1日の歩数がいくつなら健康的なの?メタボ予防のなるウォーキング

メタボや生活習慣病の下地は若いうちからつくられる

運動習慣のある成人は3人に1人。気になる若い女性の低調さ、若くてもメタボの危険、歩くことを見直そう

30歳代女性で運動習慣のある人はほぼ1割

 普段、運動を習慣的に行っていくことは、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)をはじめとする生活習慣病を予防するのに大変重要です。けれども、わが国の現状は男女ともほぼ3人に1人程度しか運動習慣を持っていないことがわかっています。今年2月に行われた東京マラソンには31万人を超える人が参加を申し込むなど、運動を楽しむ人の広がりを感じさせますが、日ごろからの運動習慣となると必ずしも喜べるような状況ではないようです。

 厚生労働省が毎年公表している『国民健康・栄養調査』の平成20年結果概要によると、「1回30分以上の運動を週2回以上、1年以上にわたって続けている」人の割合は全体(20歳以上)で男性33.3%、女性27.5%というものでした。これを年齢層別に分けてみると、はっきりした特徴が見られます。それは60歳代以上での運動習慣者の割合が比較的高いのに対し、50歳代以下での割合が低いのです。とくに気になるのは、運動習慣のある女性の割合が低いこと。20歳代16.5%、30歳代11.6%、40歳代18.4%……。子育てや家事に追われて運動どころではないのでしょうか。男性も、これらの年齢層では2割前後にとどまっています。

 これと符合するような結果が、内閣府が昨年9月に行った『体力・スポーツに関する世論調査』に見られます。その結果によると、国民の73.9%が「運動不足」を感じているというのです。これを年齢層別に見ていくと、20歳代75.1%、30歳代80.0%、40歳代86.6%、50歳代79.6%、60歳代66.5%というように、50歳代以下の世代に運動不足感が強くなっています。

 メタボ世代である40~50歳代での運動習慣者の少なさや運動不足感の高さは大変危惧されますが、若い世代でも油断してはいられません。沖縄県内の人間ドック受診者約7,000人を年齢層別に調べたところ、30歳代男性の23%がメタボ該当者だった、という調査結果もあるくらいです。メタボの下地は20歳代30歳代の若いうちから形成されます。「40歳過ぎてからでもいいや」ではなく、それ以前の若いうちから運動を習慣化しておくことは、将来のために大切なことなのです。

1日の歩数は男性9,200歩、女性8,300歩を目指そう

 習慣化するのに最も適した運動は、「歩く」ことでしょう。国民の健康増進を目的に始まった『健康日本21』運動では、「身体活動・運動」の分野で、身体活動量を増やす手段として「1日1万歩」の歩数を確保することが理想、と述べています。運動が始まった当時(平成12年)公表された日本人の歩数は1日平均で男性8,202歩、女性7,282歩と、理想歩数からだいぶ離れていました。このため、10年間の目標として男女ともあと1,000歩の増加を目指し、「男性9,200歩、女性8,300歩程度」が掲げられました。1,000歩とは約10分の歩行、距離にして600~700mです。

 ところが、前述の平成20年の『国民健康・栄養調査』では、男性は7,011歩、女性は5,945歩とむしろ少なくなっており、目標達成から逆に離れてしまっているのが実状です。『健康日本21』の運動自体が今ひとつ盛り上がりに欠けていたことはあるでしょうが、そのような掛け声がなくても自分自身の健康をどのように守っていくかを考えたなら、運動不足を自覚している人はぜひとも「歩く」ことを見直していただきたいものです。

 厚生労働省は平成18年に『健康づくりのための運動指針 2006』というものを発表しています。この中では「歩行習慣を身に付けるための6つのポイント」を示していますので、ご紹介しましょう。

(1)歩数を歩行時間で覚えましょう。10分間歩くと約1,000歩です。
(2)歩数を生活の行動パターンとして体で覚えましょう。例えば、スーパーへの買い物は何歩、通勤は何歩、といった具合です。
(3)最初から欲張らないことです。4,000歩増やす場合も、まずは1日1,000歩増やすことから始め、3カ月かけて徐々に4,000歩増やせばよいのです。
(4)歩行は連続しなくてもかまいません。1日の合計が1万歩(1週間の合計が7万歩)になるようにしましょう。
(5)日常生活の中で歩行によって移動する機会をできるだけ多く作りましょう。
(6)歩行に目的をもたせましょう。休日にはショッピングに出かけたり、史跡を訪ねたりするのもよいでしょう。

