そうめんのアレンジレシピ-涼しげな盛り付け方から美肌レシピまで

夏のおうちカフェ。ソーメンランチでおもてなし

ちょっとした工夫で涼しげな夏の食卓を演出、親しい人たちへ「涼味のおもてなし」を

ソーメンランチで「涼味のおもてなし」はいかが?

 休日は外出するよりも自宅でのんびり過ごしたい、外食よりおうちカフェやプチ贅沢ごはん、外飲みより家飲み、そんな人が増えています。おうち時間を楽しむには、お金よりもアイデアが大事。ちょっとした工夫で、プライベートな時間が充実します。
 このシリーズでは、季節を感じながらおうちで「リラックスタイム」を楽しむ工夫を紹介していきます。第1回目の今回は、身近な材料を使って涼しげな夏の食卓を演出、親しい人たちへの「涼味のおもてなし」です。

 暑い夏もちょっとした工夫で、エアコンに頼らず涼しく快適な「リラックスタイム」を過ごすことができます。気の置けない仲間や友人を自宅に招いて、ソーメンランチで涼味のおもてなしはいかがでしょうか?
 夏の涼味の代表格といえば“そうめん”。暑くて食欲のないときでも、そうめんだったら食べられるという方も多いでしょう。簡単に作れるのも魅力ですが、涼しげなセッティングが並んでいるだけで、清涼感が感じられるのもうれしいですね。

ガラスの器がなくても大丈夫! テーブルクロスは和紙でも

 涼感たっぷりのガラスの器にそうめんを盛りつければ、それは素敵で涼しげですが、ガラスの器が見当たらなかったら……? ガラスの器を探していたら、引き出物の器が出てきました。ピンクの花柄で、春らしい器です。この器を夏のおもてなし風にしてみましょう。
 まず、暖色のピンクをできるだけ隠してしまいます。ここではおおぶりの大葉や笹の葉など、涼しげなグリーンで模様を隠しました。そして、ちょっと小粋に貝殻をあしらって夏らしさを演出。ガラスの器がなくても、そうめんの白が涼しさを感じさせてくれます。

 おもてなしには、テーブルクロスやランチョンマットもポイントです。適当なクロスがなければ、和紙でも代用できます。寒色のブルー系をもってくると白いそうめんが引き立ち、まとまりがよいですね。

 もう少し和のテイストで工夫してみたら、一層涼しさを感じる食卓になりました。おなじみの100円ショップで、すだれ、和紙、めんつゆの器、トレイ、ダミーの氷、貝殻を調達してきました。最近の100均では、アクリルで作ったものがたくさん出ています。めんつゆの器にしているものは使い捨てのアクリルのコップですが、洗えば何度か使えます。
 また、すし桶を持っていたら、そうめんを盛るのではなく、めんつゆを冷やすのがおすすめ。めんが伸びないし、汁も水っぽくなりません。

めんつゆ、トッピングで美肌効果期待のサラダそうめん

 そうめんはごく普通にゆでて、めんつゆで工夫します。お醤油ベースのめんつゆもあっさりして暑い夏においしくいただけますが、それだけでは野菜不足。トマトジュースと青汁をベースに、野菜の栄養たっぷり、飲んでもおいしいめんつゆを考えてみました。白だしを使って、トマトの赤と青汁のグリーンを活かしためんつゆに仕上げます。シンプルなめんつゆも、しょうゆを使わず白だしの淡い色合いでちょっとおもてなし風に。

【そうめんレシピ】
材料(4人分)

そうめん  400g
白だし  適量
トマトジュース  1缶(190cc)
青汁  約200cc
みりん  少々

作り方
(1)白だしは各メーカーの指示に従って、水で薄めて火にかけ、みりんを少々足して、うどん汁よりも濃いめのシンプルなめんつゆを作る。
(2)トマトジュースに100ccの水、約大さじ1の白だしを入れて、沸騰させないように火を通す。
(3)青汁を用意し、大さじ1の白だし、みりんを少々入れて、沸騰させないように火を通す。
(4)1~3を冷やしておく。
(5)そうめんは袋の指示に従ってゆで、冷水にさらし、水気をきっておく。
*白だし、トマトジュース、青汁は、メーカーによって塩分などがかなり異なりますので、味をみながらお好みで味つけしてください。

 さてそうめんの薬味といえば、生姜、大葉、みょうが、ゴマなどが一般的です。もちろん、これらもトマトと青汁のめんつゆに合いますが、もうちょっとおなかにたまる、簡単に用意できるトッピングを紹介します。それぞれ大きさを合わせると、食べやすく見た目もきれいです。

・カニ風味かまぼこ  1本を4つぐらいに切ります。
・卵豆腐         市販の卵豆腐をさいの目切りにします。
・枝豆          さやから出します。
・トマト          プチトマトの場合4つぐらいに切ります。

