真夏でも快適に節電しながら過ごす方法-おすすめひんやりグッズ

電力消費ピーク時の電力使用を減らして涼しく過ごす工夫

エアコンや冷蔵庫の消費電力を抑える、直射日光を防ぎ風を通す、服装や冷却グッズで快適に

7~9月の間、政府が消費電力15%削減を指示・呼びかけ

 7月1日、政府は東北電力と東京電力管内の大口需要家(契約電力500kwを超える企業など)に対し、7~9月の平日午前9時から午後8時までの間、使用電力の15%削減を義務づける電力使用制限令を出しました。これは、東日本大震災の影響で電力供給量が落ち込むなか、1年で最も電力需要の多いこの時期の電力不足に備えるために行うもの。違反した場合は100万円以下の罰金が課せられます。
 大口需要家以外の企業や一般家庭に対しても、15%の節電が呼びかけられており、すでに節電に努めている方は多いでしょう。

 ここで押さえておきたいのは、この夏求められているのは、消費エネルギー全体を減らす省エネのための節電ではなく、ピーク時間の電力消費を抑える節電です。電力需要に供給が追いつかずに、大規模停電が起こるのを避けることが目的だからです。
 企業ではエアコンや照明の使用を抑えるほか、始業時間の前倒し、休業日の土日から平日への振り替え、夏休みの長期化などいろいろな対策がとられています。
 家庭でも、節電しながら少しでも涼しく過ごすためには、どんなことができるでしょうか? 資源エネルギー庁「家庭の節電対策メニュー」を参考に考えてみましょう。

ピーク時の電力使用を抑える、ピーク時を避けて使用する

 7~9月の平日は冷房でエアコンを使うため電力消費が増えます。1日のなかでは、家庭を含む全体の電力需要は午前9時から午後5時ごろまでが多くなっており、ピークは午後1時から4時にあります。一方家庭だけでみると、夕方から夜にかけての午後5時から8時に電力使用が急に増えています。この時間帯は家にいる人が多いため、エアコンや照明をはじめ、夕食の支度や片づけ、テレビなどで電気を使うことが多くなります。

 日中のピーク時に、家庭で電力消費量が最も多いのはエアコン、次いで冷蔵庫ですから、節電にはこの2つの電力使用を減らすのが最も効果的です。エアコンを止めて扇風機を使用すると、大きな節電効果がありますが、最も暑いこの時間帯にエアコンを我慢すると熱中症になる可能性もあるため、あくまでも無理のない範囲で行いましょう。特に高齢者や乳幼児、慢性病がある人などは熱中症になりやすいため、がまんせず早めにエアコンを使ってください。
 エアコンを使う場合は、設定温度28℃を心がけ、冷やしすぎないようにしましょう。扇風機やサーキュレーターを併用して体に直接風を当てると涼しく感じます。また、フィルターの定期的な掃除(2週間に1度程度)や、室外機を直射日光から防ぐことで冷房効率がアップします。
 冷蔵庫は温度設定を「強」から「中」に変えると消費電力が減ります。できるだけ扉を開ける回数や時間を減らし、食品を詰め込まず隙間を開けることなども効果があります。

 夕方から夜にかけてのピーク時は、エアコン以外にもさまざまな家電の使用が集中しますが、瞬間的な電力消費が大きい炊飯器や電子レンジ、トースター、ドライヤー、掃除機、乾燥機、アイロンなどは、できれば午前9時から午後8時を避けて使用するようにし、使用する場合も時間をずらして使いましょう。また、家族がリビングなど一部屋に集まって過ごすことで、照明やエアコン、テレビの使用台数を減らすことができます。

 外出中も家電製品の待機電力などで電力は消費されています。使用していない家電はコンセントからプラグを抜くか、節電タップのスイッチをオフにしましょう。家にいるときも、テレビなどはリモコンの電源ではなく、本体の主電源を切り、この時期温水洗浄便座の保温・温水はオフにするか、プラグを抜きましょう。

最小限のエアコン使用でも、工夫して涼しく

 最も電力消費量が多い分、それだけ節電効果が高いエアコンの使用を減らすためには、前述のようにエアコンを効率よく使うとともに、室温の上昇そのものを抑え、できるだけ涼しい服装をすることがすすめられます。また、手軽に使える冷却グッズなども出回っています。まだまだ暑い日が続きそうですが、いろいろと工夫して涼しく過ごしたいですね。

●室温の上昇を抑える工夫
・カーテン、よしず、すだれなどで直射日光を防ぐ。ゴーヤやへちまなどを利用した緑のカーテンなら、葉の蒸散作用によって温度を下げる効果も。
・対角か対面にある窓を開けると風が通り抜けやすい。
・朝夕の涼しい時間に、庭や道路へ打ち水をする。

