健康的なおしっこは何色? 尿の色や量をチェックして健康管理

古くなった赤血球の成分は肝臓、腎臓を経て黄色く

腎臓でろ過・再吸収される血液。血液成分のヘモグロビンから変化した黄色い物質がおしっことして排泄される

おしっこは血液からつくられる

 毎日何回もトイレへ行って排泄するおしっこ。それが血液からつくられるものだということはご存じでしょうか。それなのにどうして赤い色をしていないのか、その疑問について説明していきましょう。

 全身を巡る血液の役割は、体に必要な酸素や栄養素を細胞に届けること。また、細胞の新陳代謝で産み出され不要になった老廃物や余分な水分、塩分などを腎臓に運び込むこと。
 腎臓に送り込まれた血液は、無数の糸球体(しきゅうたい:毛細血管が毛玉のように集まったいわばフィルター)で老廃物などがろ過されます。尿の元となるろ過された液体(原尿=げんにょう)はさらに尿細管(にょうさいかん)というところで、今度は体に必要な水分、ナトリウム、カリウムなどが血液中に再吸収され、その残りが膀胱(ぼうこう)にためられておしっことして排泄されます。成人の場合、1日150~200Lもの原尿が作られますが、再吸収の結果、おしっことして体外に排泄されるのは1.5Lほどに過ぎません。

健康なおしっこは透明で濁りがなく、淡い黄色

 ところで、血液の色が赤いのは赤血球に含まれるヘモグロビンという成分によります。ヘモグロビンの色は赤。しかも赤血球に大量に含まれているので血液は赤く見えるのです。
 ヘモグロビンにも寿命があり、それは約120日。古くなったヘモグロビンが脾臓や肝臓で分解されてビリルビンという物質に変わり、その一部は腎臓にたどり着いてウロクロームという物質になっておしっことして排泄されます。このウロクロームの色は黄色なので、おしっこも黄色い色をしているのです。

 健康な人のおしっこは、濁りのない淡い黄色です。この色が薄まって無色に近い色になるときは体内の水分が多い場合。ウロクロームの量は一定なので、水分を多く摂取するとおしっこの量が増えてウロクロームの濃度は薄まり、おしっこの黄色も薄くなります。逆に濃い黄色になるのは体内の水分が減ったとき。運動などをして汗をたくさん出した後のおしっこの色が濃いのはこのためです。

おしっこの色から体の状態が分かることも

 健診などでは必ず尿検査があります。おしっこに含まれている成分から、体内で起きていることがある程度推測できるのです。しかし、そのような専門的な検査でなくても、毎日トイレでおしっこを観察すれば、異常の発見につながることがあります。

 朝の寝起きのおしっこの色が濃いのは、睡眠中にはおしっこの量を減らす体の仕組みが働くためで、心配はありません。しかし、起きて活動しているときでも濃い色なら脱水気味の証拠。すぐに水分を補給してください。レバーをたくさん食べたりビタミンB群の入ったサプリメントを飲んだりした後にもおしっこの色は濃くなることがあります。

 黄色ではなく、血液の赤い色が混じったおしっこが出たときは、腎臓や膀胱の炎症やがん、尿路結石などの可能性が。白っぽく濁った色になるときは、膀胱炎などによる細菌感染があることもあります。
 また、泡が多くなかなか消えないときは、たんぱく質や糖分が出ている可能性があり、腎炎や糖尿病などが疑われます。

 このように、おしっこの色を毎日ウオッチングすることで健康管理に役立てることができますから、水洗で流してしまう前にちょっと観察をしてみてはいかがでしょうか。

(編集・制作 (株)法研)

その他のフィットネス&リラックスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

やせて見える色ってあるの?

Q.ついつい黒ばっかり着ちゃうのですが……レスキューはこちら→ Q.今年、流行っている色は?レスキューはこちら→ 政近先生からのファッション通信 みなさん、こんにちわ。 3回目は『ワードローブ... 続きを読む

今年、流行っている色は?

Q.今年、流行っている色は? A.この冬はビビットで明るい色が大流行!
ポイントで使うべし。
毎年毎年、流行の色は変わっていきます。2008-2009の秋冬の流行は、ビビットで鮮やかな「オレ... 続きを読む

毛玉知らずのニットお手入れ法♡お気に入りのニットを長く着る!

今の季節、使用頻度の高くなるニット。何回でも着たいし、何着あっても足りることはないですよね。でも、その一方でちょっと悩ましいのが【毛玉】の発生…。洋服は消耗品だから仕方ないことかもしれない。でも、出来るだけ毛玉をなくして、長くキレイに使... 続きを読む

「量」より「時間」!「いつ食べるか」を考えて健康的にダイエット!

ダイエットで最近注目されているのは、「時間栄養学」という考え方。ダイエットというと「何を、どれくらい食べるか」という点に注目されがちですが、「いつ、何をたべるか」を重視する体内時計の働きに基づいた方法です。 ただ痩せればいいという不健... 続きを読む

トイレは黄

インドの教え「チャクラ」
トイレのアメニティ類は便秘を解消する力があるといわれている黄系でそろえましょう。なぜ黄色がいいのか、それはインドで生まれた「チャクラ」という考え方が基... 続きを読む

おりものの量・色・臭いなどの異変は病気? 8つの症状から疑う病気

おりものがいつもの状態と違う時。それは、体の異常のサインかもしれません。どんな時にどんな病気が考えられるのか、まとめました。 普段からおりものの状態をチェックして 女性にとっておりものは、健康状態をチェックするバロメーター。ただし、月... 続きを読む

カロリーオーバーをリセット!赤い「トマト」の脂肪燃焼スープレシピ

新年会などでついつい飲みすぎてしまったり、食べ過ぎてしまったりしますよね。そんな日の翌日は、温かくビタミンがたっぷりのスープでリセット。代謝アップに効く赤のスープレシピをご紹介します。イベント続きのカロリーオーバーをリセット!赤の脂肪燃... 続きを読む

年々寝起きの枕跡が消えなくなってきたのはナゼ?

寝起きで顔を洗おうと洗面台にいって、鏡を見ると顔や頬にくっきり枕の跡が深くついており、なかなか取れそうにないと感じた経験はないでしょうか。『寝相が悪かったのね』と放置しておくこともできますが、少々格好悪いですよね。ふとした時にできてしま... 続きを読む

色を使ってやせる環境を作ろう!ダイエット色彩講座


食欲を減退させたり便意を促したり……見ているだけでダイエットに効果的な色があるって知っていましたか?
それらの色を使えば、あなたの周りはやせる空間に早変わり!
上手に配色して生活環境をダイエット空間... 続きを読む

美を高める栄養素がぎっしり!「レバー」を食べないなんて損してる!?

美しい女をキープする基本は“めぐり力”。体内の必要な場所に栄養素や酸素を運ぶ血液や、老廃物を排出するリンパ液のめぐりが滞れば、肌代謝や代謝が減退してしまいます。肌の若々しさや代謝のよしあしを左右する血液のめぐりは特に重要。そんな血液のめ... 続きを読む