冬にこそ活躍するアロマオイルと使い方-冬太りに最適なアロマオイル

冬の乾燥からお肌を守り、かぜ・インフルエンザを予防

美肌効果抜群のローズ、免疫力を高めるエキナセア、引き締め効果のあるサイプレスなどを用いて

冬の悩みにもハーブを使ったケアが役立ちます

 この数年ほどでハーブへの関心が再び高まりつつあります。ドラッグストアやスーパーマーケットにも、生のハーブやハーブのサプリメント、精油などが置かれて販売数が増え続けています。多くの方々の生活に欠かせないアイテムとなっているのは、健康に対する意識がより高くなってきたからでしょう。

 冬には楽しいイベントがいっぱい待っています。とくに、クリスマスという大イベントもひかえています。一方、悩みの種はお肌の乾燥と血行不良、あかぎれやしもやけなどの手荒れ……。猛威をふるっているインフルエンザやかぜも心配です。

 そこで今回は、この冬を快適に過ごしていただくためのケアをご紹介します。

クリスマスにぴったり! ぜいたくにフェイシャルマッサージ

 冬の暖房による乾燥はお肌にとって大敵。肌はてきめんにストレスを感じてしまいます。指の腹でそっとほほを触れてかさかさになっていたら、ローズのオイルを使ってフェイシャルマッサージをしましょう。ローズのオイルは非常に高価ですが、最近は1ccから購入することもできます(1ccで1万円くらい)。自分へのごほうびに、このクリスマスに購入されてはいかがでしょうか? 1滴(0.05cc)のオイルにはバラの切り花でいうと50本分くらいのエッセンスが含まれています。

☆ローズのマッサージオイル
<材料>
ホホバオイル 20cc
ローズ(精油) 4~5滴
ベルガモット(精油) 2~3滴

 ローズは、老化した肌に働きかけて細胞を元気にしてくれます。乾燥肌やシワを改善するだけでなく、敏感肌にも効果があり、美肌のための精油としてはナンバー1でしょう。その香りは、幸福感を与えてくれるようなうっとりするほどの高揚感をもたらします。ベルガモットの香りにも、気持ちを明るくして自信をもたせてくれる作用があります。
 ホホバオイルと精油をブレンドして小ビンに入れ、よく振ってから使います。洗顔後、指の腹を使ってブレンドオイルで優しくマッサージしてあげてください。顔だけでなくネックケアも忘れずに。

かぜ、インフルエンザの予防に!

 かぜやインフルエンザの予防に効く2種類のハーブティーを紹介しましょう。冬は体を温めてあげることが大切です。温かいハーブティーはかぜや悪寒(おかん)を軽減します。抗菌力の強いエキナセアのハーブティーは、冷ませばそのままうがい薬としても使用できます。

☆ジンジャー&シナモンティー
<材料>
生のしょうがの根を刻んだもの 20g
シナモンの粉末 1g
お湯 700cc

 刻んだしょうがを700ccのお湯に入れて弱火で10分間煮込みます。そのしょうがエキスにシナモンを加えて混ぜ合わせます。そこへ少量のはちみつかメイプルシロップを加えると甘くて飲みやすいハーブティーになります。しょうがには体を温め、発汗を促したり、胃腸の機能を高める働きがあります。シナモンも胃腸の働きを活発にし、血の巡りをよくしてくれます。
 生のしょうがではなく市販のジンジャーシロップを使えば、簡単でお手軽にお茶を楽しめます。ジンジャーシロップに熱いお湯を加え、そこにシナモンを加えるだけ。ぜひお試しあれ!

☆エキナセアのうがい液
<材料>
エキナセア(ハーブ) 30g
お湯 700cc

飲めるうがい薬をつくりましょう。エキナセアのお茶は、昔からかぜのひき初めに飲まれてきました。最近は免疫力を高めるハーブとして有名で、チンキ(ハーブの成分をアルコールで抽出した濃縮液)やサプリメントも出ています。

新型インフルエンザの流行を受けて、マスクをしたり、手洗いやうがいをこまめにするようになった人が多いのではないでしょうか。うがい薬として、抗菌力があるエキナセアのハーブティーを冷まして利用することをおすすめします。2日分くらい作って冷蔵庫で保存しておき、3~4時間ごとにうがいするとよいでしょう。のどの奥の方まで届くように、ガラガラとうがいをしましょう。

冬のダイエットにボディーマッサージ!

 冬は体が寒さに耐えようとして、びっくりするほど脂肪をつけてしまうこともあります。クリスマスにお正月! 何よりも楽しいのはお食事です。どうしても食べすぎてしまい、休み明けにスカートのファスナーが上がらなくなってしまうこともよくあることです。そんなときには、ぜひダイエット用のマッサージオイルでボディーマッサージを。
 基礎代謝が低下する冬、食事制限だけではなかなかきれいにダイエットできないものです。運動もさることながら、気になる部分のボディーマッサージは体のライン作りに最適な方法です。ぜひ試してみてください。

☆ジュニパーベリー&サイプレスのダイエットオイル
<材料>
ホホバオイル 20cc
ジュニパーベリー(精油) 4~5滴
サイプレス(精油) 3~4滴

 ジュニパーベリーには老廃物を排出したり筋肉をほぐす作用があり、サイプレスは体の引き締めやセルライト対策に効果があります。どちらもむくみによく効きます。これらの精油をホホバオイルに加えたオイルを使ってボディーマッサージをしましょう。お風呂上りに行うのが最も効果的です。
 脚のラインは、ふくらはぎからゆっくりと上に向かってケアします。お尻はしっかりと持ち上げるように上に向かって手を流していきます。ウエストも大切です。左右の手のひらで腹部を下から上へさすり上げ、ウエストラインをしっかり作るように強めにマッサージしましょう。二の腕もお忘れなく。1月の終わりころには元のライン以上に美しいシルエットを取り戻せることでしょう。


