肌トラブルを改善するツボマッサージ イラストで分かりやすく解説

肌荒れ、シミ、吹き出物などの肌トラブルにも効くツボ療法

ツボ押しやお灸で体調を整え、皮膚の自然治癒力を引き出すことで肌のトラブルを改善する

体調を整えることで結果的に肌のトラブルを改善

 肌のトラブルは健康上重大な問題とはならなくても、とても気になるものですね。肌荒れやかゆみ、シミ・そばかす、ニキビ・吹き出物、湿疹、じんま疹、アトピー性皮膚炎など、肌のトラブルは千差万別。
 肌のトラブルを起こす原因には、紫外線や乾燥、植物、金属、化学物質などによる外部刺激や、ウイルス・カビによる感染などがあります。さらに、肌の状態は体の内側の状態によっても左右され、自律神経系やホルモンバランスの乱れ、消化器など内臓機能の不調、ストレス、不眠なども肌トラブルの原因になります。

 西洋医学ではパーツに働きかけて即効性のある治療をしたり、物理的にシミを取り除くといった治療をしますが、東洋医学では、体調を整えることで結果的に肌のトラブルを改善したり、出にくくします。ツボ療法ではシミ・そばかすをレーザー治療のように消すことはできませんが、たとえば女性ホルモンの分泌を整えたり、胃腸の機能を整えるツボを刺激して体調を整え、肌の健康回復を図るのです。

 皮膚のかゆみがあると、かきむしって皮膚を傷つけてしまったり、かけばかくほどかゆくなったりしてやっかいです。かゆみの原因が明らかな場合は、原因を除去したりかゆみ止めの薬を用いるといった治療が優先されるでしょう。
 一方、乾燥や血行不良などによって皮膚のバリア機能(水分を保持して皮膚に潤いを与え、外部からの異物の侵入を阻止する働き)が低下してかゆみが出ていたり、アトピー性皮膚炎などは精神的な影響でかゆみが増すこともあります。こういった症状に対して、ツボ療法は即効性はありませんが、血行不良や体の乾燥を内側から改善したり、アレルギー体質の改善を目指していきます。

新陳代謝を高める、内臓機能を高める、ホルモン分泌を整えるツボなどが有効

  前回ご紹介した便秘のツボは、便秘によって引き起こされる肌荒れ、ニキビ・吹き出物にも有効です。(『簡単ツボマッサージ22 便秘』)。また、体調を整え内臓機能の強化に効果がある背中や腹部のツボは、皮膚の自然治癒力を高めるためにも役立ちます。その人の自然治癒力を引き出し、症状を改善し、症状が出にくい体を作るというのが、東洋医学、ツボ療法のやり方なのです。

 肌のトラブルも便秘同様、規則正しい生活や栄養バランスのとれた食事、適度の運動、ストレスをためないなど、まずは生活習慣を整えることが大切です。さらに洗顔方法や、使用している石けん、化粧品などが原因になっていないかチェックした上で、ツボ療法を試してみてください。

 *一般的なツボの探し方、マッサージの方法は、『自分でできる簡単ツボマッサージ 1』を参照してください。

 合谷は「万能ツボ」とも呼ばれ、体のあらゆる不調に効くツボです。新陳代謝を高めて健康を促進し、皮膚粘膜にも働きかけ、吹き出物をいやし美肌に効果があると言われています。
 養老は背中や顔のできものによく効くツボで、お灸をすえるとより効果的です。老いを養生するという意味から名づけられ、老眼にも効きますし、老化による肌のくすみや肌荒れを治します。

 大椎はいろいろな症状に効く万能ツボで、全身の不調や自律神経の異常に有効です。風邪のひき始めにはお灸や温湿布などで温めてください。
 左右の肩甲骨の間にある肺兪と心兪はイライラや心労に効き、肝兪は肝臓の解毒作用を高めて肌のトラブルに効果があります。三焦兪は血液循環をよくして背中のはりにも効きます。
 腎兪は腎臓機能を高めて血をきれいにすると言われ、かゆみをとり、腰痛や生理痛、冷え、疲労を癒す重要なツボです。命門は体力アップのツボです。骨の間にあるので、押さずにお灸や温湿布をするとよいでしょう。

  中府は呼吸機能を高め、肩や腕の痛みにも効果があります。だん中は息苦しさやせきなどをやわらげ、心の疲れやイライラにも効果があります。
 中かんは胃腸の疲れを癒し、消化機能を整えます。期門、肓兪も消化機能を高めます。

