こってり&甘い味が好きな人は太りやすい-味覚は10代で決まる

大規模調査でわかった味の好みと体重増加のコワ~イ関係

味の好みでわかる肥満のリスク、年々増える肥満児、10代で味覚形成、早いうちからの対策が必要

女性は甘い味にも注意が必要

 食べものの好みと肥満との連想で、「こってり」味や「甘い」味を好きな人については、「何となく太りそうだな」というイメージがありませんか? 「いや、そんなのは偏見だ」という反論もあるかもしれませんが、実はそのイメージは正解です。

 これは、厚生労働省の大がかりな調査で明らかにされたことです。厚労省の調査開始は平成2年。秋田・岩手・長野・沖縄の各県でアンケート調査に答えてくれた男女約3万人(年齢40~59歳)について、20歳から調査時までの体重増加(5kg以上)のリスクと味覚との関連を調べました。
 その結果、こってり味が「好き」な人は「嫌い」な人に比べて男性1.45倍、女性1.28倍と肥満のリスクが高いことが分かりました。好き・嫌いの「どちらでもない」という人でも、それぞれ1.13倍、1.11倍と高くなっていました。甘い味については、女性では「好き」という人は「嫌い」という人よりリスクが1.22倍高く、男性では大きな差はありませんでした。

 調査はまだあります。調査時からその後の10年間での体重の変化もみたのです。そうすると、こってり味では大きな差はありませんでしたが、甘い味については男女とも、「好き」な人と「どちらでもない」人は、「嫌い」な人より明らかに体重が増えていました。

 これらの結果について調査をまとめた研究班の専門家は、20歳代30歳代でこってり味の好きな人は太りやすいこと、さらに女性は甘い味も要注意で、肥満対策は味の好みを考慮して20歳以前から行うべき、とコメントしています。

10代半ばで決まる味覚が生涯に影響を及ぼす

 さて、この厚労省の調査結果を一番お知らせしたいのは、いま子育て中のお母さんです。というのは、人間の味覚は10代半ばくらいまでに発達し、そのころに決まった味の好みが、生涯にわたって影響を及ぼすといわれます。育ち盛りの子どもにどんな料理を食べさせるか、親の目の届かないところでどんなものを口にしているか、こういうことに目配りのできる人は、お母さんをおいてほかにはありません。

 残念ながら、いまの日本の子どもの状況はあまり芳しくありません。文部科学省が毎年まとめている「学校保健統計調査」から、肥満の子が年齢別にみて全体の中でどれくらいの割合でいるか(「年齢別肥満傾向児の出現率」)を、昭和62年(1987年)、平成9年(1997年)、平成19年(2007年)と10年ごとに比べてみたのが下の表です。
 この表を見れば一目瞭然、年を追うごとに肥満児が増えているのがよくわかります。

わが子を肥満にさせない味覚づくりを

 人類の歴史はほとんどが飢えとの闘いだったので、高エネルギーで満腹感をもたらしやすい甘いものや、脂っこく、こってりした味の食べものが人類は大好きなのだ、という説があります。

 飢えることなど考えられない現代の日本ですが、甘い味、こってり味の食べものは身の回りにあふれています。親が何の考えもなしに「育ち盛りだから」とこうした食べものを作ったり、買い与えたりしたら、また、そういう味覚が染みついてしまった子どもたちが買い食いなどしていたら、その結果は火を見るよりも明らかというものでしょう。

 言い古された表現ですが、「肥満は万病のもと」はいまも真実です。お子さんを将来、肥満にさせないための味覚づくりを、子育て中から真剣に考える必要がありはしないでしょうか。

