日本の暑い夏を乗り切る知恵-昔ながらの日本の風習を見直そう

昔の人の「和」の知恵で、夏を涼しく過ごしましょう

風鈴、打ち水、すだれ…。目や耳からも清涼感を味わう「ジャパニーズスタイル」を取り入れてみよう!

昔の知恵は、すぐれモノ揃い!

 蒸し暑い日本の夏。冷房をかけて部屋でグッタリしているという、いつものパターンに陥りがちではないですか? 今年の夏はすこし趣きをかえて、「ジャパニーズ・スタイル」を取り入れてみませんか?

 昔の人の、夏を快適に過ごすアイデアは、日本の風土にふさわしい秀逸なもの。日常生活で実行しやすい工夫の数々をご紹介してみましょう。

打ち水・すだれ

 日本の夏の風習として、すこし前までおなじみだった打ち水。
 打ち水は、家のまわりに水をまいて、気化熱によって地面の温度を下げ、涼しさを得るというものです。これは、マンションのベランダなどにも応用できる知恵。あまりひんぱんに行うと、コンクリートを劣化させますが、夕暮れ時などに打ち水をすると、夜の涼しさが違います。

 また、ベランダや縁側には、すだれやバルコニーシェードなどで、日よけをすることをおすすめします。
 日光をさえぎり、日陰を作ると、室内に入ってくる風がぐんと涼しくなります。また、ベランダに木のすのこを置くなど、町家の知恵を取り入れるのも効果的。日射しを照り返すコンクリートと違って、太陽熱をやわらかく吸収してくれます。

うちわ・扇風機

 部屋に涼しさを呼び込むポイントは、風通しをよくすること。最近の住宅は気密性が高くできています。対角となる窓を開け、室内に風の通り道を作りましょう。

 防犯上、窓を開けるのはちょっと…という方は、うちわや扇風機を見直してみては?
 うちわや扇風機の風は、冷房と違って体を冷やしすぎません。扇風機をかけるときは、近くに置くより、体から1.5~2m離した方が効果的です。
 さらに、風のない日や蒸し暑い夜は、ベランダや窓の外に扇風機を置いてみましょう。冷えた外気を室内に送り込むだけで、涼しさがぐっと違います。

金魚鉢・い草のラグ

 昔の家庭では、よくガラスの金魚鉢で金魚を飼っていました。
 金魚を飼わなくても、花瓶などにガラスの容器を使って、目からも清涼感を味わってみませんか。
 夏の軒先に風鈴をつるしていたのも、ガラスのひんやりとした質感と澄んだ音から、昔の人が清々しさを感じとっていたのです。

 また、敷物やテキスタイルに、い草や麻など、夏にふさわしい素材を使うのもグッドアイデア。
 い草のラグを敷いたり、クッションカバーやシーツを麻にしてみるなど、触感からも暑さを解消したいものです。

ゆかた・扇子

 ゆかたを着ると、日本人であることを、ふと実感したりしませんか?
 着物は涼しさを感じやすくできていて、しかも単衣のゆかたは、身につけていてもそれほど苦しくありません。

 そして、夏の和装には扇子を持つのがお約束。ときには和装で出かけてみるなど、大人の女性として、優雅に“日本の夏”を楽しむ心を持ちましょう。

夏野菜

 昔の人は夏の食生活に、暑さによる邪気を抑える食物をうまく取り入れていました。私達もこれを参考にして、日々の暮らしを健康的に送りたいものです。

○体内で熱を抑える食材
キュウリ、スイカ、冬瓜、ナス、ビワ、トマト、セロリ

○暑さに抵抗力をつける食材
昆布、豆腐、貝類、苦瓜、レモン、メロン、そば

○湿気を取り、利尿作用をうながす食材
トウモロコシ、スイカ、しそ、トマト、そら豆、枝豆、あずき

 これらの食材を上手に活用して、身体の中から元気になりましょう。

 

