フレッシュ・ハーブティーの楽しみ方-さまざまなハーブの効能とは

フレッシュ・ハーブは、心を癒す効き目たっぷり!

「心も体も寒い…」木枯らしの吹くこの季節、おいしい一杯のお茶でリフレッシュしましょう。

自然の恵みいっぱいのハーブ

 「最近、緊張したり、イライラすることが多いな。疲れがたまっているみたい…」
 そんなふうに感じる日は、気分転換に友達と遊びに出かけようという元気もなかなか出ないもの。ストレスをためて体調をくずす前に、ハーブの力で元気になりませんか?

 ハーブとは、西洋の人々の間で古くから受け継がれてきた、暮らしに役立つ植物のこと。体の調子を整えたり、心をリラックスさせたり、料理の風味づけをするなどさまざまな目的で使われる植物です。調理に使われるものではミントやセージ、バジルなどがよく知られています。
 これらのハーブは、その色や形、香りから「気」を放ち、人の心とからだを癒すといわれています。このような効用を活かした療法のひとつが、女性のあいだですっかりおなじみとなったアロマテラピー(芳香療法)です。
 アロマテラピーでは、ハーブ類から抽出したエッセンシャルオイルをリラクゼーションなどに活用します。ティッシュやハンカチにオイルを数滴染み込ませてその香りを楽しんだり、アロマキャンドルで香りを部屋中に広げたり。お風呂タイムにアロマオイルを数滴お湯に垂らすと、よりリラックスして入浴を楽しむことができます。

さまざまなハーブの効能

 それでは、さまざまな種類のハーブとその効能を紹介しましょう。
◆食用として使用した場合、期待できる効果
・頭が痛い=サフラン 
・ストレス、気分がふさぐ、眼精疲労=カモミール、ローズマリー、セージ、タイム
・口臭、口内炎などが気になる=バジル、クローブ
・よく眠れない=カモミール、サフラン
・下痢ぎみ=シナモン、セージ

◆アロマテラピーで期待できる効果
・気分を安定させたり、痛みを和らげる=ラベンダー
・リラックス、消化を促す=レモングラス
・頭をスッキリとさせたいとき、風邪の季節に=タイム
・緊張、不安を和らげる=レモンベルガモット
・不安や緊張、消化不良、月経時の不快症状に=カモミール

 ハーブ療法はヨーロッパで広まったものですが、日本でも伝統的に健康増進効果のある植物を暮らしに活用してきました。ここではお茶にするといい野草・薬草を紹介しましょう。
◆日本の伝統的なハーブ
・カキ
生葉20gを600mlの水で半量まで煎じて飲みます。血圧が高い方におすすめ。
・クコ
若々しさを保ちたい人たちの間で珍重されてきました。乾燥させたクコの実でクコ酒を作ったり、料理にそのまま使用します。長期使用で肌がつやつやし、疲れにくくなります。
・ビワ
古くからビワ葉は民間療法として用いられてきました。乾燥させた葉5~10gを600mlの水に入れて半量まで煮詰め、ハチミツで甘味をつけます。せき止めや下痢、むくみ、風邪などにいいといわれます。
・オオバコ
種子は、便秘解消やダイエットなどに利用されています。煎じて飲めば目にもいいのだとか。
・ドクダミ
ドクダミは10種の健康パワーがあるとされ、漢方では「十薬」と呼ばれます。解毒作用、緩下・抗菌・利尿作用などがあり、先人たちは健康づくりにドクダミを活用してきました。

フレッシュ・ハーブティーのおいしいいれ方

 これまでハーブの底力を紹介してきましたが、最後に代表的なハーブの用い方「ハーブティー」のいれ方を紹介します。ハーブティの材料にはドライハーブとフレッシュハーブがありますが、香りを楽しむならフレッシュハーブがおすすめ。そこでフレッシュハーブティのいれ方を紹介します。使用するティーポットやカップは、温めておくのがポイントです!

