アロマテラピーを生活に取り入れるための「とっておきのレシピ」

生活のひとこまにアロマテラピーを取り入れ、心豊かに楽しく

食事や仕事、美容、掃除、心のケア、ボディーケアに、手軽に取り入れられる「とっておきレシピ」

植物の力を取り入れて生活を楽しむ

 2年前の春に始まった「アロマテラピーでナチュラルホームケア」も今回が最終回になります。このシリーズでは、精油を用いる狭義のアロマテラピーだけでなく、ハーブ、薬草、しょうがやみそといった身近な食べ物まで、植物のもつ力を利用して心身の健康や美容に役立てる簡単な方法を紹介してきました。これまで、春夏秋冬とその季節におすすめのレシピを中心に紹介して、ちょうど季節を2巡しました。最終回の今回は、季節を問わずおすすめしたい「とっておきのレシピ」を紹介しましょう。

 植物は、健康に美容に、さまざまな効果をもつ抗酸化物質の宝庫です。これまで見てきたように、この植物の力を利用したアロマテラピー(広くはフィトテラピー)には心身の健康や美容などにさまざまな効果があります。思いつくまま挙げてみましょう。
 心の健康に:気分をリラックスさせる、心を鎮める、沸き立たせる、明るくする……
 体の健康に:体を温める、痛みをとる、炎症を鎮める、胃腸を丈夫にする、免疫を高める、疲れをとる、食欲を増す……
 美容に:肌を保湿する、肌荒れを防ぐ、美白・美肌、むくみをとる、ボディの引き締め……
 生活のさまざまな場面で:殺菌、消臭、虫よけ、汚れ落とし……

 ほかにもさまざまあって書ききれませんが、このような素晴らしい植物の力を、もっと生活のひとこまに取り入れてもらえたら、心豊かに、楽しく生活できると思います。
 生活のスタイルは人によりさまざま。一人ひとり環境も習慣も違う中で、これからは「いかに生活を楽しむか」が大切なテーマになるのではないでしょうか。苦しい想いの中でも、光を見つけられる自分であることが大切です。

生活のひとこまで手軽にできる「とっておきレシピ」

 食事や仕事、美容、掃除、心のケア、ボディーケアといった生活のひとこまで、薬草、ハーブ、アロマテラピーを手軽に取り入れるアイディアを提案します。

食事:発酵食品を取り入れよう
 これからは毎日発酵食品をとりましょう。人類は、発酵という技術を手に入れました。日本ではその技術を使って味噌、醤油、酢、漬物などの食品を作り、健康に役立ててきました。人工的ではなくしっかりと自然に発酵させたものを選んでください。

☆赤味噌(八丁味噌)
 ビタミン・ミネラルの豊富さが一目置かれ、たくさんある味噌の中でも疲れたときにおすすめの味噌です。赤味噌のみそ汁は、疲れたとき、免疫力が落ちているときに最適なスープ。肌の調子を整え心を穏やかにします。ときには野菜のディップとして食べるのも最高です。口の中で香りを味わうとよいでしょう。

☆酵素ドリンク
 酵素は細胞にとって不可欠な成分。食べ物の消化や排泄、新陳代謝、血液循環、体温調整、免疫など生体内のほとんどの働きにかかわり、健康と美容に重要な役割を果たしています。生の野菜や果物、発酵食品に豊富です。
 最近では、微生物の力を借りて数十種類の野菜や果物、薬草等を発酵させ、生体に吸収されやすく作られた食品(粒状や液体のものがある)が人気を集めています。朝、酵素ドリンクを1杯飲むと効果的です。もちろん朝の果物もいいですね。
 私の実家でも、春と秋に野菜や穀物、果物、海藻まで50種類を細かく切り刻み、白砂糖で揉み込んでその後発酵させ酵素ドリンクを作ります。疲れたときや免疫力が落ちたとき、妊娠・出産時には完璧な栄養剤になります。

仕事:合間をみてさっとリフレッシュ
 仕事の合間にさっとできる健康法を紹介します。その数分が、1日の疲れを軽減してくれること間違いなしです。

☆ユーカリの精油を1本デスクに
 ユーカリ(ラジアタ)を用意します。ティッシュ・ペーパーに1滴落とし、その濡れたところを上手に丸めて片方の鼻の中に入れ、ゆっくりと深呼吸します。ティッシュ・ペーパーを反対の鼻の穴に入れ替えて、同様に深呼吸します。花粉症の予防と、のどのケアになります。爽やかな香りで瞬間にリフレッシュ。周りに風邪をひいた人がいるときなどおすすめの、抗菌力の高い1本。
 香りのケアとしては、やる気を出して「仕事を楽しめる自分」が生まれます。

美容:女性であることを愛しむ1杯
☆ピンクのハーブティー 幸せのティザンヌ
<材料>
ローズヒップ
ハイビスカス
ローズ
ステビア

 上記のハーブをそれぞれ100gずつ用意します。ふたがしっかりと閉まる缶を見つけ、シリカゲルとともに全て入れます。1回分は大さじ2杯を150ccのお湯で3分程。美しいピンク色のハーブティーができ上がります。フランスでは「ティザンヌ」と言われます。女性であることを愛しむ1杯です。ステビアの甘さも加わりリラックスできるとともに、内側からのケアが肌を美しく保ちます。

掃除:香りを楽しみながらキッチンの油汚れを落とす
☆蜜柑の皮を天日干し
 食べ終わった柑橘系の皮を刻んで天日干しにします。網の袋にたっぷりと入れて湿らせます。キッチンの油汚れのこびりつきにキュッキュと擦ってみましょう。オレンジの香りも心地よく、それ以上に油汚れがきれいになっていくことに気持ちが高まります。抗菌力も抜群です。柑橘系の皮には、油を吸着してしっかりと落とす作用があります。