日本には、日本の風土にあった夏を快適に過ごすための工夫がたくさんあります。
 冷房ばかりに頼らず、今年の夏は今までと少し趣を変えて「ジャパニーズ・スタイル」ですごしてみませんか。

その他のフィットネス&リラックスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

バーゲンセールで損する5つのワナと、得する5つの知恵

もうすぐ年末のバーゲンセール!
自分では得したつもりで買った服も、気づけばタンスの肥やしになっていませんか?
バーゲンは「売る側」と「買う側」の頭脳戦。バーゲンセールで大勝利をおさめるコツを経済コラムニストの大江英樹さんとパーソナルスタ... 続きを読む

金魚運動で身体引き締めダイエット!

金魚運動
ダイエットと聞くと、多くの人が連想する事がまず脂肪や炭水化物を控える食事制限、そしてウォーキングやジョギングなどの有酸素運動ですよね。

しかしこれらの有酸素運動は強い意志を持っていないと中々続けられるものではありません。... 続きを読む

ベランダでハーブを育てよう! 5つの注意点とハーブの効能

忙しい状態が続くと、心にゆとりを失いがちになります。自然に触れる機会の少ない都会では、なおさらですね。
自然は、たとえ小さな草花でも、四季の移り変わりなど私たちに多くのことを教えてくれます。実際に自分で育てた草花ならば、成長していく姿を... 続きを読む

エコな暮らしは体にもやさしい-CO2削減のためにできる生活の工夫

7月7日から9日まで、日本が議長国となって開催される洞爺湖サミット(主要国首脳会議)の主要テーマの一つは環境です。今や待ったなしの状況になっている「地球温暖化」の加速は、化石資源(石油、石炭、天然ガスなど)とエネルギー利用で成り立っている... 続きを読む

ジャパニーズビューティを“美背中”で魅せる!寝転がってできる簡単エクササイズ

運動不足で長時間座っていたり、猫背姿勢で過ごしていたりすると、腰・背中・肩・首がガチガチに凝り、呼吸も浅くなってしまいます。そんなときは重症化する前に歪みをリセットして、凝り解消&代謝を促進して体調を整えましょう。ジャパニーズビューティ... 続きを読む

熱中症は屋内にいてもなる? オフィスや家庭でも対策方法

昨年の夏は平均気温が観測史上最高、熱中症で救急搬送された人の数も過去最高という記録的な猛暑でした。今年は、梅雨も明けないうちから猛暑日を記録するなど、6月の暑さは昨年以上で、その後も暑い日が続いています。東日本大震災による電力不足対策で節... 続きを読む

gooダイエットユーザーの砂糖絶ちアイデア集


「ダイエットに関することはダイエッターから学ぶべし」ということで、ここでは以前gooダイエットのメルマガでユーザーのみなさんから募った「甘いものを絶つ技」から選りすぐったとっておきのアイディアをご紹介します。お手軽... 続きを読む

ガラスの青春時代

中学・高校時代とぼくはバレーボール部に所属していた。 バレーというと背が高いと思われがちだが、中学レベルだとそうでもない。 中2当時の僕の身長は168cm。 それでもなんとかスタメンを勝ち取れたのは、 ... 続きを読む

大掃除は梅雨入り前がベスト? 浴室、寝室、クローゼットのカビ対策

風薫る5月、深緑の戸外が気持ちいい季節ですが、今度の週末は家の大掃除というのはいかがでしょうか。日本では暮れの大掃除が年末行事のようになっていますが、欧米では春から初夏にかけて大掃除をするのが一般的だとか。
気温が低い冬は窓を開けて換... 続きを読む

朝と昼は低カロリーメニューがお約束

1日の摂取カロリーはなにがなんでも死守 さあ今日はいよいよ忘年会。食べ過ぎ飲み過ぎには気をつけなくちゃ……。な〜んて心構えだけではこのシーズンを乗り切れません。そう、ダイエッターの忘年会はその日の朝から始まっている... 続きを読む