 ハーブは、好きなハーブを一種類選んでも、いくつかのものをブレンドしてもOK。葉っぱは適当な大きさにちぎって使用します。
1 ティーポットに熱湯を入れ、約30秒ほどさます。
2 ティーポットにハーブを入れる(お好みですが、1人分ティースプーン3杯(3~15g)くらいを目安にどうぞ)。
3 ハーブを入れたらすぐに蓋をして、3~5分蒸らす。抽出時間はどうぞお好みで。

 いかがでしたか? 「たかがお茶」とあなどるなかれ! フレッシュ・ハーブティーは、明日への活力とヘルシーな効き目の両方をプレゼントしてくれます。さまざまなハーブを使い分けると、さらに楽しさが広がりますよ。

(「ストレスチェックノート」山本晴義監修、法研より)

【監修】
山本晴義氏


横浜労災病院勤労者メンタルヘルスセンター長・医学博士
1972年東北大学医学部卒業・医学博士。岩手県立病院(内科、精神科)、東北大学付属病院(心療内科)、呉羽総合病院(心療内科部長)、梅田病院(院長)を経て、91年横浜労災病院心療内科部長を経て現職。「ストレス一日決算主義」(NHK出版・生活人新書)など著書多数。

その他のフィットネス&リラックスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

ジューサーで作るフレッシュジュース

緩やかにルールを守るのがダイエット成功の秘訣
gooダイエットをご覧いただき、さまざまなお声を頂戴し本当にうれしく思います。いつもありがとうございます。
ただ今、ナチュラル・ハイジーンという食べ方を続けて... 続きを読む

寒い夜におすすめのホットドリンク-就寝前に飲んでも大丈夫な飲み物

暖冬とはいっても、寒い日が続きますね。寒い夜を暖かく、ぐっすり眠るには、お風呂でゆっくり温まる、軽いストレッチなどで血行をよくして体のこりをほぐす、眠る前に寝室を十分に暖めておくなどの工夫が必要です。それでも、足先が冷たくて、体の芯が冷え... 続きを読む

抗酸化作用のある「セージティー」で老化予防!

みなさんこんにちは。トータルボディビューティーアドバイザーのKAORIです。活性酸素ってご存知ですか?活性酸素はカラダに必要ですが、増えすぎるとカラダをサビつかせて、シワの原因になったり、物忘れ、生活習慣病などの原因にもなってしまうんで... 続きを読む

快適な生活のおともに!スパイス&ハーブ活用法

毎日の通勤ラッシュや、仕事などで、ストレスが溜まったりしていませんか?ストレスを溜めると体にも心にもよくありませんよね。そこで、そんなストレスの多い毎日を、スパイスとハーブを使って、快適な毎日を過ごすためのアイディアをいくつかご紹介いた... 続きを読む

ハーブティーだけじゃない!美へ導く「ハーブ」の使い方とは?

ハーブはハーブティーとしてだけではなく、美容にも使えるアイテム。内側からも外側からもハーブを取り入れて、美肌をGetしてみては?ハーブはハーブティーだけじゃない!美へ導くハーブの使い方とは? ハーブはハーブティーだけじゃない! ハーブの... 続きを読む

自宅風呂であったか入浴ダイエット


木枯らし吹く寒い日、こんな日はお風呂に入って体の芯まで温まりたいですよね。
入浴は血行を促進し、体内の循環器系を活発化させてくれます。それによって代謝が促進され、さらに食前に入ることによって... 続きを読む

ベランダでハーブを育てよう! 5つの注意点とハーブの効能

忙しい状態が続くと、心にゆとりを失いがちになります。自然に触れる機会の少ない都会では、なおさらですね。
自然は、たとえ小さな草花でも、四季の移り変わりなど私たちに多くのことを教えてくれます。実際に自分で育てた草花ならば、成長していく姿を... 続きを読む

癒されたい女性に!心と身体を解きほぐす癒しのハーブ入門

ストレス社会の中、力強く働く女性達。きっとその誰もが「癒されたい」と思っているハズ!そんなあなたに、癒しのパワーを持つハーブの世界の入り口をご紹介します。癒されたい女性に!心と身体を解きほぐす癒しのハーブ入門① ハーブってどんなもの? ... 続きを読む

アスパラガスダイエットレシピ アスパラガスのサフランピラフ

アスパラガスのカロテンと鶏肉のビタミンAが、皮膚や粘膜を強化して肌に潤いを与えます。その上、アスパラギン酸のたんぱく質合成機能がプラスされることで、健康な美肌が完成します。アスパラガスの豊富なビタミンB1... 続きを読む

ハーブで紫外線対策!ビタミンたっぷりの「ローズヒップ」を丸ごと食べる

これから少しずつ紫外線が多くなってきます。花粉も加わり、肌のダメージが多くなる季節ですね。ハーブティーでビタミン補給をすることも大切です。美肌におすすめのハーブティーには、以前ご紹介したエルダーフラワー、ローズ、ヒースなどがありますが、... 続きを読む