その他のフィットネス&リラックスコラム

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1 妊娠中のセックス、みんなどうしてる? セックスしていい時期、悪い時期って?
    妊娠中のセックス、みんなどうしてる? セックスしていい時期、悪い時期って?
    約10ヶ月にも及ぶ妊娠期間中。この間、セックスはしてもいいの? …
  2. 2 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  3. 3
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  4. 4 妊娠中でもSEXを楽しんで! 妊娠中のセックスをエンジョイするあの手、この手
    妊娠中でもSEXを楽しんで! 妊娠中のセックスをエンジョイするあの手、この手
    妊娠していても、体調がよければセックスは可能。産後のセックスレスを予防…
  5. 5 スマホ依存症にはどんな悪影響が?ドーパミンが依存に導く怖い現実
    スマホ依存症にはどんな悪影響が? ドーパミンが依存に導く怖い現実
    最近では、持っていない人を探す方が難しいスマートフォン普及率。便利なツ…
  6. 6
    妊娠中のエクスタシーはOK? セックスで気をつけたい5ポイント
    体調がよければ、妊娠中にセックスをしても大丈夫。でもいつもと違う状況な…
  7. 7 女の子の産み分けにチャレンジ! 女の子産み分けの鉄則4
    女の子の産み分けにチャレンジ! 女の子産み分けの鉄則4
    「かわいい洋服を着せたいから」「一人目が男の子だから」など、女の子を授…
  8. 8
    更年期障害チェック方法「あなたの更年期レベルをチェック」
    さまざまな症状が出る更年期。その症状は100人100様ともいわ…
  9. 9 女性の胸の大きさはどうやって決まるの? 遺伝or体質?
    女性の胸の大きさはどうやって決まるの? 遺伝or体質?
    女性らしさの象徴といえば、バスト。胸の大きさに悩む人は、遺伝や体質と諦…
  10. 10 老けたくない人はDHEAホルモンを増やすと良い!? 若さを保つ秘訣
    老けたくない人はDHEAホルモンを増やすと良い!? 若さを保つ秘訣とは
    今注目の若返りホルモン「DHEA」を食生活でキープしよう 体…
  11. 11
    足の小指が痛い人は要注意 「内反小趾」を治してサンダル美人に
    素足にサンダルを履くことの多い季節、足のトラブルには気をつけた…
  12. 12
    【医師が教える】猛暑も元気に乗り越えられる、夏バテの防ぎ方
    胃腸の冷えと栄養失調を防げば猛暑の夏も健康で過ごせる!! 夏バテの原因…
  13. 13 子宮筋腫の症状は?
    注意して!子宮筋腫の症状チェック。筋腫が大きくなると 肺や心臓まで圧迫する場合も
    子宮筋腫の自覚症状には個人差があり、かなり大きくなるまで無症状というこ…
  14. 14
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    外見からはわからない障害を抱えている人がつけるマークを知っていますか?…
  15. 15 「昼顔」紗和「あなそれ」美都から見える、不倫に陥りやすい女性の特徴
    「昼顔」紗和「あなそれ」美都から見える、不倫に陥りやすい女性の特徴
    波瑠さん演じる「ヒロインの美都がクズすぎる!」と、批判の声が上がり大き…
  16. 16 産後もいいセックスライフを送りたい! 産後のセックスはどう変わる?
    産後もいいセックスライフを送りたい! 産後のセックスはどう変わる?
    以前の体に戻り始める産後。「前よりゆるくなる?」などの不安を解消して、…
  17. 17 男の子の産み分けにチャレンジ! 男の子産み分けの鉄則4
    男の子の産み分けにチャレンジ! 男の子産み分けの鉄則4
    せっかく妊娠するなら、できれば希望の性別の子を授かりたいと思うのは自然…
  18. 18
    大黒摩季が克服した『子宮腺筋症』ってどんな病気?【芸能人の健康まとめ】
    子宮疾患の治療のため活動休止中だったシンガー・ソングライターの大黒摩季…
  19. 19 仕事中でもできる簡単ストレッチ-足の冷えとむくみを解消!
    仕事中でもできる簡単ストレッチ-足の冷えとむくみを解消!
    脚全体の筋肉を使って循環を促し、冷えやむくみを改善 足、ひざ…
  20. 20 妊娠検査薬が陰性でも妊娠の可能性がある5つの理由|生理が遅れた原因
    妊娠検査薬が陰性でも妊娠の可能性がある5つの理由|生理が遅れた原因
    市販の妊娠検査薬はとても正確。なかには、精度が99%と言われるものまで…

一覧