スカルプケアは全身の健康と美容に効く-1日3分の頭皮マッサージ

頭皮マッサージで血行を促し、シャンプーで毛穴を清潔に

頭部にあるさまざまなツボを刺激。気分スッキリ、リラックス!

健康な頭皮が元気な髪をつくる

 あなたの髪は元気ですか? 健やかで美しい髪は、健康な頭皮から生まれます。髪のツヤやコシ、ボリュームは気になっても、頭皮を気にする人はあまりいないかもしれませんが、髪を苗とすると、頭皮は畑(土壌)に例えられます。土壌=頭皮が豊かでないと、苗=髪は健康に育ちません。ところがその頭皮は、パーマやカラーリング、過剰な皮脂と汚れ、ストレスなどによって、想像以上にダメージを受け、疲れています。

 最近髪の毛に元気がないという人は、頭皮のチェックをしてみましょう。
 頭頂部の頭皮は柔らかですか? 指で押して動かそうとしても、頭皮があまり動かないという人は、頭皮が硬くなって血行が悪くなっているかもしれません。血行が悪いと、髪に栄養や酸素が行きわたらないため、パーマやカラーリング、紫外線などのダメージを受けやすく、抜け毛や薄毛、パサつきなどの原因にもなります。

 そして、毛穴はスッキリきれいですか? 頭皮は毛穴や皮脂腺が多く、新陳代謝が活発なところ。適当にシャンプーしていたのでは、ほこりや汗、余分な皮脂などがたまって毛穴をふさぎ、髪の成長を妨げてしまいます。

 そこで、頭皮の健康のためにおすすめしたいのがスカルプ(頭皮)ケアです。スカルプケアの基本は、適度な刺激を与えて頭皮の血行を促すマッサージと、毛穴を清潔にするシャンプー。スカルプケアを毎日の習慣にして、健康な頭皮とコシのあるツヤツヤ髪を手に入れましょう。

1日3分の頭皮マッサージで頭皮を柔らかく

 健康な頭皮は、指で押してゆらすと柔らかくてよく動きますが、疲れてくると硬くなって血行が悪くなります。マッサージで頭皮を柔らかくすることは、全身の血液とリンパの流れを促すことにつながり、栄養素の運搬と老廃物の回収をスムーズにして、体を細胞から元気にすることができます。実際、頭皮マッサージで冷え性や肩こりが解消したり、目の疲れがとれたという人もいます。また、頭と顔の皮膚はつながっているため、お肌のたるみが改善されたという人も。

 マッサージは、次のように(1)から(6)まで行っても3分ほど。指を頭皮に密着させて、呼吸のリズムに合わせ、リラックスして行いましょう。

(1)まず首の後ろの血行を促す
 親指以外の4本を軽くそろえて首の後ろのつけ根(えり足の延長上)に当て、下から上に引き上げるように動かす。このとき、両肘(ひじ)を肩の外側に水平に張るようにして行う。

(2)耳の下のくぼみを押す
 両肘を張ったまま、耳の下(耳たぶのあたり)のくぼみ(乳様突起)に中指を合わせ、頭の中の中心部に向かうイメージで、4本の指でゆっくり円を描くように押す。

(3)耳から頭頂部へ向かって引き上げる
 耳をふさぐように両手を置き、4本の指の腹を頭皮に密着させ、頭頂部へ向かって引き上げ、少しずつ上に向かって位置をずらしていく。次に両肘を張って4本の指を耳の後ろに当て、後頭部に向かって同様の方法で横に進む。

(4)額(ひたい)から頭頂部へ向かって引き上げる
 4本の指を額上部、髪の生え際に当て、頭頂部へ向かって少しずつ引き上げる。

(5)頭頂部へ向かって円を描くように進む
 (3)と(4)の動作を、今度はゆっくりと円を描くように行う。

(6)手のひらでゆっくり外回し
 両方の手のひらで頭をやさしく包み込み、密着させたままゆっくり外回し。これを2回行う。

シャンプーは髪より頭皮を洗ってしっかりすすぐ

 シャンプーは、髪よりも頭皮をしっかり洗いましょう。シャンプー剤を軽く泡立ててから髪につけ、下から上に向かって、指の腹で揉み込むように洗います。髪をごしごし洗うのはNG。表面のキューティクルを傷つけてしまいます。
 リンスやトリートメントは頭皮には不要なもの。髪にだけつけるようにしましょう。
 シャンプー後もリンスやトリートメント後もしっかりすすぎ、化学物質を頭皮に残さないようにしましょう。