(編集・制作 (株)法研)

【執筆】
森田 敦子先生


植物療法士、サンルイ・インターナッショナル代表取締役
1992年パリ大学所属の薬学専門校入学、生物化学、植物学、大脳生理学、フィトテラピーを学び、植物療法士資格を取得。1998年サンルイ・インターナッショナル設立。植物療法の研究活動を行いながら、天然植物の研究をベースにした応用製品開発・販売、フィトテラピー・トリートメント事業を開始。2006年植物療法専門スクール「ルボア・エコール・ド・ナチュロパシー」開設、羅漢和トリートメント&スパ「ルボア」オープン。著書に『成分表示でわかる化粧品の中身』(婦人生活社)がある。

その他のフィットネス&リラックスコラム

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1 妊娠中のセックス、みんなどうしてる? セックスしていい時期、悪い時期って?
    妊娠中のセックス、みんなどうしてる? セックスしていい時期、悪い時期って?
    約10ヶ月にも及ぶ妊娠期間中。この間、セックスはしてもいいの? …
  2. 2 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  3. 3
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  4. 4 妊娠中でもSEXを楽しんで! 妊娠中のセックスをエンジョイするあの手、この手
    妊娠中でもSEXを楽しんで! 妊娠中のセックスをエンジョイするあの手、この手
    妊娠していても、体調がよければセックスは可能。産後のセックスレスを予防…
  5. 5 スマホ依存症にはどんな悪影響が?ドーパミンが依存に導く怖い現実
    スマホ依存症にはどんな悪影響が? ドーパミンが依存に導く怖い現実
    最近では、持っていない人を探す方が難しいスマートフォン普及率。便利なツ…
  6. 6
    妊娠中のエクスタシーはOK? セックスで気をつけたい5ポイント
    体調がよければ、妊娠中にセックスをしても大丈夫。でもいつもと違う状況な…
  7. 7 女の子の産み分けにチャレンジ! 女の子産み分けの鉄則4
    女の子の産み分けにチャレンジ! 女の子産み分けの鉄則4
    「かわいい洋服を着せたいから」「一人目が男の子だから」など、女の子を授…
  8. 8
    更年期障害チェック方法「あなたの更年期レベルをチェック」
    さまざまな症状が出る更年期。その症状は100人100様ともいわ…
  9. 9 女性の胸の大きさはどうやって決まるの? 遺伝or体質?
    女性の胸の大きさはどうやって決まるの? 遺伝or体質?
    女性らしさの象徴といえば、バスト。胸の大きさに悩む人は、遺伝や体質と諦…
  10. 10 老けたくない人はDHEAホルモンを増やすと良い!? 若さを保つ秘訣
    老けたくない人はDHEAホルモンを増やすと良い!? 若さを保つ秘訣とは
    今注目の若返りホルモン「DHEA」を食生活でキープしよう 体…
  11. 11
    足の小指が痛い人は要注意 「内反小趾」を治してサンダル美人に
    素足にサンダルを履くことの多い季節、足のトラブルには気をつけた…
  12. 12
    【医師が教える】猛暑も元気に乗り越えられる、夏バテの防ぎ方
    胃腸の冷えと栄養失調を防げば猛暑の夏も健康で過ごせる!! 夏バテの原因…
  13. 13 子宮筋腫の症状は?
    注意して!子宮筋腫の症状チェック。筋腫が大きくなると 肺や心臓まで圧迫する場合も
    子宮筋腫の自覚症状には個人差があり、かなり大きくなるまで無症状というこ…
  14. 14
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    外見からはわからない障害を抱えている人がつけるマークを知っていますか?…
  15. 15 「昼顔」紗和「あなそれ」美都から見える、不倫に陥りやすい女性の特徴
    「昼顔」紗和「あなそれ」美都から見える、不倫に陥りやすい女性の特徴
    波瑠さん演じる「ヒロインの美都がクズすぎる!」と、批判の声が上がり大き…
  16. 16 産後もいいセックスライフを送りたい! 産後のセックスはどう変わる?
    産後もいいセックスライフを送りたい! 産後のセックスはどう変わる?
    以前の体に戻り始める産後。「前よりゆるくなる?」などの不安を解消して、…
  17. 17 男の子の産み分けにチャレンジ! 男の子産み分けの鉄則4
    男の子の産み分けにチャレンジ! 男の子産み分けの鉄則4
    せっかく妊娠するなら、できれば希望の性別の子を授かりたいと思うのは自然…
  18. 18
    大黒摩季が克服した『子宮腺筋症』ってどんな病気?【芸能人の健康まとめ】
    子宮疾患の治療のため活動休止中だったシンガー・ソングライターの大黒摩季…
  19. 19 仕事中でもできる簡単ストレッチ-足の冷えとむくみを解消!
    仕事中でもできる簡単ストレッチ-足の冷えとむくみを解消!
    脚全体の筋肉を使って循環を促し、冷えやむくみを改善 足、ひざ…
  20. 20 妊娠検査薬が陰性でも妊娠の可能性がある5つの理由|生理が遅れた原因
    妊娠検査薬が陰性でも妊娠の可能性がある5つの理由|生理が遅れた原因
    市販の妊娠検査薬はとても正確。なかには、精度が99%と言われるものまで…

一覧