首のコリをほぐし目の疲れをとる-仕事の合間に簡単ストレッチ

首の後ろのこりをほぐして目の疲れ、頭痛を解消

マッサージで表面からほぐし、次にストレッチで体の奥からじんわりほぐす。

後頭部と首をつなぐ筋肉のこりは、目の疲れや頭痛、耳鳴りなどの原因にも

 「仕事の合間に簡単ストレッチ」では、2回にわたって肩こり・首こり解消のストレッチを紹介してきました。今回は、首の後ろのこりや痛みはもちろん、目の疲れや頭痛にも効くストレッチです。

 首の後ろが凝って硬くなると、首のこりや痛みだけでなく、目の疲れやかすみ、頭痛、耳鳴り、腕のしびれなどを起こすことがあるため注意が必要です。
 首こりは、猫背であごが前に出たような人に多くみられますが、そういう人は頭と首をつないでいる後頭下筋群(こうとうかきんぐん)という筋肉群(後頭部と首の境目、中央部のくぼみにある)が硬く凝っています。

 物を見るとき、後頭下筋群は目の動きに合わせて微細な動きをするとともに、頭がぶれないように固定しています。このため長時間パソコン作業をするときなどは、この筋肉はずっと緊張状態が続いて疲労し、硬くなってしまいます。
 後頭下筋群のある場所には、頭の後ろ側や目、耳につながる神経が密集していて、後頭下筋群が硬くなるとこれらの神経が圧迫され、目の疲れやかすみ、頭痛、耳鳴りなどの原因になるのです。

 だから、首こりからくる目の疲れや頭痛の解消には、この後頭下筋群をほぐしてあげることが大切です。まずは簡単なマッサージで、頭のつけ根から首の後ろのラインに沿ってほぐしていきましょう。

 まず両手を後頭部のくぼみに置き、人差し指と中指をそろえて小さな「の」の字を描くように左右の手を回します。後頭下筋群は骨のきわの少し奥にあるので、指を奥に奥にと差し込むようにして、気持ちよいくらいの力で10秒ほど回しましょう。次に少し下にずらしながら「の」の字を書くようにしていき、肩と首のつけ根のあたりまで5カ所くらいに分けて少しずつマッサージしましょう。
 とても気持ちがよく、血行がよくなっていきますので、目の疲れがとれてすっきりするでしょう。疲れない程度に行いましょう。

あごを引いて後頭下筋群と大胸筋をストレッチ

 マッサージで首の後ろを表面からほぐしたら、今度はストレッチで、体の奥のほうからじんわりほぐしていきましょう。
 後頭下筋群が硬くなっている人はあごを前に突き出した姿勢になっていることが多いので、まずあごを引くということが大切です。また、猫背にもなっているので胸を張ることも大切です。

(1)両手を組んで後頭部のくぼみに当てます。そして、首の前側の筋肉を意識して、あごをのど仏に近づけるようにうなずき、後頭下筋群をストレッチします。そのとき、両手で頭を斜め上に引き上げてストレッチを補助します。

(2)両手の位置はそのままに、今度は胸の後ろの背筋群を使って胸を張り、大胸筋(胸板)をストレッチします。このとき腰が反らないように、両ひざを股関節より高い位置にしておくとよいでしょう。あごを上げないように、正面を見るようにします。

 ストレッチングの時間は、(1)(2)それぞれ30秒間を目安に3セット行います。勢いをつけたり、無理に伸ばすことは避けましょう。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
竹井 仁先生


首都大学東京健康福祉学部理学療法学科 教授
昭和62年に理学療法士となる。平成9年3月に筑波大学大学院リハビリテーション修士、平成14年10月に東邦大学大学院医学研究科にて医学博士授与。東京都理学療法士会副会長。専門は、徒手療法、神経筋骨関節疾患、運動学。著書に『たるみリセット』、『不調リセット』(いずれもヴィレッジブックス)、『肩こりにさよなら!』(自由国民社)、ほかに理学療法学関係の専門書多数。テレビ出演や雑誌掲載も多数。

