが、コントロールするのは脳。見る、聞く、触る、味わう、嗅ぐ……これらをつかさどるのも脳。記憶する、考える、判断する、感動する……これらも脳の働き。 ... 続きを読む

女性たちがマラソンに夢中になる訳-皇居ランナーに女性が多い理由

市民ランナー3万人が、都心を駆け抜けた東京マラソン。3万人のうち約2割は女性でした。颯爽と走る姿を見て、憧れを抱いた人も多いでしょう。気がつくと、公園や河川敷など、街のあちこちで女性ランナーの姿が見られます。女性が走り出したきっかけは何で... 続きを読む

体内時計について学べる「健康管理能力検定」がスタート

日本成人病予防協会は、2015年より「健康管理能力検定」をスタートします。人の体内にある「体内時計」が司るさまざまなリズムについて学び、健康管理能力を取得することを目的とした検定制度です。 健康生活の基本となる「体内時計」を知る 人... 続きを読む

気になる角質にお試しあれ!角質ケアには拭き取り化粧水が効く

「なんとなく肌がくすんで見える」という人は、もしかしたら角質がたまっているかもしれません。そんな時には、拭き取り化粧水を使って角質ケアを行うとよいでしょう。拭き取り化粧水はたくさん種類がありますから、自分の肌に合ったものを選びます。気に... 続きを読む

結婚相手のおかげで変わったことランキング

節約を心がけるようになった 家に帰るのが楽しくなった 趣味ができた・広がった 休日の外出が増えた 小さなことを気にしなくなった ... 続きを読む

後悔は自分を成長させる? 後悔するごとに対処方法が増える理由

先日、何気なく見ていたテレビ番組で、脳科学者の茂木健一郎先生が「後悔すること」について語られていました。 後悔と聞くとついついネガティブなイメージが出てきてしまいますが、後悔することが出来るからこそ、選択しなかった場合についての可能性を検討... 続きを読む

脳は10%しか使われていないはウソ? 脳にまつわる3つの迷信

映画やテレビでも取り上げられる「10%説」は根拠がない 人の脳は全体の10%しか活動しておらず、それを100%活用できるようになれば超人的な力が発揮できる……そんな設定の映画やテレビドラマなどを見たことがありませんか?
普段、疑うこと... 続きを読む

嫌われて傷ついたときの7つの回復レシピ-嫌いがある人生は豊か?

人から「嫌われる」ということはつらいことです。それはなぜでしょうか? 出来れば自分が嫌いな人からも嫌われたくないと思うこともあるでしょう。嫌われたくないがために、無理して引き受けたり、断れずにいることもあります。「嫌われる」ということは、... 続きを読む

暗記が苦手な人や勉強に役立つ-記憶力をアップする14のヒケツ

最近は、さまざまな年齢層を対象に、「脳力トレーニング」が流行しています。“脳力”の中でも、とくに記憶力の衰えは、けっこうショックなもの。脳のはたらきに基づいて、記憶力をアップする14のヒケツをご紹介しましょう。 1. 自分の忘れ方を知っ... 続きを読む

ダイエット食品で有名な鳥ささみ

鳥ささみ
昔から鳥ささみは、他の肉に比べて脂肪分が少なくカロリーがひくいだけでなく、豊富なたんぱく質を持っているので、筋肉をつけるのに有効、さらには値段も安くて、満腹感まであるという、ダイエットに欠かせない食品として知られていました。 ... 続きを読む