大掃除は梅雨入り前がベスト? 浴室、寝室、クローゼットのカビ対策

効率的な大掃除は、換気しやすく汚れもゆるむ春から初夏に

梅雨入り前にカビの発生源を掃除しておくと繁殖が抑えられる。この時期ならベランダ掃除も気持ちよく

大掃除は冬より春にするのが楽で効率的

 風薫る5月、深緑の戸外が気持ちいい季節ですが、今度の週末は家の大掃除というのはいかがでしょうか。日本では暮れの大掃除が年末行事のようになっていますが、欧米では春から初夏にかけて大掃除をするのが一般的だとか。

 気温が低い冬は窓を開けて換気がしにくい、厚着で動きにくい、汚れが落ちにくいなど、どちらかといえば大掃除には不向き。その点寒くも暑くもないこの季節は、思い切り窓を開け放って換気ができ、暖かさで汚れもゆるんで落としやすいなど、楽に掃除ができます。暖房器具の片づけや衣替えと一緒にすれば効率もよく、冬よりも春の大掃除がおすすめです。

 梅雨入り前に水回りなどカビの発生源になりやすい場所の掃除をしておくと、カビの繁殖がかなり抑えられます。そして気候のいいこの時期なら、ベランダなど外回りの掃除も気持ちよくできそうですね。

浴室、寝室、クローゼットなど、梅雨入り前の掃除でカビ対策を

 じめじめした梅雨どきは、最もカビが繁殖しやすい季節。カビは鼻炎や皮膚炎、ぜんそくなど、さまざまなアレルギー性疾患の原因物質(アレルゲン)となります。また、同じくアレルゲンとなるダニには、カビをエサにしているものもあり、カビが増えるとダニも増えることに。
 カビというと浴室などの水回りを思い浮かべますが、寝室、押入れやクローゼット、靴箱などもカビが繁殖しやすい場所です。梅雨が来る前にカビの元を絶っておくと、繁殖を抑えるのに大きな効果があります。

【⇒関連コラム】「子どものアレルギーマーチに気をつけて」

●浴室など水回り
 まず、いつものお風呂掃除で使っている中性洗剤や重曹などを使って、浴槽と浴室全体を洗い、汚れやカビを落とします。タイルや壁の目地、ゴムパッキンなどは古歯ブラシに練り歯磨き剤(重曹+クエン酸でも)などをつけてこするとかなり汚れが落ちます。排水溝や排水口も同様に洗い流しましょう。こすっても取れない黒や紫の色素はカビの跡。これを取るには漂白剤などで脱色する必要があります。その場合はゴム手袋やマスクをつけ、換気扇を回し、窓やドアを開けて十分換気を行い、使用上の注意をしっかり守ってください。
 一度きれいにしたら、カビが生えないように定期的な掃除と換気を行いましょう。窓のない浴室では、換気扇を回すときはドアを少し開け、隣の部屋の窓も少し開けて空気を流すのがカビを防ぐコツです。

●寝室、押入れ
 温かく湿気がこもりやすい寝室は、カビが繁殖しやすい場所です。また、人のアカやフケはダニのエサになるので、こまめに掃除機をかけほこりを取り除くのが理想的。晴れた日にふとんやマットレスの天日干し(布団乾燥機でも)をして湿気を取り、枕カバー、シーツ、布団カバーなどを洗濯しましょう。
 大掃除ではタンスや家具の後ろ、押入れの中も掃除機をかけましょう。押入れの布団や荷物の下にはすのこを敷き、収納している物と壁との間にすきまを作り、扇風機などで風を送って換気をします。使わずしまい込んである物は、カビやダニの棲家になりやすいので、思い切って処分、または虫干しを。

【⇒関連コラム】「あなたのふとんは赤信号!!」

●クローゼット、靴箱
 衣替えを兼ねてクローゼットや靴箱の掃除をしましょう。ほこりや泥などを取り除いて拭き掃除をした後、扉を開けて換気、または扇風機で風を送りましょう。不要な衣類や靴はカビ・ダニの棲家になるので処分を。

 水回り以外の場所で見つけたカビは、掃除機で吸い込んだり、雑巾でからぶきするとカビの胞子をまき散らすことになってしまいます。スプレー式の住宅用中性洗剤などを吹き付け、しばらく時間をおいてから古タオルなどのぼろ布で拭き取り、乾いたら消毒用アルコール(エタノール)を吹き付けるとカビ対策になります(ただし白木やニスの塗装部などは目立たない部分で試してから)。

集合住宅のベランダ掃除は階下に迷惑がかからないよう気をつけて

●ベランダ
 ベランダは風雨で運ばれてきた砂ぼこりや花粉、ごみ、植木鉢からこぼれた土、枯葉や花がら、鳥の羽や糞(ふん)など、さまざまな汚れがたまりやすい場所です。風の強い日の掃除は避け、ほこりなどを吸い込まないようマスクをつけましょう。

