1日の歩数がいくつなら健康的なの?メタボ予防のなるウォーキング

メタボや生活習慣病の下地は若いうちからつくられる

運動習慣のある成人は3人に1人。気になる若い女性の低調さ、若くてもメタボの危険、歩くことを見直そう

30歳代女性で運動習慣のある人はほぼ1割

 普段、運動を習慣的に行っていくことは、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)をはじめとする生活習慣病を予防するのに大変重要です。けれども、わが国の現状は男女ともほぼ3人に1人程度しか運動習慣を持っていないことがわかっています。今年2月に行われた東京マラソンには31万人を超える人が参加を申し込むなど、運動を楽しむ人の広がりを感じさせますが、日ごろからの運動習慣となると必ずしも喜べるような状況ではないようです。

 厚生労働省が毎年公表している『国民健康・栄養調査』の平成20年結果概要によると、「1回30分以上の運動を週2回以上、1年以上にわたって続けている」人の割合は全体(20歳以上)で男性33.3%、女性27.5%というものでした。これを年齢層別に分けてみると、はっきりした特徴が見られます。それは60歳代以上での運動習慣者の割合が比較的高いのに対し、50歳代以下での割合が低いのです。とくに気になるのは、運動習慣のある女性の割合が低いこと。20歳代16.5%、30歳代11.6%、40歳代18.4%……。子育てや家事に追われて運動どころではないのでしょうか。男性も、これらの年齢層では2割前後にとどまっています。

 これと符合するような結果が、内閣府が昨年9月に行った『体力・スポーツに関する世論調査』に見られます。その結果によると、国民の73.9%が「運動不足」を感じているというのです。これを年齢層別に見ていくと、20歳代75.1%、30歳代80.0%、40歳代86.6%、50歳代79.6%、60歳代66.5%というように、50歳代以下の世代に運動不足感が強くなっています。

 メタボ世代である40~50歳代での運動習慣者の少なさや運動不足感の高さは大変危惧されますが、若い世代でも油断してはいられません。沖縄県内の人間ドック受診者約7,000人を年齢層別に調べたところ、30歳代男性の23%がメタボ該当者だった、という調査結果もあるくらいです。メタボの下地は20歳代30歳代の若いうちから形成されます。「40歳過ぎてからでもいいや」ではなく、それ以前の若いうちから運動を習慣化しておくことは、将来のために大切なことなのです。

1日の歩数は男性9,200歩、女性8,300歩を目指そう

 習慣化するのに最も適した運動は、「歩く」ことでしょう。国民の健康増進を目的に始まった『健康日本21』運動では、「身体活動・運動」の分野で、身体活動量を増やす手段として「1日1万歩」の歩数を確保することが理想、と述べています。運動が始まった当時(平成12年)公表された日本人の歩数は1日平均で男性8,202歩、女性7,282歩と、理想歩数からだいぶ離れていました。このため、10年間の目標として男女ともあと1,000歩の増加を目指し、「男性9,200歩、女性8,300歩程度」が掲げられました。1,000歩とは約10分の歩行、距離にして600~700mです。

 ところが、前述の平成20年の『国民健康・栄養調査』では、男性は7,011歩、女性は5,945歩とむしろ少なくなっており、目標達成から逆に離れてしまっているのが実状です。『健康日本21』の運動自体が今ひとつ盛り上がりに欠けていたことはあるでしょうが、そのような掛け声がなくても自分自身の健康をどのように守っていくかを考えたなら、運動不足を自覚している人はぜひとも「歩く」ことを見直していただきたいものです。

 厚生労働省は平成18年に『健康づくりのための運動指針 2006』というものを発表しています。この中では「歩行習慣を身に付けるための6つのポイント」を示していますので、ご紹介しましょう。

(1)歩数を歩行時間で覚えましょう。10分間歩くと約1,000歩です。
(2)歩数を生活の行動パターンとして体で覚えましょう。例えば、スーパーへの買い物は何歩、通勤は何歩、といった具合です。
(3)最初から欲張らないことです。4,000歩増やす場合も、まずは1日1,000歩増やすことから始め、3カ月かけて徐々に4,000歩増やせばよいのです。
(4)歩行は連続しなくてもかまいません。1日の合計が1万歩(1週間の合計が7万歩)になるようにしましょう。
(5)日常生活の中で歩行によって移動する機会をできるだけ多く作りましょう。
(6)歩行に目的をもたせましょう。休日にはショッピングに出かけたり、史跡を訪ねたりするのもよいでしょう。