(編集・制作 (株)法研)

その他のフィットネス&リラックスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

ムリ無く続けられる歩数計ダイエット

歩数計
ダイエットするには20分以上の有酸素運動を行うと余分な脂肪が燃焼しやすくなると言われています。
有酸素運動はウォーキングやジョギング、水泳など汗ばむ程度の運動をすると行えます。
しかし辛くなって挫折してしまう事が多いです。 ... 続きを読む

赤みもくすみも下地で解決!カラーコントロールで肌色補正

今日ま待ちに待った彼とのデート。前日からバッリチ決めた服装や靴は完璧なのに、顔色が悪いなんてどうしようと焦っているあなたへ、お肌のお悩み別にカラーベースを取り入れる豆知識をご紹介したいと思います。【SOS】顔色をよくしたい!お肌の悩みを... 続きを読む

女性の人生設計は30歳までにしたい!その理由とは

新型出生前検査で「陽性」判定を受けた妊婦さんの83%が、中絶という選択をしたというニュースが報道されました。この数値に、複雑な心境になった方は多いのではないでしょうか? 新型出生前検査はなぜ注目されているのか? 日本では2013年4... 続きを読む

年々増える人間ドッグ受診者-「異常なし」は全体の8.4%

人間ドックを受診した人で「異常なし」、すなわち健康上の問題が何もないと判定された人は、全体のわずか8.4%しかいなかったことが明らかにされました。日本人間ドック学会は前年1年間の全国の人間ドック受診者の集計データを毎年公表しており、これは... 続きを読む

子どものメタボは大人より危険-食生活の6つの注意点

子どもの肥満を、「元気でいい」と楽観視するのは考えもの。幼児の肥満は学童期の肥満に、学童期の肥満は思春期の肥満につながり、成人の肥満へとつながりやすいのです。肥満は糖尿病をはじめ、高血圧や脂質異常症、脂肪肝、睡眠時無呼吸症候群などの生活習... 続きを読む

メタボは「肝臓がん」を引き起こす引き金に

こうしてメタボがガンを引き起こす

脂肪(特に内臓脂肪)が増えると、インスリンの働きを抑える物質が血液中に増え、インスリンの働きがいっそう低下します。するとブドウ糖があふれて高血糖が進み、働きの悪さを量でカバーするためにインスリンが増... 続きを読む

30歳を過ぎたらこれは着ちゃダメ!大人レディの正しいモテ服選び

年齢に見合ったファッションをするのが洗練された大人。若々し過ぎる色や柄は痛く見えるだけだし、かといって無難にまとめたら老け込むだけ。なら、一体何を着れば良いの!?悩めるアラサー・アラフォーレディにオススメする正しいモテ服の選び方。そして... 続きを読む

レティシア王妃 国民から愛されるBeauty

痩せた!太った!がすぐ話題になるハリウッド。 だからこそ、美しくなる方法を一番良く&いち早く知っているはず! 美しいセレブの秘訣をBe Dietロス特派員がリポート! 82 レティシア妃 Letizi... 続きを読む

快適な睡眠がメタボ予防になる-守って欲しい3か条

わが国では、成人の5人に1人が不眠など何らかの睡眠の問題を抱えているといわれています。日本では睡眠障害というと精神科で扱われることがほとんどですが、実は、睡眠はメタボリックシンドローム(以下、メタボ)や生活習慣病といった内科的な症状や病気... 続きを読む

食べ応えたっぷり!メタボ解消豆乳スープダイエット

豆腐と豆乳で、大豆、しいたけ、ネギを煮込んだ真っ白でほっこりあったかいメタボ解消豆乳スープなら、おいしく食べるだけで、気になるメタボの予防、改善に!
もちろんダイエット効果も期待できるから、楽しく続けて、... 続きを読む