心のケア:ストレスに、気持ちが沈んだ夜に
☆ビタミンC&ユズ茶&ユズの精油のトリプルケア
 ストレスがあると体からビタミンCが奪われます。ビタミンCは毎日欠かせないサプリメントの1つとしましょう。ビタミンCは人間の体では作ることのできない成分の1つ。免疫力を高めるには欠かせない成分です。もちろんEも同様。
 気持ちが深く沈んだ夜の特効薬はユズ茶。甘みと酸味が程良く、気持ちをホッとさせる1杯。市販の物で十分です。
 手のひらにクリームを少々置いてそこにユズの精油を1滴。ゆっくりと首からデコルテをマッサージ。ユズの香りが副交感神経を高めていきます。トリプルが効きます。

ボディーケア:メリハリのあるボディー作りに
☆ダイエットブレンドオイル
<材料(1回分)>
スウィートアーモンドオイル 20ml
ジュニパーの精油 5滴
ローズマリーの精油 3滴

 とっておきのブレンドオイルで気になる部位をマッサージしましょう。ジュニパー&ローズマリーの成分には代謝力を上げる作用があり、このブレンドオイルはエステティックサロンでもリンパドレナージュに使用されています。お腹周りから太もも、そして二の腕をお風呂上りにケアしましょう。メリハリのあるボディー作りを目指して。


(編集・制作 (株)法研)

【執筆】
森田 敦子先生


植物療法士、サンルイ・インターナッショナル代表取締役
1992年パリ大学所属の薬学専門校入学、生物化学、植物学、大脳生理学、フィトテラピーを学び、植物療法士資格を取得。1998年サンルイ・インターナッショナル設立。植物療法の研究活動を行いながら、天然植物の研究をベースにした応用製品開発・販売、フィトテラピー・トリートメント事業を開始。2006年植物療法専門スクール「ルボア フィトテラピースクール」開設、羅漢和トリートメント&スパ「ルボア」オープン。著書に『成分表示でわかる化粧品の中身』(婦人生活社)がある。

その他のフィットネス&リラックスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

ネイティブアメリカンから伝わる薬草パワーは現代人の強い味方

砂漠で生きる植物の強い生命力をストレス社会に取り入れて。 ネイティブアメリカンは砂漠の植物の力を上手に取り入れていた。現代生活でも活用したいハーブの力を紹介。 ネイティブアメリカンは薬草使いの天才 ネイティブアメリカン(アメリカ先住... 続きを読む

午前中果物だけ食べる簡単ダイエット

午前中果物だけ
午前中果物だけのダイエット方法は、午前中は生の果物を、好きなだけ食べます。
お好きな果物の名前をメモして、買い物に行って果物を購入してください。
このダイエット方法では、果物を朝の主食として考えていくことが重要です。... 続きを読む

足のむくみをとるにはジュニパー&サイプレスでマッサージ

どんな効果があるの? ジュニパーとサイプレスのブレンドオイルは、ダイエットにまさにうってつけ。特に足のむくみをとる効果に限っては、これ以上ない最高の組み合わせといえます。ジュニパーは腎臓を刺激し、利尿作用を促し、老... 続きを読む

香りを使った、かんたんダイエット

香り
香りは、人体にいろいろな効果をもたらすことで知られています。好きな香りをかげば、人はリラックスすることが出来たり、幸福感を感じることが出来ます。有名なところでは、ハーブの香りはストレスを軽減してくれる効果などがあります。
そんな... 続きを読む

肌が荒れやすい春のスキンケアのコツ|シンプル&低刺激がポイント

冬ごもりから一転、活動的になる春。春は出会いの季節、スタートの季節、なんていうとウキウキ気分に聞こえるけれど、実際には冬眠から目覚めた熊よろしく、お天気や気温の変化の様子をうかがいながら、体温が、毛穴が、自律神経が調整を始めたところで、全... 続きを読む

フットバスに5種のハーブティーも

ささやかなことだけれど、あったらうれしいな。でも、あるのとないのとでは、満足度にグンと差が出る細かな気くばり。レディスプランにはまだまだお楽しみがいろいろ! ヒーリングミュージックを聴きながら ... 続きを読む

ユズ種の黒焼きの効果


ユズ種はもともと抗酸化作用、血流促進、便秘緩和、美肌などの効果があります。 これを黒焼きにすると炭の力がプラスされ、さらにパワーアップするのです。 出典『健康』2002年2月号(主婦の友社)... 続きを読む

ユズ種の黒焼きの体験談(2)

ユズ種の黒焼きは期待どおりの大効果!便がツルリと出てめまいやふらつきも消えた 高橋和子さん
83才・主婦 便秘と関節痛を解消してねらいどおりの大効果
ユズ種の黒焼きを3年前から飲ん... 続きを読む

ユズ種の黒焼きの体験談(1)

ユズ種の黒焼きを飲んですぐ痛みが軽減し、頑固な便秘もたった3日で解消。体が軽い! 井上美代子さん
65才・主婦 飲み始めて数日で頑固な便秘が解消
足に不調を感じ始めたのは、1年ほど前か... 続きを読む

ローズマリー

ラベンダー、セージ、タイムなどと並ぶ代表的なハーブのひとつ。地中海沿岸地方原産のシソ科の低木で1年中緑の葉をつけます。和名はマンネンロウ。 「ラテン語の学名では“海のしずく”という意味が込められています。明るい紫色や薄い青色の花と独特の香り... 続きを読む