手を動かすと脳は活性化する-脳を刺激する手のお手軽体操

手から入った刺激は脳の多くの領域を活性化する

脳神経細胞は減る一方でも脳力は成長する。手から刺激を加えてシナプスのネットワークを増やすとよい

脳神経細胞の減少を補うシナプスのネットワーク

 人間の脳神経細胞の数は子どものときがピークで、そのあとは減る一方だといわれます。だとすると、そこで知的な能力の成長もストップしてしまうのかというと、そういうわけでもありません。理解力、判断力などは成人になるまで発達することは誰しも経験的におわかりでしょう。記憶力は衰えても、さまざまな情報を整理して物事を総合的に判断する能力などは70歳くらいまで発達するともいわれます。

 脳神経細胞の数が減っていくのに知的能力が保たれるのは、神経伝達物質を介して細胞間の情報伝達を行うシナプスのおかげです。脳が刺激を受けるとそれに対処するためにシナプスが増え、細胞間をつなぐ複雑な情報ネットワークを形成するのです。この刺激は、脳のできるだけ多くの部分を働かせるものがよく、手を動かすことはその好例です。

「手は外部の脳である」と哲人カントは言った

 人間の手を“外部の脳”と言ったのは、18世紀のドイツの大哲学者・カントです。手と脳が密接な関係にあることを端的に表現したものです。現代の脳科学によると、手は脳の「運動野」(すべての筋肉に直結して運動をコントロールする部位)や「体性感覚野」(皮膚や体内の感覚受容器などからの情報にかかわる部位)と大きくつながっていることがわかっています。したがって、手を活発に動かすと、その刺激は脳の多くの部分に伝わります。細かい手仕事に熟練した職人や、脳の創造力と手の描写力を駆使する画家などに長生きの人が多いのは、手から脳への刺激が絶えず行われているからかもしれません。

 それでは、脳の刺激にもってこいの手の体操を2つご紹介しましょう。特別な道具も場所もいらず、時間も多くはとりません。アタマの働きが最近ちょっと気になる方はぜひお試しを。

脳をビンビン刺激する手の体操

 テレビを見ながらでも手軽にできる体操ですが、しっかり行えば軽く汗ばんでくるでしょう。エネルギー消費も期待できますし、肩こり・五十肩の予防にもなります。

●両手ぐるぐる体操
(1)両足を肩幅に開いて立ち、両腕を肩の高さで前に伸ばします。
(2)両手のひらを前に向けてピンと伸ばします。
(3)肩から回すように、両手のひらで10センチほどの円を描きます。
(4)右回し、左回しを10回ずつ、1日3セット行ってください。

 次に、以下のように両手を横に上げたり上に伸ばして、ぐるぐる回しましょう。
・両手を肩の高さで横に水平に上げ、手のひらを立てて回す。
・両手を真っすぐ上に伸ばし、手のひらまで一直線にして回す。

●羽ばたき体操
(1)いすに座り、頭の後ろで両手を組み、腕を左右いっぱいに開きます。
(2)次いで、耳の上あたりに手首がくるように両腕を閉じます。
(3)再び両腕をいっぱいに開きます。
(4)以上の動作を鳥が羽ばたくようにできるだけ速く、30回を目安に行いましょう。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
眞田 祥一先生


脳神経外科・眞田クリニック院長
1968年東京慈恵会医科大学、同大学院卒業。同大講師を経て、大森赤十字病院脳神経外科部長を18年務め、96年より現職。国際赤十字カンボジア難民救済活動に参加し、気象・気候と脳卒中の研究などを行う。医学博士、脳神経外科学会認定医。テレビ・ラジオ出演や講演・雑誌などの寄稿の他「大人のドリル」など高齢からの脳トレーニングなどについて示唆している。著書に、『あやつられる手足を治す本』(マキノ出版)、『自分で見つけて治す隠れ脳梗塞』(マキノ出版)、『ボケないための迷路トレ-ニング』(PHP研究所)など多数。

その他のフィットネス&リラックスコラム

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    野菜ジュースは飲んでも意味がない? 野菜ジュースでとれる栄養とは
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  2. 2
    批判されても挫けない!『心が折れない』強いメンタルの作り方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  3. 3
    足がむくむ、足がダルい…女性に多い『下肢静脈瘤』かも? 原因と症状
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  4. 4 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  5. 5
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  6. 6 ストレスに強い人と弱い人の違い|ストレス耐性を高める6つの要素
    ストレスに強い人と弱い人の違い|ストレス耐性を高める6つの要素
    環境の変化にストレスを感じる人と感じない人がいる 日々、暖かくなって…
  7. 7
    女性に多い『痔』原因と症状|こんな人は要注意!痔になりやすい7つの習慣
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 男性…
  8. 8
    【医師が教える】夏まで90日!リバウンドなしダイエットのやり方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  9. 9
    あの人うつ病かも? うつを見分ける症状のポイント|接し方のヒント
    【執筆】住本吉章カウンセラー 誰でもが陥りやすいうつ状態 …
  10. 10
    体はストレスや疲労のサインを出している―年度替わりのストレス対策
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 3~…
  11. 11
    寝起きスッキリ! 朝すぐに起きられる人になる11個の方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 早朝…
  12. 12
    怒りの対処法「アンガーマネジメント」で人間関係を円滑に
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  13. 13
    腸内環境の改善で”性格”まで変わる?!心の安定を得るための方法5つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 腸内…
  14. 14 痩せたい人が食べるべき食材|“脂肪を燃やす栄養素”の最新情報
    痩せたい人が食べるべき食材|“脂肪を燃やす栄養素”の最新情報
    知らなきゃ損! 微量でも体内で大きな力を発揮する。 微量栄養素が欠乏…
  15. 15
    春の眠気を吹き飛ばす!眠くなった時に集中力を取り戻す5つの方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ぽか…
  16. 16 仕事や家事がしんどい、やる気がわかない…心が疲れたときの対処法
    仕事や家事がしんどい、やる気がわかない…心が疲れたときの対処法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  17. 17
    ネガティブな考えにオサラバ、考え方のクセをつかみ改善する7つの方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ネガ…
  18. 18 ポッコリお腹がへこむ!道具いらずのお腹ヤセ体操
    ポッコリお腹がへこむ!道具いらずのお腹ヤセ体操
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 北海…
  19. 19
    家庭でできる食中毒予防|心がけて欲しい8つのポイント
    (編集・制作 (株)法研) 「わが家では起こるわけがない」と思ってい…
  20. 20 うまくいかない人間関係の原因は親への葛藤や感情にあるかも?
    うまくいかない人間関係の原因は親への葛藤や感情にあるかも?
    心理学用語―転移とは? 臨床心理学の用語に、『転移』という用…

一覧