金縛りはどうして起こるの? 金縛りのメカニズムや原因について

意識はあるのに脳の指令が届かず体が動かない!

浅い眠りのときに起こる一種の睡眠障害。寝入りばなに起こりがちなのは睡眠リズムが乱れているから

レム睡眠のときに起こる「睡眠まひ」

 「金縛り」──字面からして怪しいフンイキ。「かなしばり」と声に出してみてもその印象は拭えません。睡眠から目が覚め、いざ体を動かそうとしても動けない、声も出せない、夢かと思うが意識は眠っていないようだ……。こんな現象から、「何か物の怪(け)にとりつかれたのではないか」という発想に結びついてしまうのでしょうか。実際、かつては日本でも西欧でも、この世のものではない何物かが引き起こす超常現象のように考えられてきましたが、現代では「睡眠まひ」という睡眠障害の1つとされています。

 睡眠には2つの状態があります。レム睡眠とノンレム睡眠です。レムとはRapid Eye Movementの頭文字からきています。直訳すれば素早い目の動き。目はつむって寝ているのにまぶたの下では眼球が活発に動いている状態からの表現です。体は眠っていますが脳は覚醒時と似た状態にあり、夢を見ることが多く浅い眠りです。ノンレム睡眠は、眼球は動かず脳も眠っている深い睡眠です。睡眠中はこのレム睡眠とノンレム睡眠を交互に繰り返すのですが、金縛りはレム睡眠のときに起こります。

脳は起きているのに体は目覚めていない

 レム睡眠中は脳は起きているのに、体は筋肉から力が抜けて全身が弛緩しています。脳波や筋電図の検査でそのような状態にあることがわかるようです。このとき何かの拍子で脳だけ完全に目が覚めて体を動かす指令が出ても、眼球を動かす筋肉と呼吸筋を除いては、その指令は脊髄で遮断されて筋肉に伝わらないことがあるのです。だから、意識は起きているのに体を動かせません。これが金縛りの正体、物の怪でも何でもありません。

 金縛りは数秒から数分続きます。この間、目は少し動かすことができ、変なものが見えたり聞こえたりする幻覚を体験するとか、胸を圧迫されるような息苦しさを感じることも少なくないようです。その後、自然に体を動かせるようになりますが、体験した人にとっては夢ではなく現実に起こったことのように感じられますから、恐怖感や不安感を持ってしまうのも無理のないことかもしれません。

睡眠リズムが乱れていると起こりやすい

 金縛りは、寝入りばなや途中で目覚めてしまうときに起こりがちです。睡眠のリズムは、まず深い眠りのノンレム睡眠になり、その後に浅い眠りのレム睡眠が現れるということを何回か繰り返します。寝入りばなに金縛りが起こるのは初めにレム睡眠になってしまうということで、何らかの原因で睡眠のリズムが乱れているといえるでしょう。疲れやストレスがたまっているとか、就寝時間が不規則で睡眠不足であったりすると金縛りが起こりやすいようです。

 受験勉強などで睡眠時間が不足しがちな中高生や交代勤務のある看護師などに起こりやすいといわれるのもうなづけます。また、時差ボケの解消を急ぐあまり、睡眠リズムを到着地時間に無理やり合わせるようなことをすると起こることがあるともいわれます。金縛り体験をしたくなければ、夜更かしの習慣や慢性的な寝不足を改め、規則的な睡眠習慣を確立することが大切だといえそうです。

 ものごとへのこだわりが強いとか妄想を抱きやすいなど性格的な傾向で金縛りにあいやすいものがあるとか、ある種の薬剤の服用との関係を指摘するむきもあります。また、日中耐えがたい眠気が起こる「ナルコレプシー」という睡眠障害でよく見られる症状でもあるので、金縛りがたびたび起こるようなら、睡眠障害の専門医に相談してみるとよいでしょう。

(編集・制作 (株)法研)

その他のフィットネス&リラックスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

睡眠はストレスレベルを計るバロメーター 安眠の心得

「寝つきが悪い」、「夜中にたびたび目が覚める」、「熟睡感がない」、「朝すっきり目が覚めない」、「昼間眠たくて困る」など感じることはありませんか?
睡眠はストレスレベルを確認するバロメーターです。良く眠れない場合は、悩みや心配ごとによるストレ... 続きを読む

脳は10%しか使われていないはウソ? 脳にまつわる3つの迷信

映画やテレビでも取り上げられる「10%説」は根拠がない 人の脳は全体の10%しか活動しておらず、それを100%活用できるようになれば超人的な力が発揮できる……そんな設定の映画やテレビドラマなどを見たことがありませんか?
普段、疑うこと... 続きを読む

夢と現実

私にはどうしてもやめられないものがある。それは早食いと生クリームたっぷりのアイスモカ、夜中のお菓子の3つ。 早食いは友だちから大ブーイングをくらうから、なるべく気をつけているつもりなんだけれど、どんなにゆっくり食べ... 続きを読む

スマホの使いすぎは眼から全身、さらにメンタルも疲労させる?

スマホやパソコンを使う時間が長く、肩が凝ってしかたがないと感じるときは「ストレートネック」という問題が起こっているかもしれません。
体をまっすぐ起こした姿勢では、首の骨(頸椎)は前側にやや湾曲しているもの。ところが、スマホの操作などで... 続きを読む

年末年始でダイエットのリズムが緩む1月。ダイエット一時休止してもいいですか?

ココロIQを高める!~今回の解説~ Q. 年末年始でダイエットのリズムが緩む1月。ダイエット一時休止してもいいですか? A. NO.……お正月についた脂肪はすぐ落とせる!
今すぐ気持ちを切り替えて ... 続きを読む

快適な睡眠がメタボ予防になる-守って欲しい3か条

わが国では、成人の5人に1人が不眠など何らかの睡眠の問題を抱えているといわれています。日本では睡眠障害というと精神科で扱われることがほとんどですが、実は、睡眠はメタボリックシンドローム(以下、メタボ)や生活習慣病といった内科的な症状や病気... 続きを読む

やせて見える印象は《着やせ顔》にある

~ビューティー・ルネッサンスを迎えるために~ザビエル鈴木のやせて魅せるワザ やせて見える印象は《着やせ顔》にある
ダイエット中の方からよくこんな声を聞きます。「体重は減ったんですが、顔がやせないん... 続きを読む

乱れがちな生活のリズム-体内時計を整える5つのテクニック

私たちの体には、意識しなくてもきまった周期で体の働きを変動させる「生体リズム」が備わっています。たとえば夜暗くなると眠くなり、朝になると目が覚める24時間周期の睡眠・覚醒のリズム、レム睡眠とノンレム睡眠を約90分周期でくり返す睡眠のリズム... 続きを読む

夜更かしを続けてたら入院することになるかも!? 実は危険な睡眠障害

あなたももしかして睡眠障害!?
睡眠障害は不眠症のことだけではありません。質の悪い睡眠や、夢遊病や無呼吸症候群などの睡眠時の異常行動、昼夜の逆転した慢性的に時間のずれた睡眠など、色々な睡眠障害があります。


2005年に作られ... 続きを読む

結婚しても変えたくないこだわりランキング

一人の時間 友人とのつきあい 趣味 見たいテレビ番組 睡眠時間 6位以降... 続きを読む