美しくしなやかなスタイルを手に入れる! バレエエクササイズ

太ももの内側をひき締めるエクササイズ

バレエのレッスン「ドゥミ・プリエ」と「グラン・プリエ」を応用して気になる太ももの内側をひき締めよう。

バレエの「ドゥミ・プリエ」の動きで内転筋をきたえる

 太ももの内側のタプタプした脂肪が気になっている人も多いと思います。ここには内転筋という筋肉があり、この筋肉をきたえることによって、内もものひき締めが可能となります。

 内転筋をきたえるには、ひざを閉じるような動作の入る運動が有効です。ここで紹介するエクササイズは、バレエの「ドゥミ・プリエ」という動きです。内ももをしっかり締めることを意識しながら行いましょう。

[STEP.1]
背筋を伸ばして立ち、バーの代わりにテーブルなどに片手を置き、反対の手は肩より低い位置に伸ばします。足のつけ根からつま先まで足全体を外側に開いて、両足のかかとをつけます。

[STEP.2]
息を吸いながら、尾てい骨を真下に下ろすつもりで、お尻をつき出さないように、ゆっくりとひざを曲げます。その後、息を吐きながら足の裏で床を押し、内ももをひき締めることを意識しながら、ゆっくりとひざを伸ばします。これを10回くり返します。

美しくひき締まったレッグラインをめざすエクササイズ

 このエクササイズも、先に紹介した内転筋をきたえるエクササイズと同じように、バレエの「ドゥミ・プリエ」から「グラン・プリエ」の応用です。

 今度はバーレッスンのように立って行うのではなく、あお向けになり上体の動きもつけることによって、内転筋だけでなく、腹筋にも刺激を与えます。

  また、かかとをつけてひざの向きを変えずに伸ばすと、足の裏側のストレッチにもなり、レッグラインを美しく整えるのにも効果大。ダンサーのように美しくひき締まったレッグラインをめざしてがんばりましょう。

[STEP.1]
あお向けに寝て足を上げ、つま先を開いてかかとをつけ、両ひざは曲げて開きます。両手は内ももに添えます。

[STEP.2]
息を吐きながら上体を起こし、ひざ、つま先は開いたまま、かかとを押しながらひざを伸ばします。そして、息を吸いながら元の姿勢に戻します。これを10回くり返します。

(「きれいになる15分トレーニング」山岡有美著、法研より/イラスト:上杉久代)

【取材協力】
山岡有美


Y.フィットネスコミュニティー主宰
日本のエアロビックエクササイズ指導の先駆者として、その普及に尽力。医療分野や企業、高齢者などを対象に体と心の健康づくりとメンタルケア、「ダンスやピラティス、ヨガ」などを取り入れたトレーニングを行う。テレビ、雑誌、セミナーなどで活躍中。

その他のフィットネス&リラックスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

ハイヒールを履いてお尻と内もも引き締めやせ!

ハイヒール
女性の方がダイエットをする場合、体重そのものを落とす以外にも、顔やせがしたい、お腹を引き締めたい、お尻を小さくしたいなど、様々な「部分やせ」をしたいと思う人が多いですよね。

今回ご紹介する「ハイヒールダイエット」は、ハ... 続きを読む

骨盤の角度、大丈夫?簡単3STEPで姿勢のセルフチェック!

綺麗なメイクも、時間をかけて整えた髪型も、ファッションセンスの良さも、“○○が○○”だけで、一瞬にして全て台無しにしてしまいます。それが何かは、美LAB読者のあなたならわかりますよね?答えはズバリ!“姿勢が悪い”です。“姿勢が悪い”と全... 続きを読む

骨盤の位置を正して美しい姿勢に「プリエとルルベ」

1番ポジションで立ちます。腹筋を引き上げて骨盤をまっすぐにしましょう。腕はひじを外側に広げるようにします。 両手を横に広げながら、ひざをつま先と同じ方向にゆっくりと広げます(プリエ)。脚を股関節から... 続きを読む

バレエの基本の動き「プリエとルルベ」

腕を体の前でひじを外側に広げるようにして、脚は2番ポジションからスタート。背筋をまっすぐ伸ばし、視線を前へ向けて呼吸を整えましょう。 腕を真横に広げ、脚の内側の筋肉を伸ばしながら、ひざをゆっくりと曲... 続きを読む

体の体幹を鍛える! 効率よく脂肪を燃やす15分コアトレーニング

キレイなプロポーションをつくるためには、全身の筋肉や神経を総動員する運動が不可欠です。とくに、脂肪を効率よく落とすためには、姿勢を維持したり、ジョギングなどの軽い運動を持続的に行う際に使われる赤筋(遅筋)と、じっとしているときにも脂肪を燃... 続きを読む

女性らしく美しく痩せるバレエダイエット

バレエダイエット
バレエの動きを取り入れた、バレエダイエットが女性の間で人気が高まっています。
バレリーナは、柔軟性としなやかな筋肉を兼ね備えていますよね。
バレエの動きは、柔軟性を高め代謝をアップさせる効果、しなやかな筋肉を作り出... 続きを読む

立って行うエクササイズの終わりに「シャンジュマン」

右脚を前にして3番ポジションでまっすぐ立ちます。腕は軽くひじを曲げて、指先を内側に向けましょう。 3番ポジションのまま、プリエの姿勢に。このとき、骨盤がかたむかないように注意して。 プリエ... 続きを読む

下半身に最も効果的「デガジェ」

右脚を前にして3番ポジションで立ち、体の前で軽くひじを張ります。そのままプリエに。 腕を左右に広げながら、右脚を前に伸ばして床から離します。このとき軸脚も一緒に伸ばして。そのあと3番ポジショ... 続きを読む

体幹を鍛えれば腰痛も改善する-腹式呼吸でどこでもトレーニング

まず、体幹筋トレーニング(コアスタビライゼーション)でいう体幹(コア)とは、みぞおちから骨盤くらいまでの部分のことで、「横隔膜」「腹横筋」「多裂筋」「骨盤底筋」という4つの筋肉に囲まれた部分のことです。
コアを単純に円筒形に置き換えて... 続きを読む

O脚の予防になる!2つの簡単ストレッチでまっすぐ美脚を目指す

メイクや服装もバッチリきめて、いざ外出!
でも、歩く姿や立ち姿がO脚では素敵に見えません。
ところで、O脚とは脚をそろえてまっすぐ立ったとき、ひざ頭の間にすき間ができる状態。骨の変形が原因と思われがちですが、実は脚の内側の筋肉が弱るこ... 続きを読む