健康維持と老化防止のためにこれだけはしておきたい5つのこと

若く健康でいるために錆びない体をつくる5つのポイント

最近感じる老化の原因は活性酸素にあった!? 体を錆びから守り若い体を取り戻すために必要なこととは?

体が老化する原因は、活性酸素の増加!?

 “体が錆びる”という言葉を聞いたことはありませんか? これは体が老化していることを指し、実年齢より老けて見えたり、不定愁訴などの症状があらわれます。そして、原因を作っているのが「活性酸素」です。

 活性酸素は、呼吸で酸素を取り入れて二酸化炭素を吐き出すときに、体内に残る燃えかすのようなもの。微量の活性酸素は、白血球と結びついて細菌などの異物を攻撃する働きをしますが、活性酸素が必要以上に増えると、今度は健康な細胞まで傷つけてしまいます。これが体の酸化、つまり錆びて老化が進むメカニズムです。

 活性酸素が増える要因として、紫外線や排気ガス、アルコール、喫煙、電磁波などがありますが、ストレスもその一つです。

 仕事や人間関係、緊張を強いられる場面などでストレス感じると、それに対抗するために「コルチゾール」という物質が分泌されます。コルチゾールは、ストレスに対抗するために血糖値や血圧を上げて、必要なエネルギーを作り出すホルモンです。ただ、コルチゾールと同時に発生するのが活性酸素です。ストレスが続きコルチゾールがしょっちゅう出ている状態は、活性酸素の量も増やすことになります。

 20代の頃は活性酸素を除去する酵素が体の中でたくさん作られますが、年をとるにつれてその量も少なくなります。最近、以下のような症状があらわれてきたと感じることはありませんか?

● 以前に比べてシミやシワが増えた
● 白髪、抜け毛が増えた
● 筋肉がたるんできた。運動していないのに筋肉の張りが気になる
● 風邪をひきやすくなった
● 気分が沈むことが多くなった。イライラするようになった
● 甘いものを食べる量が増えた
● お酒の量が増えた
● 間食が増えた
 このように、体の酸化によってさまざまな症状があらわれます。4つ以上当てはまる人は、すでに体の老化が進んでいるかもしれません。

今日から始める健康で美しい体づくり

 体を酸化させずに若く健康に保つには、食生活や行動の見直しが必要です。まずは、5つのポイントを普段の生活に取り入れてみましょう。

1 抗酸化作用のある食材を摂る
 緑黄色野菜、グレープフルーツや、“スーパーフード”といわれるブロッコリー、ベリー系には抗酸化作用があります。ブルーベリーやラズベリーなどのドライフルーツが入ったグラノーラは、手軽に食べられて便利です。

2 サプリメントを活用する
 抗酸化作用のあるビタミンCやコエンザイムQ10のサプリメントを活用しましょう。とくにビタミンCは、夜寝る前に摂取するのがオススメです。寝ている間にコルチゾールによる体の酸化を防ぎ、朝の目覚めもスッキリです。

3 ゆっくり食べるように心がける
 食材の細胞を粉々にしたほうが、体への吸収率が高まり消化器官に負担もかけません。老化防止にもつながるので、ゆっくりよく噛んで食べましょう。消化器官に負担をかけずに栄養を吸収してくれるグリーンスムージーなどを食事に取り入れるのもオススメです。

4 筋肉トレーニングとストレッチを行う
 筋肉を刺激する筋トレは、健康を維持するのに大切です。週2回程度、翌日軽い筋肉痛になるレベルで行いましょう。また、副交感神経を刺激して体をリラックスした状態にするストレッチも忘れずに。就寝前に行うと、手足の末端まで血管が広がり体がポカポカになり、心地よい眠りにつくことができます。

5 ネガティブ思考にならないように心がける
 コルチゾールの分泌を減らすために、ストレスをためない工夫を。まだ起きてない先のことまで考えて不安になるより、「なるようになる!」という気持ちを持つように心がけましょう。

 この5つのポイントを普段から心がけることで、自分の体が若々しく元気に変化していくのが実感できるはずです。今年1年の目標として、頑張って続けていきましょう。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
上符正志(うわぶ・まさし)先生