 まず、ゴム手袋をして大きなゴミなどを拾い、手すりやエアコン室外機などを雑巾などで水拭きしましょう。床を乾いたまま掃くとほこりや花粉が舞い上がるので、水を流せる場合は水を撒いてから床材に合ったブラシなどでこすり、ぼろ布で拭いて仕上げます。集合住宅などで水を使えない場合は、床は初めから水拭きし、ごみやほこりも階下に落とさないよう十分気をつけましょう。
 排水口にゴミや土がたまっていたりすると水はけが悪く不衛生になったり、階下への水漏れの原因になったりします。大きなゴミなどを取ってから、古い歯ブラシなどで掃除します。不要になった植木鉢などをそのままにしておくと、底に虫が巣を作ったりするので、処分するかきれいにしておきましょう。

 ベランダ掃除といっしょに網戸や窓ガラス(特に外側)の掃除をすると効率的です。窓ガラス(内側)の掃除をする日は、カーテンの洗濯もぜひ一緒に行いましょう。

(編集・制作 (株)法研)

コラムに関連する病名が検索できます。

その他のフィットネス&リラックスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

家の中のカビ菌は水回りだけではない? エアコンのカビが肺炎を招く?

じめじめして蒸し暑い梅雨どき、高温多湿を好むカビにとって家の中は絶好の環境となります。カビは微生物の一種できのこや酵母など真菌類の仲間。しょうゆやみそ、酒をつくるうえで欠かせない有用なカビから、健康被害をもたらすものまで、さまざまな種類が... 続きを読む

ジメジメムシムシ。心にもカビが生えてきそうでイライラ。この時期はダイエットに向いてないの?

ココロIQを高める!~今回の解説~ Q. ジメジメムシムシ。心にもカビが生えてきそうでイライラ。この時期はダイエットに向いてないの? A. YES&NO……梅雨時のイライラは、環境ストレスが陰の犯人。... 続きを読む

大掃除、落とすは汚れと脂肪分

習慣化してしまえば効果も◎
部屋の掃除なんて面倒くさいなーと日頃は思っていても、年末には必ずしたい大掃除。掃除はカロリーを意外に消費するのはご存じですか?
ダイエッターなら面倒くさがらずに大掃除を有効に利用して、スポ... 続きを読む

大掃除、落とすは汚れと脂肪分

習慣化してしまえば効果も◎
部屋の掃除なんて面倒くさいなーと日頃は思っていても、年末には必ずしたい大掃除。掃除はカロリーを意外に消費するのはご存じですか?
ダイエッターなら面倒くさがらずに大掃除を有効に利用して、スポ... 続きを読む

ふとんのカビ・ダニ対策-掃除機を活用すれば花粉も除去できる

忙しい毎日を送っていると、ふとん干しなどの手入れが、つい後回しになってしまいがち。
でも、気をつけて!
日ごろ使用しているふとんには、室内を漂うほこりやカビの胞子、ダニ・ダニのフン、花粉などのハウスダストが付着しています。これらはアレル... 続きを読む

大掃除に役立つとっておきの掃除方法-家の中の場所別・掃除の仕方

年の瀬も押し迫ってきました。そろそろ一年の汚れを落とす、大掃除のシーズンです。
「面倒くさいなぁ…」と思っている人もいるでしょうが、大掃除は新年に年神さまをお迎えするうえで欠かせないもの。また、かけがえのない健康を守るうえでも、大掃除は... 続きを読む

ベランダでハーブを育てよう! 5つの注意点とハーブの効能

忙しい状態が続くと、心にゆとりを失いがちになります。自然に触れる機会の少ない都会では、なおさらですね。
自然は、たとえ小さな草花でも、四季の移り変わりなど私たちに多くのことを教えてくれます。実際に自分で育てた草花ならば、成長していく姿を... 続きを読む

掃除機をかけながら 掃除機ひざ揺らし [1グループ・軽い全身運動]

●1分間の消費カロリー:4.5kcal ●1度に行う目安:1秒に2回のペースで30秒×2回 ●ながらチャンス度:★★ 毎日の掃除機がけに「うんざり」というときは、まずは1分間、ダ... 続きを読む

梅雨のまとまらない髪にサヨナラ!簡単にできる湿気対策を紹介

梅雨になるとジメジメした気候が続きます。そのため、髪の毛が広がったり、ねじれたり、ぼさぼさになったりすることがあります。そんな思いをしたことがある女性もたくさんいるのでは?梅雨時期はまとめ髪しか出来ない、という人には辛い季節ですが、湿気... 続きを読む

日本の暑い夏を乗り切る知恵-昔ながらの日本の風習を見直そう

蒸し暑い日本の夏。冷房をかけて部屋でグッタリしているという、いつものパターンに陥りがちではないですか?
今年の夏はすこし趣きをかえて、「ジャパニーズ・スタイル」を取り入れてみませんか?
昔の人の、夏を快適に過ごすアイデアは、日本の風土... 続きを読む