 洗髪後、頭皮をぬれたままにしていると雑菌が繁殖してフケやかゆみの原因にも。タオルで十分水気を取ったら、ドライヤーで一気に乾かしてしまいましょう。ドライヤーは地肌から離し、髪の根本から温風を当てるようにします。

 毎日シャンプーすると抜け毛の原因になると思っている人がいるかもしれませんが、それは間違い。頭皮にはたった1日で皮脂や汚れがたまり、かえって抜け毛の原因になります。シャンプーは毎日、できれば夜するのがおすすめです。夜は髪が育つ時間帯なので、清潔にして休むのが望ましいからです。

 頭部には、足裏と同様さまざまなツボが集まっています。だから、マッサージとていねいなシャンプーを行えばツボが刺激されて気分もスッキリ、リラックス効果でぐっすり眠れますよ!

(「ヘルス&ライフ」法研より)

【監修】
古中 美どり先生


日本スカルプケア協会事務局長
スカルプケアサロン「OHBA」ディレクター。プロの育成のための「スカルプケアリスト・アドバイザースクール」主宰。雑誌などのメディアでスカルプケアの普及に努めている。

その他のフィットネス&リラックスコラム

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    スマホの操作はトイレでやってはいけない
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 昔は…
  2. 2 洗濯物が雨に濡れちゃった…こんな時もう一度洗うor洗わない?
    洗濯物が雨に濡れちゃった…こんな時もう一度洗うor洗わない?
    洗ったばかりの洗濯物、干して出掛けたら急な雨が…。雨に濡れてしまった洗…
  3. 3
    乳がんになりやすい人の特徴|月に一度のセルフチェックのやり方
    (編集・制作 (株)法研) 早期発見のため毎月の自己検診と定期的な乳…
  4. 4
    首にできた小さなブツブツ。イボを自分でキレイに取る方法があった!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 一度…
  5. 5 自律神経のダメージも防ぐ【スッキリ消臭術】
    家の中のくさい臭いの消臭法-イヤな臭いは自立神経を乱す?
    「ウチのニオイ」には慣れてしまうので気づきにくい 「家の…
  6. 6
    トイレでおしりを拭くときは『こすってはいけない』理由
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと トイ…
  7. 7
    わたしも当てはまるかも?『コミュ障』の人に多い5つの特徴
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと コミ…
  8. 8
    捨てないで!使わない・残った化粧品の意外な使い道
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと シー…
  9. 9
    孤独は体に悪い|科学的に証明された、深刻な孤独のリスク
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 核家…
  10. 10
    運動ゼロで筋肉をつける!たるみ・ぜい肉の引き締め術
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 加齢…
  11. 11
    本当はからだに良くない健康ドリンク6選
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  12. 12
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  13. 13
    頭皮が臭いのはシャンプーのせい?芸能人もやってる『湯シャン』の効果
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  14. 14
    辛いものをたくさん食べたらヤセるの?ダイエットのウソとホント
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 汗を…
  15. 15 心理カウンセラーが語る、絶望的な気持ちから抜け出す方法
    心理カウンセラーが語る、絶望的な気持ちから抜け出す方法
    絶望的な気持ちの状態 誰でも人生の中で何度かは、「もう、どう…
  16. 16 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  17. 17 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パー…
  18. 18 太らないおやつの食べ方-おすすめの低カロリーおやつ
    太らないおやつの食べ方-おすすめの低カロリーおやつ
    おいしく賢いおやつの楽しみ方。小腹が空いたときのエネルギー補給、時間は…
  19. 19
    年収が少ない人ほど肥満が多い現実…節約と健康は両立しないの?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 健康…
  20. 20
    ヤセる秘訣は睡眠の質にある!? 寝るだけダイエットのやり方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 眠り…

一覧