おへそのゴマを取るとお腹が痛くなるのは本当? お手入れの仕方

へそのゴマの正体は、たまったアカやせっけんカス

へその中の皮膚は薄く傷つきやすいので、やさしくお手入れを。一度にきれいにしようとせず、数回に分けて

無理にこすったり爪を立てると傷つけてしまう

 子どものころ、「おへそのゴマを取ってはダメ」と言われた記憶はありませんか? 言われると余計に気になって、恐る恐る取ってみた! という人もいるのではないでしょうか。そもそも「へそのゴマ」ってなんでしょう? その前に、おへそって何のためにあるのかご存じですか?

 広辞苑で「へそ(臍)」をひくと、「腹部のまんなかの小さなへこみ。臍帯(さいたい)のとれた跡」とあります。臍帯はへその緒のことで、胎児と母体とをつないで酸素や栄養を運ぶ管のこと。妊娠中重要な役割をしていた臍帯も出産とともに役目を終え、自然に剥がれ落ちます。そして赤ちゃんのおなかに残った「へこみ」だったり「でっぱり」だったりが、へそなんですね。
 どうやら、生まれた後は特に役割もなさそうなおへそですが、へそ出しファッションやビキニのときはチャームポイントに。黒いゴマなんか見えたらいやですよね!

 おへそは凹凸があったり皮膚が重なり合ったりしていて、手入れをしないでいるとアカやせっけんカスなどがたまってしまいやすい場所。そのたまったものが「へそのゴマ」というわけです。アカやせっけんカスならきれいに取ったほうがよいはずなのに、どうして「取ってはダメ」なんでしょうか?
 それは、おへその中は皮膚が薄く、無理やりこすったり爪を立てたりすると、傷つけてしまいやすいから。もしかすると、「ゴマ」を取り出したらやめられなくなって、おへその中が赤くなったりヒリヒリと痛い思いをしたという経験も、お持ちかもしれませんね……。

お手入れはやさしく、皮膚を傷つけないよう十分に注意して

 おへそはその形状から、清潔に保つのが難しい場所です。特に汗をかく夏は、不潔にしているとじくじくしたり、そのまま放っておくと臭ったりただれたりすることもあります。そうならないように、定期的にお手入れをして、いつも清潔にしておきましょう。

 おへその中は見えにくく皮膚も薄いので、お手入れは“やさしく”が基本です。強くこすったり、爪でひっかいたり、綿棒をぐいぐい突っ込んだりするのは絶対にダメ。おへそのお手入れは、次のように行いましょう。

 お部屋でお手入れするときは、ベビーオイルかオリーブオイル、綿棒、ガーゼなどを用意してください。時間があれば、おへそにオイルを数滴たらして8~10分そのままに。汚れが自然に浮いてくるので、綿棒やガーゼで、やさしく少しずつふき取ります。時間がないときは、綿棒に直接オイルをたっぷり含ませて、やさしくふき取るように汚れを取りましょう。お風呂では、タオルや指に石けんをつけて優しくこするだけでOKです。

 どの方法でも、一度に完全にきれいにしようとしないことが肝心です。何度かお手入れをくり返すうちに、すっかりきれいになります。くれぐれも皮膚を傷つけないよう、十分注意してお手入れしてくださいね。

(編集・制作 (株)法研)

その他のフィットネス&リラックスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

溜めすぎ取りすぎ注意!おへその正しい掃除法とは

おへそのゴマ、あなたはどうしていますか?「物心がついたころからとったことがない」という人から、「毎日掃除している」という極端な人もいると思われます。おへその中はかなり汚く、細菌の温床となっています。バスタイムにおへそも一緒に掃除すること... 続きを読む

へそ呼吸足マッサージ準備運動・へそ深呼吸

Lesson.1 へそ深呼吸 へそに両手を重ねて置き、ゆっくりと深呼吸をする。これを8回ほど行う。乳糜槽をやわらかくし、これから行う足のマッサージで流れがよくなるリンパを受け入れる準備になります ... 続きを読む

余りに簡単なアスパラカス酢漬けダイエット

アスパラカス酢漬け
このダイエットはアスパラダイエットのメニューの一つだと思いますが、アスパラカス酢漬けを食べるだけ…と言う凄く手軽なダイエットです。

酢漬けを予め作っておくか、市販の物を買ってきて食事に取り入れるか…だけです。 ... 続きを読む

へそ呼吸足マッサージのやり方

ふともも・ふくらはぎ・足やせに効果てきめん Lesson.2 足のマッサージ 1. まずは足くびから膝へ 最初は足くびから膝までの部分を両手でマッサージ。下から上に向けて体液の流れを... 続きを読む

へそ呼吸足マッサージの効果

へそを刺激する深呼吸と足のマッサージをあわせるとやせにくい部位・下半身をすら~り。足のむくみや疲れもスッキリ解消! へそ周辺がかたくなると精神的にもイライラするのです へそを中心とするお腹の部分は... 続きを読む

へそ呼吸足マッサージで気になる足やせを実現!

やせにくい、でもやせたい部位ナンバー1は下半身! でも、どれだけマッサージしてもなかなかやせないー!…なんて経験のある人に必見!足やせの極意はへそにあり。まずはへそに意識を集中した深呼吸をしてから、足をマ... 続きを読む

朝・交感神経への切りかえをスムーズにする「へそ呼吸」


交感神経への切りかえをスムーズにする「へそ呼吸」 背筋を伸ばしてイスに浅く腰かける。おへそに両方の手のひらを重ねて当てて、上体を後ろにそらしながら3秒間かけて息を吸い込む。次に、上体... 続きを読む

冬場のブーツによるかゆみや臭い対策-5つの簡単セルフケア

冬の外出には、おしゃれで温かいブーツが重宝しますね。でも、履いている最中に足がかゆくなったり、脱いだときにプ~ンとにおったことはありませんか?
これ、ブーツを利用する人には誰にでもありがちなことなのですが、工夫しだいで抑えることはできます... 続きを読む

運動嫌いでもできる腹筋でお腹美人!「おへそ」はクビレのバロメーター

「食欲の秋」いかがお過ごしですか?メディアの“美味しいもの特集”が強烈で、「粗食・少食・腹七分」なんて言葉が記憶の彼方へ去って行ってしまいそう。本能的にも冬に向かって栄養をため込もうとする季節なのよね~、なんて、食べ過ぎる自分を正当化し... 続きを読む

ダイエットの特効食!黒ゴマおからダイエット

18kg/15kg/5kg/やせた! おなかいっぱい食べても低カロリーなダイエットの特効食、黒ゴマおから。効果のヒミツは黒ゴマとおからの組み合わせにあり! 撮影協力/大野孝枝、外崎久雄 取材... 続きを読む