「いかり肩」と「なで肩」の肩こりは種類が違う!それぞれの解消法

「いかり肩」と「なで肩」。タイプで異なる肩・首こり解消法

自分がいかり肩か、なで肩かを見極め、効果的にストレッチ。弱っている筋肉を鍛えよう

「いかり肩」か「なで肩」かで、効果的なストレッチの仕方は異なる

 「仕事の合間に簡単ストレッチ」2回目の今回は、1回目に続いて肩こり・首こり解消のためのストレッチを紹介します。
 肩や首のこりは、首から肩周りの筋肉に過剰に負担がかかる人によくみられる症状です。特に長時間パソコンを使用する人は、キーボードをたたくとき無意識に肩を固定し、力をこめています。さらに背中を丸め頭だけ起こして画面を見ている姿勢では、重い頭を支えるために首から肩の筋肉は常に緊張しています。
 緊張して硬くなった筋肉が血管を圧迫し、血行不良からこりや痛みを引き起こすことは前回述べたとおりです。(「仕事の合間に簡単ストレッチ1 肩甲骨周り」)。

 首や肩がこったとき、自然と首を傾けたり回したりしていることがあるでしょう。でも、その動作はあなたにとって効果的でしょうか? 実は、「いかり肩」か「なで肩」かによって、伸ばしたほうがよい筋肉と伸ばしてはいけない筋肉とがあり、効果的なストレッチの仕方は異なるのです。

 自分がいかり肩か、なで肩かの見分け方は簡単。鎖骨のラインが外側に向って上がっていたらいかり肩、下がっていたらなで肩です。デスクワークが多く、猫背で頭を前につき出している人は、肩が上がった状態で固定されていかり肩になりやすく、現代女性はこのタイプが多くなっています。このように、いかり肩・なで肩の違いは、元々の体型よりもむしろ普段の姿勢のほうが大きな要因となっています。

 それでは、それぞれのタイプに効果的な肩こり・首こりの対処法を紹介しましょう。

首を倒して回してストレッチ。なで肩の人はストレッチしてはいけない筋肉も

 首こり・肩こりに関係している主な筋肉に、「僧帽筋」と「肩甲挙筋」があります。僧帽筋は後頭部から肩関節、背中までを広く覆う菱形の筋肉で、腕や肩を持ち上げる働きをする「上部線維」と、肩や肩甲骨を引き下げる「下部線維」があります。肩甲挙筋は、首から肩甲骨をつないでいる筋肉で、肩甲骨を持ち上げる働きをしています。

 両肩が持ち上がったいかり肩の人は、僧帽筋上部線維と肩甲挙筋の両方が硬くこって縮んでいますから、この2つの筋肉をストレッチするのが効果的です。

 一方なで肩の人の場合、肩甲挙筋は使い過ぎで硬くなっているためストレッチするとよいのですが、僧帽筋上部線維は、腕の重みに負けて伸びてしまっている状態ですから、ストレッチは逆効果になります。

 上記の理由で、いかり肩の人は次の(1)肩甲挙筋のストレッチと(2)僧帽筋上部線維のストレッチの両方を、なで肩の人は(1)だけを行います。

(1)肩甲挙筋のストレッチ(いかり肩の人、なで肩の人ともに行う)
 いすに座って背筋を伸ばし、左手で右肩が上がらないように押さえ、首を左側に倒しながら左に回し、鼻を左の肩に近づけましょう。右手は床方向に伸ばすようにします。反対側も同じように行いましょう。

(2)僧帽筋上部線維のストレッチ(いかり肩の人のみ行う)
 いすに座って背筋を伸ばし、左手で右肩が上がらないように押さえ、首を左側に倒しながら右に回し、左の耳を肩より前に出しましょう。右手は床方向に伸ばすようにします。反対側も同じように行いましょう。

 ストレッチングの時間は、左右それぞれ30秒間を目安に3セットずつ行いましょう。勢いをつけたり、無理に伸ばすことは避けましょう。

 また、いかり肩の人は僧帽筋下部線維が弱く、なで肩の人は僧帽筋上部線維が弱いので、それぞれ鍛えることをおすすめします。これも、簡単にやり方を紹介しておきましょう。

●いかり肩の人の僧帽筋下部線維の鍛え方
 背筋を伸ばして立ち、両肩を軽く上げてからストンと落とし、肩の力を抜きます。次に両手をお尻の後ろで組んで下に向って伸ばし、さらに肩を肩甲骨ごと下げるようにします。このときおなかは引っ込め、腰が反らないようにします。

