みかんの健康効果とは-ビタミンCだけではないみかんの抗酸化作用

注目のβ-クリプトキサンチンには強力ながん抑制力

注目の成分には骨粗しょう症の予防も期待。豊富なビタミンCで免疫強化。ほかにもさまざまな有効成分が。

おいしくて健康によい。しかも食べやすい

 「こたつでみかん」は、日本の冬の団らんの原風景みたいなもの。生活様式が洋風化されても、暖房の効いた部屋でみかんを楽しむ光景は日本中どこでも見ることができるでしょう。

 冬のみかんとは、すなわち「温州(うんしゅう)みかん」のこと。おいしいだけでなく、さまざまな健康効果がわかっていて、まさに“冬の果物の王者”と言ってもよさそう。
 今やさまざまな果物が生産・輸入され、最盛期ほどの生産量ではないようですが、いちごやりんごより人気があり、手で簡単に皮をむいて食べられるので海外での需要も高まっているようです。

β-クリプトキサンチンは抗酸化作用のあるカロテノイドの仲間

 健康効果をもたらすみかんの成分で、今もっとも注目されているのはβ-クリプトキサンチンという物質。みかんの黄色の色素成分で、抗酸化作用のあるカロテノイドの一種です。

 カロテノイドは動物や植物に含まれている赤や黄色、オレンジなどの色素成分の総称。トマトのリコピンやにんじんのβ-カロテンの赤い色もカロテノイドです。β-カロテンは発がんを抑える効果がよく知られていますが、β-クリプトキサンチンはそれを上回る発がん抑制力をもっていることがわかりました。しかもその効力は数カ月も維持されるということですから、みかん好きにはうれしい限りです。

 また、β-クリプトキサンチンは、閉経後の女性の骨密度の低下を抑える可能性があることも最近の研究で明らかにされました。ある地域の住民約700人の調査からわかってきたことで、β-クリプトキサンチンの血液中の濃度が高い人たちほど前腕の骨の平均骨密度が高く、骨密度が低い人の割合も血中濃度の低い人たちの半分以下でした。
 この人たちがふだん最もよく食べている果物はみかんで、このことから、みかんをよく食べていると女性は骨粗しょう症になりにくいのではないか、と期待されています。

豊富なビタミンCでかぜ予防。ただし食べすぎないで

 みかんの最もポピュラーな栄養素は、ビタミンCでしょう。大きめのみかん1個には30mg以上ものビタミンCが含まれていて、これは成人が1日にとるといいとされる量のほぼ3分の1に当たります。抗酸化力が強く、免疫力を強化してかぜ予防、動脈硬化予防やストレス緩和、美容系ではシミの予防に役立つとされています。

 このほか、みかんだけに含まれているシネフィリンという物質もかぜを防ぐとされ、体内の過剰な塩分を排出するカリウム、疲労回復によいクエン酸も成分として含まれています。黄色い皮の裏の白いすじにはビタミンB・C・P、果肉の入った袋は食物繊維、などというようにさまざまな成分をあの黄色い果実は抱え込んでいるのです。

 さらに、みかんの皮を干したものは「陳皮(ちんぴ)」といって漢方薬として用いられます。吐き気やせきを鎮め、消化不良や健胃の薬効が知られ、お風呂に入れれば体がよく温まり、冷え性や神経痛の改善効果があるとされています。

 このように、みかんはいいことだらけ。しかも食べやすいのでつい食べすぎてしまいそうですが、食べすぎると肌が黄色っぽくなることがあります。これはみかんの色素が肌を黄色くするためで、食べすぎをやめれば治り、健康上の心配はありません。ただし、みかんには果糖が多く含まれていますから、食べすぎると糖分のとりすぎになり、肥満の心配が出てきますから注意してください。

【監修】
山崎 正利 先生


帝京大学薬学部教授
1971年東京大学薬学部卒業、76年同大薬学系大学院卒業(薬学博士)、同大薬学部助手を経て91年より現職。研究領域は、「動物界における免疫・生体防御機構の解明」で、以下のようなテーマに取り組んでいる。
  1)白血球による抗がん機序の解明(腫瘍免疫学)
  2)食品の新規機能性の探求(食理学)
  3)炎症・アレルギーの分子制御機構の解明(サイトカイン学)
  4)海洋生物由来の抗がん・抗菌物質の単離及び遺伝子工学(バイオテクノロジー)