●服装や寝具、ひんやりグッズで快適に
・タンクトップに短パンなど、できるだけ肌を露出する服装を。
・部屋着やパジャマ、寝具の素材は、吸水性、通気性、速乾性にすぐれたものを選ぶ。ヒンヤリした肌触りの麻(リネン)もおすすめ。
・寝るときは水まくらや氷まくら、保冷剤をタオルで包んだものを首に当てたり、寝ゴザや冷却材を使用したパッドなどを敷く。
・水で濡らすと涼感が持続するタオルやスカーフなど、冷却剤を使用したひんやりグッズを利用する。


(編集・制作 (株)法研)

コラムに関連する病名が検索できます。

その他のフィットネス&リラックスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

暑さを我慢するよりはエアコンでちゃんと冷やした方がいいんですよね?

カラダIQを高める!~今回の解説~ Q. 暑さを我慢するよりはエアコンでちゃんと冷やした方がいいんですよね? A. NO……冷やしすぎは、カラダ的にもエコ的にもNGです。
暑さが厳しく... 続きを読む

3種類のリップスピークの違い

~ビューティー・ルネッサンスを迎えるために~ザビエル鈴木のやせて魅せるワザ リップスピークの違いによる雰囲気の変化 (1)ラウンドタイプ
ラウンドタイプはリップスピークに丸みのある形です。... 続きを読む

熱中症は屋内にいてもなる? オフィスや家庭でも対策方法

昨年の夏は平均気温が観測史上最高、熱中症で救急搬送された人の数も過去最高という記録的な猛暑でした。今年は、梅雨も明けないうちから猛暑日を記録するなど、6月の暑さは昨年以上で、その後も暑い日が続いています。東日本大震災による電力不足対策で節... 続きを読む

婦人科検診を受けるときの服装は? 準備しておいて便利な物

婦人科の病気が疑われる症状のなかで、「おりもの」や「不正出血」は自分だけが気づくことができるものです。ですから、そんな症状があれば積極的に相談に来ていただきたいのです。でも、やっぱり恥ずかしくて気後れするのが婦人科の診察だと思います。
... 続きを読む

身の回りの道具で肩こり解消ができる? さらに小顔効果も

手軽に心身がきれいになれる方法、それが深い呼吸に合わせてマッサージをする「呼吸マッサージ」です。
深く息を吐き切ると、体内で発生した二酸化炭素や老廃物が体外へ放出されるので、代謝力がアップして、やせやすくなる効果があります。
そして... 続きを読む

夏の早起きは健康度UPにつながる! 生活のリズムを整えるコツ

東日本大震災による夏の電力不足対策で節電が課題となる中、「サマータイム」という言葉をよく耳にするようになりました。
夏の間時計の針を1時間早める「サマータイム」は、当初国全体での導入も検討されましたが、大規模な実施に伴う莫大なコストと... 続きを読む

医療費を安く抑えるポイント-こんな受診の仕方は費用がかさむ

診療所や病院への受診の仕方ひとつで医療費が大きく違ってしまうことを、ご存じですよね?
えっ、ご存じない!?
今までそんなこと全く気にせず、診療時間の後でも休日でも必要だと思えば駆け込んできた、ですって!!……(・|・;)
こんな感じで... 続きを読む

あくびが出るのはなぜ? あくびの原因と涙が出る理由

「あくび」は、眠くなったときや退屈したときに反射的に起こります。口を目いっぱい大きく開けて息を深く吸い込み、続いて素早く息を吐き出すとともに、腕や脚を大きく伸ばす動きなども加わります。漢字で書くと「欠伸」。語源の一説ですが、「欠」は口を大... 続きを読む

冬場によく眠れない人の快眠術-眠りにちょうど良い室温は何度?

暖房の普及で、冬は寒くて眠れない、などということはほとんどなくなったでしょうが、一部の人、例えば冷え性の人などにとっては歓迎されない季節かもしれません。冬でも“春眠”なみの快適な眠りを確保するには、この季節なりの工夫が必要です。
まず... 続きを読む

家庭でも多い食中毒の予防法-冷蔵庫を過信してない? 5つの注意点

この冬、ノロウイルスによる食中毒・感染症が大流行して大騒ぎでしたが、清潔大国といわれる日本で、意外にも食中毒の件数はここ30年間減っていません。しかも、飲食店に次いで多いのは家庭での食中毒です。「わが家では起こるわけがない」という思い込み... 続きを読む