(編集・制作 (株)法研)

その他のフィットネス&リラックスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

子どものメタボは大人より危険-食生活の6つの注意点

子どもの肥満を、「元気でいい」と楽観視するのは考えもの。幼児の肥満は学童期の肥満に、学童期の肥満は思春期の肥満につながり、成人の肥満へとつながりやすいのです。肥満は糖尿病をはじめ、高血圧や脂質異常症、脂肪肝、睡眠時無呼吸症候群などの生活習... 続きを読む

快適な睡眠がメタボ予防になる-守って欲しい3か条

わが国では、成人の5人に1人が不眠など何らかの睡眠の問題を抱えているといわれています。日本では睡眠障害というと精神科で扱われることがほとんどですが、実は、睡眠はメタボリックシンドローム(以下、メタボ)や生活習慣病といった内科的な症状や病気... 続きを読む

腎臓病とメタボの危険な関係‐食生活4つのポイント

いま関心の高いメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)は、内臓脂肪型肥満に、高血圧、高血糖、脂質異常などの危険因子がいくつか重なった状態です。放っておけばほぼ確実に動脈硬化に進み、それはすなわち、心筋梗塞や脳梗塞といった死につながる病気... 続きを読む

食べ応えたっぷり!メタボ解消豆乳スープダイエット

豆腐と豆乳で、大豆、しいたけ、ネギを煮込んだ真っ白でほっこりあったかいメタボ解消豆乳スープなら、おいしく食べるだけで、気になるメタボの予防、改善に!
もちろんダイエット効果も期待できるから、楽しく続けて、... 続きを読む

酢の健康パワーを取り入れよう! 1日大さじ1杯で8つの健康効果

人類最古の発酵調味料といわれる酢。最近はその健康効果が注目され、お店には色々な種類の酢が並び、酢を使ったドリンク商品がよく売れています。黒酢カフェやビネガーバーなども話題になっています。
食品成分表には食酢類として穀物酢、米酢、果実酢... 続きを読む

ウォーキングとカテキンで予防-メタボと隠れ肥満

厚生労働省『平成16年国民健康・栄養調査』によると、男性では20歳以上の肥満者(BMI 25以上)の割合が、ここ20年間で増え続けています。とくに30~60歳代では平成16年の肥満者は30%前後に達しており、現代の中高年男性はまさにメタボ... 続きを読む

腎臓のはたらきとは? 腎臓病になりやすい人の6つの特徴

ものごとの重要なポイントを表すのに「肝腎」という言葉が使われます。腎とは文字通り腎臓のこと。肝臓と並んで人の命を左右する重要な臓器です。
腎臓の位置は腰より少し上の背中側で、左右1つずつあり、大きさはその人の握りこぶしより少し大きいくら... 続きを読む

認知症と物忘れのちがいとは? 認知症を見分ける8つのチェック

昔見た洋画の主演俳優の名前が出てこない、重要な書類をどこにしまったか思い出せない――こんな「もの忘れ」の経験はありませんか?
年をとれば誰にでもあること、と気楽に考えることができる一方で、そんなことが時々あると、「もしかして悪い病気?」と... 続きを読む

赤みもくすみも下地で解決!カラーコントロールで肌色補正

今日ま待ちに待った彼とのデート。前日からバッリチ決めた服装や靴は完璧なのに、顔色が悪いなんてどうしようと焦っているあなたへ、お肌のお悩み別にカラーベースを取り入れる豆知識をご紹介したいと思います。【SOS】顔色をよくしたい!お肌の悩みを... 続きを読む

50歳を超えても変わらぬスタイルサラ・ジェシカ・パーカー

痩せた!太った!がすぐ話題になるハリウッド。 だからこそ、美しくなる方法を一番良く&いち早く知っているはず! 美しいセレブの秘訣をBe Dietロス特派員がリポート! 135 サラ・ジェシカ・パーカー ... 続きを読む