 このほか、ゆでたえびや貝柱(缶詰)、ツナ缶、つぶコーンやきゅうりを細かく切ったものなどをサラダのトッピング感覚で用意し、たんぱく質や野菜のビタミン、ミネラルを補給するように心がけると、あっさりそうめんがパワーアップ、美肌効果が期待できるサラダそうめんになります。

プチ贅沢な鯛とたこのお刺身サラダを添えて

 プチ贅沢なおもてなしに、お刺身サラダ、鯛やたこのカルパッチョを添えてみてはいかがでしょうか? 鯛やたこで、良質のたんぱく質がプラスできます。

●鯛のサラダ
 お刺身用の鯛をカルパッチョ風に薄く切ります。カイワレ菜、大根、水菜、きゅうり等の千切り野菜とともに盛りつけます。

●たこサラダ
 たこを薄切りにして、ベビーリーフとともに盛りつけます。

 さらに、そうめんを洋風にサラダ感覚に楽しむには、トマト汁と青汁にエクストラバージンのオリーブオイルやバルサミコ酢をたらすとよいでしょう。また、ピリ辛がお好きな方はタバスコもおすすめです。
 お刺身サラダは和えないで、お好みでそうめんのトッピングにしてもよいでしょう。

(編集・制作 (株)法研)

【執筆】
星川 ちさとさん


フードコーディネーター
フェリス女学院大学卒業。料理研究家 辛永清氏のアシスタントを経て、編集プロダクション、PR会社勤務後、フードコーディネーターとして独立。調理師免許取得。デパート・生協等の通販カタログ、食品カタログ等の撮影コーディネート、調味料メーカーのメニュー&レシピ開発、スーパーのレシピサイトなどを手がけています。食卓に旬の素材をとり入れ、明るく、楽しく、おいしいものを食べるほっとする幸せをみなさんに感じていただけるように、ちょっとしたアイデアの簡単レシピをお届けしています。http://stardish.exblog.jp/

その他のフィットネス&リラックスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

「青汁」でダイエットを成功させるコツ3つ

青汁は、不足しがちなビタミン・ミネラル類を補い、代謝を高めるのにぴったり。飲み方を工夫することで、よりやせやすい体質に整えることができますよ。今回は、青汁をダイエットに活かす方法をご紹介します。青汁でダイエットを成功させるコツ シンプル... 続きを読む

恋人の器の小ささにガッカリする瞬間

1円単位の割り勘 店員にキレる 意地でも謝らない デート中不機嫌に 小さなウソをつく ... 続きを読む

恋人の器の小ささにガッカリする瞬間

1円単位の割り勘 店員にキレる その他 デート中不機嫌に 意地でも謝らない ... 続きを読む

サンマのお刺身の作り方

サンマにはいろいろな食べ方がありますが、DHAやEPA、ビタミンを落とすことなく食べるにはやっぱり生でいただくのが一番。そこでお刺身の作り方をかねまた水産さんに教えていただきました。カンタンですのでみ... 続きを読む

発酵食品カタログ みりん

その他
みりん 蒸したもち米と米麹(こうじ)を焼酎で糖化し、その汁をしぼりとったもの。主に、調味料として用いる。 この発酵食品のポイント 料理の甘みや、照りを出すのに使われま... 続きを読む

まいたけ組み合わせレシピ まいたけのいろいろカルパッチョ風

おいしくて飽きない、簡単だから続けられる、「まいたけ」の組み合わせがきくおかず 2から3品組み合わせても、1食300kcal以下 ※●カロリーはすべて1人分。また、1人分の量は普通よりやや多めです。 ●解説... 続きを読む

腹痛(冷え)改善そうめん薬味

暑くてウッカリ腹を出して寝てしまった、クーラーで冷却しつづけられた……そんな冷えからくる夏の腹痛には、内臓をあたためる作用のある薬味をえらぶべし(食中毒などといった原因の違う腹痛向きではないので気をつけて)。 ... 続きを読む

トマトでフルコース! サラダからデザートまで アレンジソースレシピ

ビビッドな赤が食欲をそそるトマトは、夏野菜の代表的な存在。うまみと甘み、適度な酸味がたっぷりです。そして、「トマトが赤くなると医者が青くなる」といわれるほど栄養価が高く、夏バテ予防をはじめ、さまざまな健康効果があります。なかでも赤い色素成... 続きを読む

便秘解消そうめん薬味

出なくて出なくて腹がポッコリ、ぎっちり詰まって息苦しい……そんなときには胃の調子を整えたり、消化を促進させる薬味をえらぶべし。 人によって効果の出るもの・出ないものがあるので、何種類か合わせてとってみるのがおす... 続きを読む

少量満腹そうめん薬味

いっぱい食べちゃダメだけど、だってだっておなか空くんだもん!
そんなときには、少量でもしっかり食べた気になる薬味をえらぶべし。 肉類はダイエット中に気をつけたい食材なので、ゆでて余分な油を落とすことがポイント。... 続きを読む