その他のフィットネス&リラックスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

肩こり・首こりに効く-座ったままできる仕事の合間のストレッチ

肩や首のこりで悩んでいる人は多いでしょう。特に仕事で長時間デスクワークを行う人には、ひどいこりに悩まされる人が少なくありません。
肩こり・首こりは、多くの場合首から肩甲骨にかけての筋肉が緊張することで起こっています。緊張して硬くなった... 続きを読む

全身のこりや疲れ、ストレスを解消!いつでもできる“ながら”ほぐしで心身すっきり

こんにちは。美姿勢インストラクターの美宅玲子です。運動のために時間を捻出して行うことは、ハードルが高く感じられる方もいると思います。買い物のついでにウォーキングをする、テレビを見ながら腹筋運動をするなど、“ついで”や“ながら”の方が行う... 続きを読む

急増してる!? 左の後頭部に起こる頭痛の原因とは

慢性頭痛に悩む人の人数は?
日常的に頭痛が繰り返されることを、慢性頭痛と言います。


何らかの原因で、頭部血管の拡張、筋肉の緊張、神経の圧迫、炎症や出血があったりすると頭痛が起こってきます。
頭が痛い 考えられる主な病気 - ... 続きを読む

男の加齢臭は30代から始まる!? 後頭部が臭いだしたら対策を

「加齢臭」などという言葉が一般的になりましたが、臭いが気になるのはおじさんだけじゃありません。夏が近づくにつれ、30~40代の働き盛り男性の臭いも気になってくるようです。 「そういえば最近、彼の後頭部がちょっと臭うかも」と心当たる人は... 続きを読む

後ろ姿見ダイエットで目指せスタイルアップ

後ろ姿見
ひとは誰しも鏡にうつる自分の姿を見て、身だしなみを整えたりスタイルのチェックをします。顔は化粧などでカバーできるにしても、自分の後ろ姿をチェックする機会は少ないのではないでしょうか?後ろ姿に現れる年齢をごまかすのはなかなか難し... 続きを読む

首がこらないうなずき方って?首コリを予防する姿勢のつくり方!

こんにちは。美姿勢インストラクターの美宅玲子です。首コリや肩こりになりやすい方に、コリが出てくるきっかけは、長時間のデスクワークやスマホ操作、抱っこや崩れた姿勢での動作など、不自然な姿勢があるのではないでしょうか。原因をなくしていけば、... 続きを読む

ボディメンテナンス・ダイエット11 足のむくみに効くストレッチ

BM(ボディメンテナンス)ダイエットは、手軽にできて元気な体をつくるダイエット方法です(「ボディメンテナンス・ダイエット
1」)。今回は、足の疲れや冷え、むくみを改善するエクササイズを紹介します。
心臓から最も遠い手足の先は、血流量の... 続きを読む

猫背を治すにはまずは首から-ストレートネックの解消法

1日デスクワークでパソコン作業が多く、仕事の行き帰りは電車の中でスマホとにらめっこ!
これではかなり長時間パソコンやスマホに向っていることになりますが、そんな人が少なくないようです。
パソコンやスマホを使っているとき、たいていの人は背... 続きを読む

首100たたきのやり方

どうすれば!? 首100たたきで 白鳥ネックになれるの? 首を刺激する方法は押したりさすったり、いろいろありますが、実は首の皮膚は薄くてデリケート。爪を立てずに指でリズミカルに軽くたたくぐらいが負担が少... 続きを読む

一重や奥二重でもできる!自分の魅力を最大限に活かす、アイシャドウテクニック

最小限の量で最大限のキレイを実感できるナチュラルメイク。アイメイクもアイシャドウ1色でも立体的になり、目元が明るく輝く仕上がりにできます。一重や二重という形にこだわらず誰でも簡単にできるアイシャドウのナチュラルメイクメソッドをご紹介しま... 続きを読む