●「なで肩」の人の「僧帽筋上部線維」の鍛え方
 両ひじを曲げて腕を横に開き、ひじを肩より高く上げる。ひじと肩の角度はそのままに、肩甲骨ごと上に引き上げるようにします。ひじが伸びたりしないように、肩甲骨が持ち上がっていることを確認しながら行います。

 それぞれ10~20回ずつ、こったかなと思ったら行いましょう。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
竹井 仁先生


首都大学東京健康福祉学部理学療法学科 教授
昭和62年に理学療法士となる。平成9年3月に筑波大学大学院リハビリテーション修士、平成14年10月に東邦大学大学院医学研究科にて医学博士授与。東京都理学療法士会副会長。専門は、徒手療法、神経筋骨関節疾患、運動学。著書に『たるみリセット』、『不調リセット』(いずれもヴィレッジブックス)、ほかに理学療法学関係の専門書多数。テレビ出演や雑誌掲載も多数。

その他のフィットネス&リラックスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

肩こりは首や肩甲骨のこりからきている? 肩甲骨をほぐすストレッチ

日本人は男女ともに多くの人が肩こりに悩まされています。厚生労働省の調査によると、気になる自覚症状のなかで、肩こりは女性で第1位、男性で第2位でした(「平成25年 国民生活基礎調査」より)。
一言で肩こりといっても、原因がはっきりしてい... 続きを読む

背中のツボとマッサージのやり方 一番疲れが出る腰をリフレッシュ

自分では触れない、触れても押せない場所が腰背部です。座りっぱなしや立ちっぱなし、あるいは緊張した1日を過ごしたあとで、背中や腰が痛くなったり、張って重だるくなったりすることがありますね。そんな1日の終わりに、腰背部のマッサージはリラックス... 続きを読む

やせた、なで肩女性に多い胸郭出口症候群とは?姿勢やPC作業に注意

腕のしびれやだるさ、痛みのために、電車のつり革につかまっているのがつらいことはありませんか?
逆に、ずっと手を下げていても同じような症状が出ることもあります。こうした痛み、しびれ、だるさは腕だけでなく、首から肩、背中の肩甲骨周辺に現れたり... 続きを読む

自宅でできるヘッドマッサージのやり方-頭のツボをイラストで解説

このシリーズでは、6回目から「パートナーにやってあげて喜ばれるマッサージ」を紹介しています。このところ、東日本大震災の影響でちょっと緊張が強いという方が多く見られます。こういうときこそ、ぜひパートナーの体を触ってあげてほしいと思います。手... 続きを読む

筋トレダイエット 筋線維編

筋線維(赤筋・白筋)とスローリフティングトレーニング クローズアップ筋肉 毎号取り上げる筋肉をリアルなイラストで解説します。 今月は「筋線維(赤筋・白筋)」。 続きはこ... 続きを読む

肩こりを解消するダイナミック・ストレッチング-座ってできる簡単体操

ストッレチングとは、筋肉や腱、関節などを引き伸ばすこと。スポーツなどで行うウォームアップ(準備運動)やクールダウン(整理運動)はもちろん、仕事や家事、勉強の合間にも、疲れを感じたときに伸ばす癖をつけると、疲労回復に大きな効果があります。 ... 続きを読む

寝るだけでスリムに!「肩甲骨枕」ダイエット

肩甲骨枕
肩甲骨とは、呼吸をする時に動かす筋力で、ストレスなどが原因で呼吸が浅くなってしまうと、肩甲骨周辺の筋力が鈍り、肩こりの原因になったり代謝が悪くなってしまいます。
肩甲筋は「褐色脂肪燃焼細胞」という通常より燃やしやすい細胞が集... 続きを読む

首美人の条件は肩甲骨の位置にあった!簡単ストレッチで肩甲骨を正しい位置へ

首筋が美人な人はスラリとしており、はたから見ていても美しいなと感じますね。そんな首美人には猫背の人はいません。いつもキリッと立っていますし、座っています。 それには、肩甲骨が関係しているようです。 首美人の条件は肩甲骨の位置にあった!簡... 続きを読む

意外に疲れがたまってる、腕や手釘のリフレッシュ方法とは

パソコン作業や家事などで連続して手を使う作業が続くと、肩こり・首こりだけでなく、腕から指先まで重だるく感じられることがあるでしょう。これは、長い時間手を酷使することで首・肩から腕、手にかけての筋肉が疲れ、血液循環が悪くなったために起こって... 続きを読む

右を向いても左を向いてもチョコレートだらけ。ダイエット中は絶対ダメですよね?

栄養IQを高める!~今回の解説~ Q. 右を向いても左を向いてもチョコレートだらけ。ダイエット中は絶対ダメですよね? A. NO……チョコの種類、量、食べる時間を考えれば大丈夫ですよ。 ... 続きを読む