銀座上符メディカルクリニック 院長
1960年、山口県下関市生まれ。九州大学工学部在学中、医師が社会で果たすべき役割にめざめ転身、産業医科大学医学部に入学。卒業後、横浜市民病院外科、北里大学医学部救命救急センター、益子病 院内科などで治療に携わりながらも、病気の早期発見・早期治療の方法に限界を感じていた。そんななかでアンチエイジング医学と出会い、発症を未然にふせぐ患者本位の医療の可能性を見いだす。米ニューヨークのザ・サレーノ・センターで行われている最先端治療プログラムを習得し日本に導入。近著に、『若くて疲れ知らずの人は副腎が元気!』(マガジンハウス)がある。

その他のフィットネス&リラックスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

若返りホルモン「DHEA」って知ってる? 副腎の抗酸化力とは

近年、“若返りのホルモン”ともいわれている「DHEA」が注目されています。
アンチエイジング最先端のアメリカでは、昔から「体内年齢の指標となるホルモン」として重視されてきた一方、日本では「DHA(ドコサヘキサエン酸)」と勘違いされるほ... 続きを読む

抗酸化作用のある「セージティー」で老化予防!

みなさんこんにちは。トータルボディビューティーアドバイザーのKAORIです。活性酸素ってご存知ですか?活性酸素はカラダに必要ですが、増えすぎるとカラダをサビつかせて、シワの原因になったり、物忘れ、生活習慣病などの原因にもなってしまうんで... 続きを読む

味や効果は作り方次第♪グリーンスムージーのおすすめレシピ紹介

ダイエットに、美肌に、健康に、と3拍子揃っているのがグリーンスムージーです。生野菜と果物を牛乳や豆乳などと一緒にジューサーにかけて、出来上がりをそのまま新鮮なうちにいただくことで美味しさが増しますが、作り方によっては青臭さを感じたりクセ... 続きを読む

還元型コエンザイムQ10

体の健康と美容に欠かせない成分として認知されているコエンザイムQ10ですが、そもそもどんな働きをするのでしょう。
「皮膚、内臓、脳、血管など、人間の体のあらゆる組織は細胞からできています。体内にある細胞の数は約60兆個もあり、その... 続きを読む

水素水

宇宙で一番小さい分子「水素」。その水素が溶け込んだドリンクを、モデルやスポーツ選手が愛飲していることで今話題です。スーパーやコンビニでもよく見かけるようになりました。... 続きを読む

三ツ星ヨーグルト ドライフルーツの量の目安と特徴

食物繊維とビタミンミネラルの宝庫 それぞれの特徴や、量についてはこちらを参考に。20gをそれぞれ少し多めに入れれば、70〜80gになる 干しブドウ30〜40粒で約20g習慣的に食べると、鼻炎の症状をやわら... 続きを読む

我が家をマイナスイオンで癒し空間にする方法-4つのポイント

緑が美しい季節になりました。気候がいい季節、みなさんお休みの日はどう過ごされていますか? 時間に追われ、忙しい毎日が続いていると、都会の喧騒や満員電車の中で、ふと大自然の中で思いっきり伸びをし、新鮮な空気を胸いっぱい吸い込みたい!温泉に行っ... 続きを読む

今が旬のゴールデンベリーの食べ方と女性に嬉しい効能とは?

最近よく耳にするようになった、“スーパーフード”という言葉。アメリカの食事療法を研究する医師や専門家の間で、1980年頃から言われはじめたのだそう。一般的な食材よりも栄養価が高いものを指し、日本でもブームになっているチアシードやアサイー... 続きを読む

「量」より「時間」!「いつ食べるか」を考えて健康的にダイエット!

ダイエットで最近注目されているのは、「時間栄養学」という考え方。ダイエットというと「何を、どれくらい食べるか」という点に注目されがちですが、「いつ、何をたべるか」を重視する体内時計の働きに基づいた方法です。 ただ痩せればいいという不健... 続きを読む

高ファイトケミカル食材 ブドウ・ブルーベリーなど→アントシアニン

gooダイエットの見過ぎで疲れ目のあなたに ブドウ、ブルーベリーなど→アントシアニン ブドウ(赤ワイン)、ブルーベリー、クランベリー(コケモモ)、ムラサキイモなどには、青紫(赤とも赤紫ともいわ... 続きを読む