  血海は血液の循環をよくして肌のくすみをなくします。婦人科系疾患の万能ツボとして知られる三陰交は、女性ホルモンの分泌を調整して美肌に効果があります。築賓は血行をよくし、脚の冷えやこむら返りにもよく効くツボです。
 健脚のツボである足三里はさまざまな慢性疾患に効き、とりわけ消化機能を高めます。太谿も全身に効くツボで、体調を整えます。湧泉は腎臓の働きを助けて老廃物の排出を促し、皮膚の状態を改善します。

(編集・制作 (株)法研)

【執筆】
佐藤 明子先生


心愛治療院 院長
宮城学院女子大学卒業後、神奈川衛生学園専門学校卒業。鍼灸按摩マッサージ指圧師、リンパ浮腫療法士(日本リンパ学会・日本脈管学会・日本血管外科学会・日本静脈学会認定)、日本医療リンパドレナージ協会 上級修了。2002年より、がん術後リンパ浮腫治療とがん術後の身体のコリ・張りの専門治療を行っている。
東京・南青山『心愛治療院』

肌トラブルを改善するツボマッサージ イラストで分かりやすく解説 関連コラム

その他のフィットネス&リラックスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

痩せるツボマッサージのやり方-食欲を抑えるツボやむくみに効くツボ

太り過ぎに効くツボ(やせるツボ)は数多くあります。しかし、そもそも太る原因は「消費エネルギーより摂取エネルギーが多すぎる」ことですから、まずは食べ過ぎを抑えて運動するのが基本。ツボが効くからといって、食べてゴロゴロしていては効果も半減して... 続きを読む

見直したいお灸の健康効果-女性におすすめのお灸で効くツボ

お灸は、よもぎから作られるもぐさを皮膚の上に置いて燃やし、その温熱刺激で血行を良くし体のバランスを整えるもの。お年寄りがするものというイメージが強いお灸が、最近若い女性の間で人気上昇中だとか。
なかでも東京・銀座にある「せんねん灸お灸ル... 続きを読む

食べすぎ・飲みすぎに効くツボ-胃腸にいいツボをイラストで解説

クリスマスに忘年会、お正月、新年会と楽しい行事が続く年末年始は、つい食べすぎ飲みすぎで胃腸に負担をかけてしまいがち。
おいしく食べられることは健康な証拠ですが、胃の疲れや食欲不振といった未病(病気までいかないけれど不調を感じている状態)... 続きを読む

足がつるのはなぜ? 足がつったときの対処法と原因|足のツボ

寝ているとき突然足がつって、痛くて目が覚めたことはありませんか?
なかでも痛いのが腓(こむら:ふくらはぎのこと)がつる「こむら返り」。これは、ふくらはぎの腓腹筋(ひふくきん)が異常に緊張して収縮・けいれんするもので、まるで筋肉がひっくり返... 続きを読む

東洋医学の教え 温熱食と寒冷食

代謝を上げて完璧!冬ダイエット
生活編 代謝アップ食材を食べよう!今年のオススメは火鍋 身体を温め、代謝アップを促す冬向きの食材を目黒西口クリニック院長である南雲久美子先生が紹介します。
東洋医学では... 続きを読む

肌トラブルの原因に!?「メイク道具のお手入れ」を見直してみよう

「化粧水に美容液、洗顔だってこだわってる!」「なのになぜか肌荒れが治らない…。」というあなたへ。もしかしたら普段お使いのメイク道具や身の回りの汚れが原因になっているかもしれない、というお話しをしてみたいと思います。 肌トラブルの原因に?... 続きを読む

むくみを解消するツボ

聞いて、ツボンド先生 昨晩、同期の家で鍋パーティーをやって大盛り上がり。それでお酒を飲み過ぎちゃって今朝は顔がパンパンよ!
お酒を飲むといつもこうなの。むくんでしまうこの体質を改善するツボがあったらいいのにな。 ... 続きを読む

生理不順解消のツボ

聞いて、ツボンド先生 ねぇツボンド、聞いて! ツボンド、後輩のメグミがたいへんなの!
この春、新人が入社するまでにスレンダー美人に変身してやるって決意して、急すぎるダイエットをしちゃったのよ。10日間で5kgやせ... 続きを読む

風邪をひくと太るの!?ダイエット中の体調管理法

風邪をひいていたり、体調が優れなかったりするときに、むくみや便秘の症状に悩む人は多いもの。体重が増加して「太っちゃった!ダイエット中なのに・・・!」と不安になってしまいますよね。そこで今回は、ダイエット中の体調不良に対処するコツをお伝え... 続きを読む

生理のトラブルに効くツボマッサージ 自分でできるイラスト解説付き

月経痛、月経不順、月経前症候群(PMS)など、月経にかかわる不快な症状は女性にとって悩ましい問題です。初経から閉経までの長い期間に、これらの症状に悩まされることのない女性は少ないでしょう。
背中や腰、おなかのツボを使ったマッサージは、... 続きを読む