インド伝承のアーユルヴェーダとは? 自分でできるマッサージ法

家庭でできるインド伝統医学を基にした簡単マッサージ法

アーユルヴェーダは約3千年の歴史をもつインドの伝統医学。自宅でできる簡単なマッサージをご紹介します。

筋肉質はピッタ、ぽっちゃりさんはカパタイプ

 悠久の歴史を持つインド。アーユルヴェーダはそこで生まれた伝承医学です。最近ではエステのメニューなどでもしばしば耳にする言葉なので、関心を持っている人も多いことでしょう。アーユルヴェーダが誕生したのは約3千年前といわれています。語源はサンスクリット語で「生命の科学」です。

 アーユルヴェーダでは、人は「空風火水地」の五大元素からできていると考えています。このうち「空」と「地」は不動ですが、「風」=ヴァータ、「火」=ピッタ、「水」=カパは流動的。このヴァータ、ピッタ、カパをドーシャとよび、これらの均衡が保たれているときを健康な状態と定義します。

 このドーシャは人が持って生まれた体質もあらわしています。それぞれのドーシャは特有の性質を持っていて、それに合わせて食事や運動のしかたが決められています。

 ヴァータ体質の人は速・軽・乾・冷をあらわしていて、痩せていて敏捷。冷の体質のため、温かい食物をとるといいといわれています。

 ピッタは熱・鋭・軽・油などをあらわし、筋肉質で雄弁なタイプ、そして独断型でもあります。

 カパ体質は遅・重・湿・冷をあらわし、太りやすくて無口、記憶力がよいタイプ。肥満を解消するために食事は香辛料を多めにとるといいといわれています。

 3つの体質は誰もがそれぞれ持ちあわせているもの。どのドーシャが一番強いかで、その人の体質が決まるのです。

余分なものをからだから排出

 アーユルヴェーダの治療には、生薬による薬物治療とパンチャカルマといわれる浄化療法があり、この浄化療法では、さまざまな方法で体内に残った代謝物を排出します。余分なものが体内に蓄積して体調をくずすというのが、アーユルヴェーダの基本的な考え方なのです。流行りのデトックスなどとも共通していますね。

 浄化療法はリラクゼーションにもとても役立つもので、たとえば「シロー・ダーラ」では、40度に温めた油をひたいの中心にゆっくりと垂らします。するとアルファ波が出現して瞑想状態に近くなり、心身ともにリラックスするのです。同様に血行をよくしてリラクゼーションに最適な、「アビアンガ」という全身オイルマッサージを紹介しておきましょう。

自宅でできるマッサージ、「アビアンガ」

使用する油のつくり方
 調理用ではなく、サラダ用のゴマ油を使い、鍋にいれて100度で10分間加熱してから室温で保管します。マッサージをするときは、ゴマ油の入った容器を湯せんして、人肌ていどに温めます。


洗髪のときのシャンプーと同じくらいの油を手にとり、頭頂部から頭皮全体にすり込むように塗り、2~3分マッサージします。強さは軽い刺激を与えるていどです。


両耳も同じようにマッサージします。皮膚があまり熱くならないていどに行います。


両足の甲と裏側も、油をすり込むように2~3分マッサージします。


終わったら体の表面の油を拭き、油を体にしみ込ませます。30分ほどしたら入浴して洗い流します。体にしみ込んだ油が、体内の余分な代謝物を吸い取り、油と一緒に排出されるので、充分汗をかいたら終了です。

(「へるすあっぷ21」、法研より)

【取材協力】
幡井勉氏


東邦大学名誉教授/東洋伝承医学研究所長

その他のフィットネス&リラックスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

体に毒素をためない方法とは-アーユルヴェーダの呼吸でリラックス

アーユルヴェーダというと、マッサージを思い浮かべる方が多いかもしれませんね。ハーブオイルを用いて全身をマッサージしたり額や頭にたらす施術・シロダラーは「究極の癒(いや)し」という感じがしますが、アーユルヴェーダの魅力はそれだけではありませ... 続きを読む

アーユルヴェーダから学ぶ、健康で幸せな食事バランスとは?

こんにちは一般社団法人ビューティーヘルスコンシャスライフ協会代表、キッチャリークレンズプロデューサー工藤万季です。みなさんはバランスを考えた食事がとれていますか?忙しい現代人は手軽で便利なものについつい頼りがち。一見ヘルシーと思う食べ物... 続きを読む

女優さんは常識?食用ゴマ油をスキンケアに活用する美容法

風味づけとして、料理の最後にゴマ油を加えるという人は多いのではないでしょうか。でも、これがスキンケアにも一役買っているとは思いもしませんよね。女優さんには常識と言われているゴマ油の活用法を紹介しましょう。。女優さんは常識?食用ゴマ油をス... 続きを読む

油もの中毒タイプ 良い油と悪い油のどっちを選ぶ?

あなたのデブ行動は油もの中毒タイプ ■良い油と悪い油のどっちを選ぶ? ファーストフードや揚げ物など、いかにも悪そうな油を避けているあなた。「植物性」と表記があるものを選んでいればヘルシーと思っているなら、それ... 続きを読む

油を食べても太らない!?ダイエットを成功に導く「脂質」の取り入れ方

「油ものは太るからダイエット中はNG!」と思い込んでいませんか?脂質を上手に取り入れれば、太るどころかダイエットを成功へと導く重要な役割を果たしてくれますよ。油を食べても太らない!?ダイエットを成功に導く「脂質」の取り入れ方 本末転倒!... 続きを読む

サラシア

一時期ダイエットに効く成分として話題を呼んだ「サラシア」。実はこれ、インドやスリランカに自生するニシキギ科のつる性植物で、学名を「サラシア・ レティキュラータ」といいます。特に効能が高いと評判のスリランカ産は、現地で「コタラヒムブツー」と... 続きを読む

やせるテクニック:調理法を工夫して油をセーブする

脂分が心配なお肉もカロリーカットの料理法なら安心して食べられる!
ダイエットでは油を抑えた調理法が基本ですが、極端な油ぬきはお肌に影響が出てしまいます。油脂にはビタミンAやD、Eなどの吸収を助けてくれ... 続きを読む

漢方についてもっと知ってほしいこと-日本に古くからある漢方の有効性

昨年11月、内閣府の行政刷新会議が「事業仕分け」を実施し注目を集めましたが、医療用漢方薬の健康保険給付がその対象となったことはご存じでしょうか?
わずか3週間のうちに保険適用継続を求める署名が100万通近くも寄せられた結果、健康保険給付は... 続きを読む

地黒でもOK!肌の色を白くするおすすめ方法紹介

もともと色黒な女性が、色白になることは出来るのでしょうか?本来の肌色が黒いので、それ以上は白くなることはないだろうと思っている人も多いですが、実は頑張り次第で色白になることが出来るんだそうです。一体どんな手段を使うのでしょうか?地黒でも... 続きを読む

変身!あなたはぽっちゃり

例年通り、食っちゃ寝の生活を送り、年末年始で2~3kg増加してぽっちゃりしてしまった貴女。蓄えられたハラ回りのお肉は、取り除くのに3カ月くらいかかってしまうはず! ... 続きを読む