“脱力”の心地よさ 「禅的体操」で体をほぐそう! イラストで解説

禅僧がすすめる楽ちんエクササイズ

“脱力”をコンセプトとした「禅的体操」で、体のこりや歪みを心地よく解消する。

“脱力”の心地よさに身をまかせる

 私たちの体は、日頃気づかないうちにストレスや疲労を溜めこんでカチカチに硬くなっています。その体をゆるめ、自律神経の疲れをとろうというのが、樺島勝徳禅師 が提唱する「禅的体操」です。

 キーワードは“脱力”。臨済宗の源となった臨済義玄のことばに「全体作用」とありますが、頭脳偏重の暮らしの中で、体の声にも耳をかたむけ、リラックスすることで、トータルに健康になっていこうとするのです。

 「脱力」の心地よさを味わうために、「禅的体操」は柔らかいマットの上で行います。一日が終わって眠りにつくとき、ベッドの上で試してみるのもいいですね。ゆるやかで静かな動きが多いので、ひとつひとつの動きをじっくり味わいながら行います。

 体操を続けていると、しだいに集中力がアップしてきます。全身の免疫力が高まり、体の歪みが改善されるので、顔の左右のバランスが整うなど、美容面でも効果が期待できます。ここでは基本メニューの中から「放下(ルビ:ほうげ)運動」と「立ち魚運動」をご紹介します。

放下(ほうげ)運動
 一日の生活で生まれた体のこわばりや歪みを消して、柔軟性をとり戻す運動。肩こり、腰痛、初期の股関節変形などに効果があります。上肢と下肢に分けて行います。「放下(ルビ:ほうげ)」とは放り投げること。投げやりな態度で手足をのびのび動かすことがポイントです。

<上肢の放下>

まずおヘソを閉じる。ヘソを閉じるとは、腹筋に少し力を入れ、ヘソが閉じて見える状態をいう。ヘソを閉じながら、両腕を頭の上から下までパタンと落とす。これを一瞬のうちに行う。力が抜け、軟体動物の動きのように見えたらOK。


逆の動きで、両腕を下から頭上に放下する。脱力を意識すると効果がアップするので、投げやりな動作を心がける。1、2を1日10回行う。

<下肢の放下>

両腕をま横に広げ、息を吐ききりヘソを閉じる。「下肢の放下」は椎間板ヘルニアの起こりやすい動きなので、それを防ぐため、かならずヘソを閉じて行う。両方の足をそろえて右から左に床すれすれに動かし、パタンと落とす。


左から右に同じように動かす。3、4を1日に10回行う。

立ち魚運動
 片足で立って、背骨を左右に細かく振る運動。体の中心線を刺激することで、生命力を導きだします。バランス感覚や内臓機能を高め、胃弱、腰痛などにも効果が。片足で立つことがむずかしい人は、毎日片足30秒を目安に練習するといいでしょう。この運動はマットの上でなく、平らな床に立って行います。

 両手を組んで頭の上に置き、まっすぐ立ったまま片足を上げる。片足は前へ、床上10センチくらいの高さに上げる。その姿勢のまま、背骨を左右に細かく振り、それを1分間続ける。バランスがくずれそうになるが、自然体で行うこと。一方が終わったら、もう片方の足を上げ、また1分間続ける。

(「絵を見てできる禅的体操」2005年12月刊、樺島勝徳著、法研より/イラスト:上村一樹)

樺島勝徳


薬師禅寺住職
1949年福岡市生まれ。生来の難治性ぜんそくと闘う中で仏教に出会う。花園大学仏教学科卒業後、天龍寺専門道場での修業を経て薬師禅寺住職となる。宗門にとらわれない宗教活動、講演活動を続けている。花園大学非常勤講師。

その他のフィットネス&リラックスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

片足立ちダイエットなら短時間で済む

片足立ち
ダイエットしようとウォーキングを始められる方は多いと思います。
しかし意外と時間が掛かるので朝早く起きて始めないといけないです。
仕事があると難しいものがありますが、そんなときでも片足立ちダイエットならもっと短時間で行えま... 続きを読む

気功入門-3つの入門用エクササイズ|体と心の緊張を解いてリラックス

「気功」は中国古来の哲学や医学に基づく健康法。中国や台湾では太極拳のように、健康のために公園などで行われています。東洋医学では、体の中を気・血・水(き・けつ・すい)の3つが巡っていると考えます。「血」は血液、「水」は血液以外の体液、「気」... 続きを読む

誰でも簡単に取り組める頭脳使いダイエット

頭脳使い
頭脳使いダイエットとは、脳を積極的に使うことで体内の糖分が消費され最終的にダイエットにつながるという方法です。この方法を実際に試してみると、脳を積極的に使うことでお腹が空いてくるのがよく分かります。まさに「体内の糖分が消費され... 続きを読む

お腹が痛い!どこがどんな風に痛い? 痛む場所から疑われる病気をイラストで解説

「腹痛」といっても、痛みの種類や痛む場所によって原因はさまざま。ときには、その腹痛が病気の前兆の場合もあります。腹痛で疑われる病気をまとめてご紹介します。 腹痛から原因の病気が特定できる 腹部は、体の中心で重要な臓器が集まっている場所... 続きを読む

マインドフルネス

うつ病や不安症の原因ともなるストレス。「マインドフルネス」は、このストレスを発散させ、心の健康を取り戻す心理療法のひとつです。
1979年に精神科医のジョン・カバットジン氏が考案。アメリカの大学で、ストレス低減プログラムとして治療に取り... 続きを読む

体のコリに注意!運動性とストレス性があるコリ|マッサージで解消

肩や背中、腰などのコリはゆううつなもの。「デスクワークが多くて、運動不足だから・・・」そう思ってあきらめているあなたも、実はストレスからコリが起こっているのかもしれません。
コリには運動性のものとストレス性のものがあります。運動性のコ... 続きを読む

姿勢の美しい人はトータルできれい!見る人をハッとさせる理由4つ

背筋がピンと伸び、アゴは自然と引かれ、肩も内側に入っていなく、身体の軸がまっすぐな美しい姿勢。美しい姿勢の人は、見る人をハッとさせます。そして、トータルできれいな方が多いんです。どうしてトータルで“きれい”なのでしょうか。姿勢の美しい人... 続きを読む

最初のデートでいきたいレストラン

イタリアン コンセプト居酒屋 和食 ダイニングバー フレンチ 6位以降を... 続きを読む

短時間でリラックス-腹式呼吸でリフレッシュする5つのポイント

ストレスがたまったなあと感じたとき、どうしていますか? ストレスがたまっているときは、その問題から少し離れて、まずは体をリラックスすることが大切です。リラックスをすると、緊張をほぐしたり、気分転換をして気分をすっきりさせたりするだけでなく、... 続きを読む

股関節の歪みチェックテスト

関節に歪みがあると、体にさまざまな不快症状があらわれます。さて、あなたの股関節には歪みがあるのでしょうか?股関節がゆがんでいるかどうかを見る簡単なチェックテストをやってみましょう。 深堀ヨガ... 続きを読む