その他のフィットネス&リラックスコラム

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1 妊娠中のセックス、みんなどうしてる? セックスしていい時期、悪い時期って?
    妊娠中のセックス、みんなどうしてる? セックスしていい時期、悪い時期って?
    約10ヶ月にも及ぶ妊娠期間中。この間、セックスはしてもいいの? …
  2. 2 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  3. 3
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  4. 4 妊娠中でもSEXを楽しんで! 妊娠中のセックスをエンジョイするあの手、この手
    妊娠中でもSEXを楽しんで! 妊娠中のセックスをエンジョイするあの手、この手
    妊娠していても、体調がよければセックスは可能。産後のセックスレスを予防…
  5. 5 スマホ依存症にはどんな悪影響が?ドーパミンが依存に導く怖い現実
    スマホ依存症にはどんな悪影響が? ドーパミンが依存に導く怖い現実
    最近では、持っていない人を探す方が難しいスマートフォン普及率。便利なツ…
  6. 6
    妊娠中のエクスタシーはOK? セックスで気をつけたい5ポイント
    体調がよければ、妊娠中にセックスをしても大丈夫。でもいつもと違う状況な…
  7. 7 女の子の産み分けにチャレンジ! 女の子産み分けの鉄則4
    女の子の産み分けにチャレンジ! 女の子産み分けの鉄則4
    「かわいい洋服を着せたいから」「一人目が男の子だから」など、女の子を授…
  8. 8
    更年期障害チェック方法「あなたの更年期レベルをチェック」
    さまざまな症状が出る更年期。その症状は100人100様ともいわ…
  9. 9 女性の胸の大きさはどうやって決まるの? 遺伝or体質?
    女性の胸の大きさはどうやって決まるの? 遺伝or体質?
    女性らしさの象徴といえば、バスト。胸の大きさに悩む人は、遺伝や体質と諦…
  10. 10 老けたくない人はDHEAホルモンを増やすと良い!? 若さを保つ秘訣
    老けたくない人はDHEAホルモンを増やすと良い!? 若さを保つ秘訣とは
    今注目の若返りホルモン「DHEA」を食生活でキープしよう 体…
  11. 11
    足の小指が痛い人は要注意 「内反小趾」を治してサンダル美人に
    素足にサンダルを履くことの多い季節、足のトラブルには気をつけた…
  12. 12
    【医師が教える】猛暑も元気に乗り越えられる、夏バテの防ぎ方
    胃腸の冷えと栄養失調を防げば猛暑の夏も健康で過ごせる!! 夏バテの原因…
  13. 13 子宮筋腫の症状は?
    注意して!子宮筋腫の症状チェック。筋腫が大きくなると 肺や心臓まで圧迫する場合も
    子宮筋腫の自覚症状には個人差があり、かなり大きくなるまで無症状というこ…
  14. 14
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    外見からはわからない障害を抱えている人がつけるマークを知っていますか?…
  15. 15 「昼顔」紗和「あなそれ」美都から見える、不倫に陥りやすい女性の特徴
    「昼顔」紗和「あなそれ」美都から見える、不倫に陥りやすい女性の特徴
    波瑠さん演じる「ヒロインの美都がクズすぎる!」と、批判の声が上がり大き…
  16. 16 産後もいいセックスライフを送りたい! 産後のセックスはどう変わる?
    産後もいいセックスライフを送りたい! 産後のセックスはどう変わる?
    以前の体に戻り始める産後。「前よりゆるくなる?」などの不安を解消して、…
  17. 17 男の子の産み分けにチャレンジ! 男の子産み分けの鉄則4
    男の子の産み分けにチャレンジ! 男の子産み分けの鉄則4
    せっかく妊娠するなら、できれば希望の性別の子を授かりたいと思うのは自然…
  18. 18
    大黒摩季が克服した『子宮腺筋症』ってどんな病気?【芸能人の健康まとめ】
    子宮疾患の治療のため活動休止中だったシンガー・ソングライターの大黒摩季…
  19. 19 仕事中でもできる簡単ストレッチ-足の冷えとむくみを解消!
    仕事中でもできる簡単ストレッチ-足の冷えとむくみを解消!
    脚全体の筋肉を使って循環を促し、冷えやむくみを改善 足、ひざ…
  20. 20 妊娠検査薬が陰性でも妊娠の可能性がある5つの理由|生理が遅れた原因
    妊娠検査薬が陰性でも妊娠の可能性がある5つの理由|生理が遅れた原因
    市販の妊娠検査薬はとても正確。なかには、精度が99%と言われるものまで…

一覧